ニュース チベット文化圏 News Tibetan Bunkaken

チベット、ネパール、モンゴル、ウイグル、中国、ネパール、インドなどの情報を集約 -- Tibet-Uyghur-South Mongol issues, China, Bhutan, Nepal, India and etc related human right, freedom and peace

中国

【チベット動乱60年(下)】「力貸して」日本政府への思い

「日本政府には、チベットの宗教や文化を守りたい私たちの願いを橋渡しする仲介者になってほしい」。チベット動乱から60年となった3月、日本に帰化した亡命チベット人、西蔵ツワン氏は切実な思いを語った。
続きを読む

ウイグル問題 中国との関係悪化を招きかねないスウェーデンの政策

スウェーデンの入国管理局は、中国からのウイグル人移民の難民認定の取得手続きを簡易化すると発表した。同時に、スウェーデン領内で発生した中国人観光客に対する一連の犯罪捜査での中国側の要求に対し、スウェーデンはいまだに返答していない。
続きを読む

中国とトルコがウイグル自治区を巡り全面衝突の可能性 中東の各地で中国への抗議デモ

記事まとめ
中国は中東諸国に札束外交を行っていたが、トルコと全面衝突する可能性があるという
ウイグル自治区を巡るもので、同地区にはマレーシア次期首相予定者からも指摘がある
また、中国への抗議が北欧諸国でも起こり、中国はスウェーデンへの旅行を禁止した

続きを読む

ダライ・ラマは「厄介者」 全人代代表のチベット族が批判

 中国全国人民代表大会(全人代=国会)のチベット自治区分科会が6日、北京の人民大会堂で開かれ、自治区選出の代表がチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世について「多くの厄介事を引き起こした」などと相次いで批判した。
続きを読む

中国の大誤算。台湾を脅すつもりが世界を敵に回した習近平の失態

2018年に行われた台湾統一地方選挙で惨敗を喫し、支持率を10%台まで下落させてしまった蔡英文総統。次期総統選出馬は絶望的と思われていましたが、習近平中国国家主席の台湾に対する恫喝発言がきっかけとなり支持率は一気に30%台まで回復、完全に旗色は変わったようです。台湾出身の評論家・黄文雄さんは自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、「中国の台湾に対する脅迫はたいてい逆効果を生む」とし、さらに2020年の台湾総統選の重要性を論じています。
続きを読む

記事タイトル習氏が「破談傷心」の金正恩氏に会わない真の理由

「(非核化を)急がない」。ベトナム・ハノイでの米朝会談を巡ってトランプは米国内や国際社会の期待値を下げつつ、前向きに発信し続けたため、順調に進んでいたように見えた。だが、突如、席を立った。金正恩が完全に判断を誤ったのはなぜか。本当の原因を探る責任者探しが始まっていた。
続きを読む

当局、チベット仏教徒に福祉手当の支給停止をちらつかせる

「網目状管理者」が目を光らせる中、貧しいチベット族たちは自分たちの土地を失い、チベット仏教の慣習を放棄しない限り生活手当の支給まで中止となりそうな状況におかれている。

2018年5月、当局は、国から最低限の生活保障を受けて生活している貧しいチベット族に対して、仏教への信仰崇拝をやめるように命じ、やめなければ生活手当が取り消しとなる可能性もあると脅しをかけた。この新しい命令により、過去何十年にもわたってチベット族を迫害し、その宗教を放棄することを強いてきた 中国共産党 の政策に拍車がかかることになる。
続きを読む

【主張】ダライ・ラマ講演 民族の権利求める声聞け

 来日したチベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世が20日、超党派の議員連盟の会合で講演し、中国のチベット抑圧政策を批判し、国際社会の支援を訴えた。
続きを読む

米中対立とダライ・ラマの訪日

国会で講演するダライ・ラマ14世 =20日午前(共同) 国会で講演するダライ・ラマ14世 =20日午前(共同)
 米国と中国の「新冷戦」が一段と先鋭化している。パプアニューギニアの首都、ポートモレスビーで開かれたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)は米中が激突して、恒例の首脳宣言を採択できなかった。
続きを読む

韓国の大学、中国の抗議に謝罪―中国紙

2018年11月16日、環球時報(電子版)によると、韓国・高麗大学の学内イベントでチベット独立の旗が掲げられ、中国人学生らが反発した問題で、同大学は16日、謝罪声明を発表した。「チベットは中国固有の領土だ」と説明している。
続きを読む

米中貿易戦争の行きつく先は経済問題にあらず?ウイグル問題や知的財産権でも中国を追い詰める米国の「価値とルール」

米中貿易戦争が激化している。第一弾第二弾の500億ドルの対中関税に加え、2000億ドルの追加関税が掛けられ、これに報復する形で中国も関税を強化しているのだ。

そして、今月下旬に予定されていた米中経済協議も中止に追い込まれる可能性が高い。米国はさらに2,670億ドルの産品にも関税をかける方針を示しており、これは昨年の中国の対米輸出額を超える金額になる。つまり、すべての中国製品に関税をかけるとしているわけである。これは単純な経済の問題ではなく、ルールと仕組みの問題であり、米中の価値観と覇権をかけた戦争といっても良いのだろう。
続きを読む

グーグルCEO、検索での中国再参入は「まだ先」

 米グーグルが中国で検閲を容認する検索システムの投入を目指している問題について、複数の米メディアがスンダル・ピチャイ最高経営責任者(CEO)が社員らに「まだ先のことだ」と語ったと報じた。中国政府の意向に沿うような検索ビジネスの実施には社内外で慎重論がある。2010年に撤退して以来の同社の中国再参入は今後も曲折を経そうだ。
続きを読む

中国とインドの国境で「資源紛争」の危機が高まる

shutterstock_651343420


中国とインドの国境付近で最近、金鉱脈が発見された。この鉱脈は中国の大好きなレアアースなどの戦略物資を含んでいることから、インド政府はこの事態に震撼しているという。
続きを読む

中国最新ステルス戦闘機、インド軍機レーダーに検出される

特殊加工が施されたステルス機は通常、レーダーでは探知が困難とされる。しかし、チベットで飛行訓練していた中国人民解放軍の最新ステルス戦闘機は、インド軍のレーダーによって探知されていたことが明らかになった。軍事情報サイト・インド国防研究所(IndianDefenceReseachWing)が5月20日に報じた。
続きを読む

習主席が米朝会談に介入、裏には王岐山副主席

 さらに大きな問題は北朝鮮の核放棄問題だ。朝鮮労働党委員長の金正恩(キム・ジョンウン)は、短期間に2回訪中し、北京と大連で習近平に会った。その後、北朝鮮は韓国との南北接触を突然、キャンセルし、米朝会談まで見直すような構えを見せた。

 明らかに中国の「介入」があったのだ。トランプ自身も大連での2回目の中朝首脳会談を経て中国が何らかの影響を与えた可能性に言及している。習近平への不信感といってもよい。これは、ひとまず「貿易戦争の当面の留保」に終わった米中経済貿易協議の今後にも影響がある。
続きを読む
記事検索
Free Mail Magazine
Contact
意見、感想、質問、ニュースなどお寄せください。Contactお送り先
最新記事
月別アーカイブ
ギャラリー
  • グーグルの中国向け検索プロジェクトと、監視社会の実験台にされるウイグル人
  • グーグルの中国向け検索プロジェクトと、監視社会の実験台にされるウイグル人
  • グーグルの中国向け検索プロジェクトと、監視社会の実験台にされるウイグル人
  • グーグルの中国向け検索プロジェクトと、監視社会の実験台にされるウイグル人
  • グーグルの中国向け検索プロジェクトと、監視社会の実験台にされるウイグル人
  • グーグルの中国向け検索プロジェクトと、監視社会の実験台にされるウイグル人
livedoor プロフィール

info_tibet

QRコード
QRコード
タグクラウド
J-CASTニュース
livedoor 天気
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ