ニュース チベット文化圏 News Tibetan Bunkaken

チベット、ネパール、モンゴル、ウイグル、中国、ネパール、インドなどの情報を集約 -- Tibet-Uyghur-South Mongol issues, China, Bhutan, Nepal, India and etc related human right, freedom and peace

中国

韓国、中国の逆鱗に触れ「AIIB」の副総裁のポストを外される

昨年9月、西側諸国から唯一、朴槿恵大統領が北京で行われた抗日戦勝70周年記念式典に出席するなど、その蜜月ぶりが注目を集めた中韓関係ですが、ここに来て中国サイドが態度を硬化させていることが明らかになりました。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』によると、AIIB副総裁を務めていた韓国産業銀行会長がポストを追われ、韓国がすさまじい狼狽を見せているとのこと。中国が豹変した裏には何があるのでしょうか。

【韓国】中国の不機嫌にビクビクの韓国
続きを読む

中国の高速鉄道、インチキに気づいた各国が相次いでキャンセル

日本が競合の末に敗れたインドネシアを始め、世界各国で破格の条件を提示し次々と高速鉄道計画の受注に成功した中国ですが、アメリカでは工事の中止が決定、その他の国でも同じような動きが出始めるなど、ここに来て暗雲が立ち込めています。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で評論家の黄文雄さんはこれについて「世界が中国のインチキぶりにようやく気が付き始めた結果」と一刀両断し、習近平政権がますます苦境に追い込まれることになるとの厳しい私見を記しています。

【中国】インチキに気付いた各国が相次ぎ中国高速鉄道をキャンセル
続きを読む

「中国ネットユーザーがレディー・ガガに激怒」は本当か?中国版ツイッターに寄せられたコメントは…

2016年6月28日、中国紙・環球時報は、「中国のネットユーザーがダライ・ラマ14世と面会したレディー・ガガを猛烈に批判している」と報じたが、実際のところはどうなのか。

記事によると、米国のトップアーティストであるレディー・ガガは現地時間26日、米国でダライ・ラマ14世と面会したときの様子をインスタグラムなどに投稿。2人は「思いやり」について意見を交わしたそうだ。
続きを読む

中国「封じ込め」の仕上げ。G7はいかにして反中で一体化したのか?

AIIB事件を境に、極限まで悪化した「米中関係」。一時は勢いに乗った中国がそのまま覇権争いに勝利しそうに見えましたが、ここに来てオバマ大統領がついに本気になり、中国は一転孤立。経済状況も悪化し窮地に追い込まれています。このままアメリカは優位を保てるのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんが占います。

中国と、「孤立の万里の長城」
続きを読む

「習体制下で人権状況悪化」=来日した中国の元学生リーダー

 中国・北京で1989年6月4日に起きた天安門事件当時、学生リーダーだった王丹氏が3日、東京都内で記者会見し、中国の人権状況について「習近平体制下で著しく後退した」と非難した。
続きを読む

米国防長官「中国の行為、自らを孤立」

南シナ海問題、名指し批判 「航行の自由」作戦継続へ

カーター米国防長官は4日、シンガポールで開催中のアジア安全保障会議(英国際戦略研究所主催)で演説し、南シナ海問題について「中国の行為は自らを孤立させている」と名指しで批判し、米軍による「航行の自由」作戦を継続する方針を表明した。国際秩序に基づく解決を訴えた昨年の演説から、さらに圧力を強めた形だ。
続きを読む

カナダ首相、記者叱責の中国外相に「不満」表明

カナダのトルドー首相は3日、中国の王毅ワンイー外相がカナダ・オタワで行った記者会見で中国の人権問題を尋ねた記者を叱責したとして、中国側に対し、報道機関への対応を巡る「不満」を表明した。

 王氏は1日の記者会見で、カナダメディアの記者が中国の人権状況を質問した際、「中国への偏見にあふれた質問であり、傲慢だ。到底受け入れられない」などと非難した。トルドー氏は「報道の自由は極めて重要。厳しい質問をするのがメディアの仕事だ」と反論。記者への不当な扱いについて、カナダ政府として、王氏と駐カナダ中国大使に抗議したという。

2016年06月04日 読売
http://www.yomiuri.co.jp/world/20160604-OYT1T50056.html

中国人は「謝罪なきオバマ広島訪問」をどう受け止めたか?

オバマ米大統領が27日、被爆地の広島を訪れ、17分にわたる演説で核廃絶を訴えた。オバマ大統領の広島訪問は中国でも多くの国民が注視したが、中国ではこの訪問がどのように伝えられたのだろうか。

 中国のメディアが一貫して注目していたのは、原爆投下に対するオバマ大統領の「謝罪の有無」だった。

 中国では日本以上に「謝罪の有無」に拘泥した。もし仮にオバマ大統領が謝罪をすれば、中国も日中戦争時の暴力行為に対し、繰り返し日本に「謝罪」を求めることができるからだろう。
続きを読む

あのプーチンが喜んだ。安倍総理はロシアへのアプローチをどう変えたのか?

先日ロシアで開かれた首脳会談において、「手応えを感じた」という安倍総理。これまで修復不可能とも言われていた日ロ関係が急速に改善されたのにはハッキリとした訳があると、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは分析しています。
続きを読む

国:習主席「辞任勧告」の公開書簡、ウイグル政府幹部が関与か

新疆ウイグル自治区の当局が事実上運営するニュースサイト「無界新聞網」に3月4
日、習近平・国家主席の辞任を求める公開書簡が掲載された件をめぐり、同自治区
トップである張春賢・共産党書記の腹心が関与した可能性が浮上している。海外メ
ディアが消息筋情報として伝えた。
続きを読む

中国軍部を抑えきれない習近平に米国激怒。オバマが次に放つ一手とは

対外的に強硬姿勢をとる軍部と、融和姿勢の政府。中国ではこの両者を統制するために、習近平氏への権力の集中が必要とのことですが、その独裁体制の確立が危ぶまれる状況にある、と語るのはメルマガ『国際戦略コラム有料版』の著者・津田慶治さん。津田さんは、その原因となる行動を起こしたある人物の「実名」を挙げるとともに、中国の政治的なもろさにより引き起こされる経済的なリスクが全世界に及ぼす影響、そして統制がとれなくなった軍部に周辺国はどう対応すべきかについて論じています。
続きを読む

インドネシア警察がウイグル人「武装分子」2人を射殺 中国政府「わが国もインドネシアも被害者だ」

 インドネシア当局が16日、武装勢力のメンバーだった中国籍のウイグル人2人を警察が射殺したと発表したことについて、中国政府・外交部の陸康報道官は17日の定例記者会見で「中国もインドネシアもテロリズムの被害者だ」として、インドネシアの措置を支持する考えを示した。
続きを読む

中国政府がまた著名人アカウントを閉鎖。異様な言論統制が続くワケ

「発禁本」を扱う香港の書店関係者や、共産党に対して批判的な発言をした不動産王が処分されるなど、言論弾圧の嵐が吹き荒れる中国。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』ではこうした動きを「政権が末期になっていることの現れ」と分析し、すべては習近平氏の無策ぶりに原因があると手厳しく批判しています。

【中国】習近平から地方幹部まで醜聞隠しのための言論統制が横行
●「習発言」批判でツイッター閉鎖=3,700万フォロワーの企業家−中国
続きを読む

スターは「行動慎め」と中国当局 チベット独立派と同席の人気歌手や俳優らに 警告文を発表「度が過ぎる」

 中国の人気歌手や香港の俳優らが2月中旬、インド東部ブッダガヤで開かれたチベット仏教の儀式で、中国が敵視するチベット独立派の指導者と同席していたと中国国内で伝えられ、当局は28日までに「スターは公人として行動を慎め」とする警告文をサイトで発表した。多くのメディアがネットで転載し、話題となっている。
続きを読む

戦争が勃発したら・・・中国にとって「三峡ダム」が致命的な弱点に

 戦争抑止力として核兵器が必要だと論じる人たちがいる。その主張の是非はともかく、中国が積極的に戦争に参加できない理由は中国国内にあるようだ。
続きを読む
記事検索
Free Mail Magazine
Contact
意見、感想、質問、ニュースなどお寄せください。Contactお送り先
最新記事
ギャラリー
  • 4/7〜4/8 ドキュメンタリー映画「ルンタ」上映会(神戸)
  • チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世、国会内で講演
  • 10/28(金)ドキュメンタリー映画「ルンタ」DVD発売
  • 映画 五体投地で進むチベット巡礼ロードムービー「ラサへの歩き方」7月公開
  • インドで亡命チベット人らが反中デモ、治安当局と衝突
  • ダライ・ラマ効果を払拭した英中「黄金」の朝貢外交
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
タグクラウド
J-CASTニュース
livedoor 天気
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ