ニュース チベット文化圏 News Tibetan Bunkaken

チベット、ネパール、モンゴル、ウイグル、中国、ネパール、インドなどの情報を集約 -- Tibet-Uyghur-South Mongol issues, China, Bhutan, Nepal, India and etc related human right, freedom and peace

中国覇権主義

「ダライ・ラマ後継者選びを国連が支援すべき」米特使 中国をけん制

米国が、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世(84)の後継者選びの支援を国連(UN)に求めていることが分かった。同国で国際的な信教の自由問題を担当するサム・ブラウンバック(Sam Brownback)特使が、ダライ・ラマとの会談後に明らかにした。米国は、中国がダライ・ラマ後継者の任命に介入するのを食い止めようとする動きを強めている。
続きを読む

”中国に消された”国の実情を漫画に!「その國の名を誰も言わない」

2019年9月23日 PJA NEWS)

”中国に消された”国の実情を漫画に!「その國の名を誰も言わない」
※本記事では、漫画を描かれた清水ともみさんから許可をいただいて、漫画の1ページ目の画像を掲載しています。
続きを読む

ダライ・ラマ後継者は中国の承認必要 チベット自治区表明

チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(84)の後継選びをめぐり、中国チベット自治区の宣伝当局幹部、王能生氏は「(後継者は)中央政府に承認されなければならない」と述べ、中国主導で進める考えを示した。自治区ラサでインド人記者団に語った内容として、PTI通信や複数のインド紙が15日までに伝えた。
続きを読む

中国当局、ウイグル人の特定・追跡に顔認証技術使用か 米紙

中国当局が、イスラム教徒の少数民族ウイグル人を国内全体で追跡するため、大規模な顔認証システムを使用していると、米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)が報じた。
続きを読む

中国の浸透工作に豪が陥落寸前。日本にも伸びる習政権の魔の手

以前掲載の「拝啓、安倍晋三様。『本当に中国の脅威を理解されていますか?』」で、財力で豪州政界に深く入り込み、政治的影響力を行使してきた中国人実業家の永住権を剥奪、中国共産党が仕掛ける浸透工作に断固とした拒絶姿勢を示す豪州の例を紹介した、AJCN Inc.代表で公益財団法人モラロジー研究所研究員の山岡鉄秀さん。しかし中国の攻勢は止んでいなかったようです。山岡さんは今回、無料メルマガ『日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信』でその実態を明かすとともに、日本も豪州以上に危険な状態にあると警鐘を鳴らしています。
続きを読む

卑劣な中国。スリランカ爆破テロをウイグル弾圧に利用する姑息さ

by 黄文雄『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』

4月21日にスリランカで発生した連続爆破テロに対し、各国から哀悼の意とテロ撲滅の声が上がる中、中国の新聞が理解に苦しむ社説を掲載しました。台湾出身の評論家・黄文雄さんはその内容について「テロをウイグル族弾圧の正当化に利用している」と批判。さらに習近平政権がウイグル族やチベット人に対して行っている非道な扱いを、メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で明らかにするとともに、中国がそのような行為に走らざるを得ない理由を記しています。
続きを読む

【チベット動乱60年(上)】自動小銃で警戒 監視下の故郷

チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世(83)が幼少のころ眺めたであろう4千メートル級の白い山並みが眼前にそびえる。
続きを読む

中国、チベット立ち入り「組織的に」制限 米国務省が報告書

米国務省は25日、中国が「組織的に」外交官や記者、一般市民のチベット立ち入りを制限する妨害措置を取っているとする報告書を議会に提出した。
続きを読む

「漢化」:ルーツを絶たれるウイグル人の子どもたち

ウイグル人の親たちが再教育のため連れ去られ、子どもたちは有刺鉄線の囲いの中で母語での会話を禁じられている。

Bitter Winterは以前、100万人のムスリムが「教育による改心」のための強制収容所で中国語学習と政治と思想の教育を強いられていることを報告した。拘束者の子どもたちは漢族のプロパガンダの「学校」に閉じ込められ、完全に「漢化」した環境で教育を受けることを余儀なくされている。教育はすべて標準中国語で行われ、漢文化を引き合いに出し、漢文化の基準に沿ったものである。このようにして、ウイグル文化の継承者の生得権は否定されているのだ。
続きを読む

新疆の奥深くにも宗教弾圧が浸透

中国では、どこにいても、宗教弾圧から逃れることはできない。小さな村でさえ政府はモスクを破壊し、イスラム教徒たちにハラルを強制的に破らせ、そして、再教育を受けさせている。
新疆 中央のバインゴリン・モンゴル 自治州 に位置する尉犂 県 の人口は約12万人であり、その47.6%はウイグル族である。

続きを読む

在日ウイグル人、募る不安 親族が再教育施設に

旅券は片道、「帰ったら自分も」
 中国政府が西部・新疆ウイグル自治区で、多くの少数民族住民を「職業技能教育訓練センター」と呼ぶ政治的再教育施設に収容し、人権問題として米国などから強い批判を浴びている。新疆での収容規模が拡大する中で、数千人とされる在日ウイグル人の間でも家族や親族が再教育施設に収容されて連絡が途絶えたり、自分も収容を恐れて故郷へ戻れなくなったりするなど困難な状況に追い込まれる人が増えている。

毎日新聞 2018年11月4日
https://www.cnn.co.jp/world/35128250.html

新疆ウイグル 進む「中国化」

中国の西端、新疆(しんきょう)ウイグル自治区カシュガルでのこと。古くからシルクロードの要衝として栄えた町だ。

 ホテルのフロントでパスポートを渡すと、女性従業員がチェックインの手続きを始めた。そこへ1本の電話。受話器を置いた彼女はすっかりおびえていた。

 「申し訳ありません。外国人は泊まれません…」
続きを読む

新疆に強制的な教育施設 中国治安当局、存在認める

国連の委員会が中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区で少数民族が大量拘束されていると懸念を示した問題で、同自治区の治安当局者は産経新聞に対し、再教育施設「教育・転化センター」に多数のイスラム教徒を強制的に収容している事実を認めた。一定期間、中国語や国家の法律・規則などの教育を行っているという。中国政府は大量拘束や強制的な収容について全否定している。
続きを読む

中国がネパールに海港4カ所を開放、「取り込み」強化でインドからの引き離し

中国メディアの観察者網は9日、「インドの独占を打破、中国が海港4カ所をネパールに開放」と題する記事を発表した。ネパールはこれまで、物流の大部分をインド経由のルートに頼ってきた。そのため、インドとの関係緊張で、物流を止められ国内が大混乱したことがある。中国は「一帯一路」政策と絡めてネパールの「取り込み」を図っていると見られる。その背景には、インドとの対立もある。
続きを読む

中国人に乗っ取られたミャンマーの古都マンダレー

東南アジアを代表する仏教の国、ミャンマー。最後の王朝の古都マンダレーを含め、歴史的なパゴダ(仏塔)や寺院など世界遺産も多く抱える(筆者撮影)c Japan Business Press Co., Ltd. 提供 東南アジアを代表する仏教の国、ミャンマー。最後の王朝の古都マンダレーを含め、歴史的なパゴダ(仏塔)や寺院など世界遺産も多く抱える(筆者撮影)
 「マンダレーの死」――。
続きを読む
記事検索
Free Mail Magazine
Contact
意見、感想、質問、ニュースなどお寄せください。Contactお送り先
最新記事
月別アーカイブ
ギャラリー
  • グーグルの中国向け検索プロジェクトと、監視社会の実験台にされるウイグル人
  • グーグルの中国向け検索プロジェクトと、監視社会の実験台にされるウイグル人
  • グーグルの中国向け検索プロジェクトと、監視社会の実験台にされるウイグル人
  • グーグルの中国向け検索プロジェクトと、監視社会の実験台にされるウイグル人
  • グーグルの中国向け検索プロジェクトと、監視社会の実験台にされるウイグル人
  • グーグルの中国向け検索プロジェクトと、監視社会の実験台にされるウイグル人
livedoor プロフィール

info_tibet

QRコード
QRコード
タグクラウド
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ