ニュース チベット文化圏 News Tibetan Bunkaken

チベット、ネパール、モンゴル、ウイグル、中国、ネパール、インドなどの情報を集約 -- Tibet-Uyghur-South Mongol issues, China, Bhutan, Nepal, India and etc related human right, freedom and peace

中国

米中貿易戦争の行きつく先は経済問題にあらず?ウイグル問題や知的財産権でも中国を追い詰める米国の「価値とルール」

米中貿易戦争が激化している。第一弾第二弾の500億ドルの対中関税に加え、2000億ドルの追加関税が掛けられ、これに報復する形で中国も関税を強化しているのだ。

そして、今月下旬に予定されていた米中経済協議も中止に追い込まれる可能性が高い。米国はさらに2,670億ドルの産品にも関税をかける方針を示しており、これは昨年の中国の対米輸出額を超える金額になる。つまり、すべての中国製品に関税をかけるとしているわけである。これは単純な経済の問題ではなく、ルールと仕組みの問題であり、米中の価値観と覇権をかけた戦争といっても良いのだろう。
続きを読む

グーグルCEO、検索での中国再参入は「まだ先」

 米グーグルが中国で検閲を容認する検索システムの投入を目指している問題について、複数の米メディアがスンダル・ピチャイ最高経営責任者(CEO)が社員らに「まだ先のことだ」と語ったと報じた。中国政府の意向に沿うような検索ビジネスの実施には社内外で慎重論がある。2010年に撤退して以来の同社の中国再参入は今後も曲折を経そうだ。
続きを読む

中国とインドの国境で「資源紛争」の危機が高まる

shutterstock_651343420


中国とインドの国境付近で最近、金鉱脈が発見された。この鉱脈は中国の大好きなレアアースなどの戦略物資を含んでいることから、インド政府はこの事態に震撼しているという。
続きを読む

中国最新ステルス戦闘機、インド軍機レーダーに検出される

特殊加工が施されたステルス機は通常、レーダーでは探知が困難とされる。しかし、チベットで飛行訓練していた中国人民解放軍の最新ステルス戦闘機は、インド軍のレーダーによって探知されていたことが明らかになった。軍事情報サイト・インド国防研究所(IndianDefenceReseachWing)が5月20日に報じた。
続きを読む

習主席が米朝会談に介入、裏には王岐山副主席

 さらに大きな問題は北朝鮮の核放棄問題だ。朝鮮労働党委員長の金正恩(キム・ジョンウン)は、短期間に2回訪中し、北京と大連で習近平に会った。その後、北朝鮮は韓国との南北接触を突然、キャンセルし、米朝会談まで見直すような構えを見せた。

 明らかに中国の「介入」があったのだ。トランプ自身も大連での2回目の中朝首脳会談を経て中国が何らかの影響を与えた可能性に言及している。習近平への不信感といってもよい。これは、ひとまず「貿易戦争の当面の留保」に終わった米中経済貿易協議の今後にも影響がある。
続きを読む

中国、気候への最大の介入をアナウンス

中国の研究チームは、チベット高原の降雨量を年間100億立方メートルに増やす計画だ。これは、世界最大の人工降雨の実験となる。「Science Alert」が報じた。

スプートニク日本
続きを読む

吐蕃 忘れられたチベット栄光の歴史

今から1400年ほど前。チベットに吐蕃(とばん)という国がありました。ソンツェン・ガンポ王がチベットを統一し建国された吐蕃は、中国の唐と対立を続けましたが、唐の大軍を退けるほどの強盛を誇っていました。しかし、地震、山崩れ、水害、疫病の流行で突然、歴史の舞台から姿を消しました。
続きを読む

チベット探索中、中国人官僚の高級車に乗せられた結果…

チベット探索中、中国人官僚の高級車に乗せられた結果…
中国一の「危険地帯」かもしれない
青山 潤三ネイチャーフォトグラファー
プロフィール

ジャーナリストでも観光客でもない、「中国奥地で活動する70歳の自然写真家」という視点から、「中国の地方」の実態を写真と文章で切り取る青山潤三氏の連続レポート。微妙な情勢下にあるチベット周辺を歩いていた時、思いがけぬ事件に遭遇して…

チベットとはどんな場所か
続きを読む

【経済】<台湾地震>救助隊の拒否で中国が腹いせ? 「日本チームはさっさと撤退した」と批判

 台湾東部を襲った地震で、救出作業のため8日現地入りしていた警察や消防などの日本の専門家チームが活動を終え、10日に帰国した。チームはがれきの下の生命反応を感知する機器を台湾側に提供するなど救出作業に協力した。


続きを読む

「中国東北は北朝鮮領」習主席が負う3代の恩讐

 中国が、北朝鮮に極めて厳しい追加制裁を科す国連安全保障理事会の決議に賛成した。1961年、中国は北朝鮮との間で中朝友好協力相互援助条約を結んだ。一方が攻撃を受ければ、もう一方が自動的に支援する「自動参戦条項」を含む同盟条約だ。

 北朝鮮の一方的な核・ミサイル開発の結果、中国は同条項の無効を宣言せざるをえない状況に追い込まれた。中国は北朝鮮国境近くに多くの難民を収容できるキャンプの設営を指示し、軍の駐留施設も拡充している。一昔前なら考えにくい抜本的な変化は、中国側の発言に現れている。


■「北朝鮮は潜在的な敵」で炎上
続きを読む

中国企業手掛けたケニアの橋、完成前に崩落 総工費14億円

(CNN) ケニア西部で総工費1200万ドル(約14億円)をかけて中国企業が建設していた橋が、完成を目前にして崩落したことが4日までに分かった。現場は同国のケニヤッタ大統領が2週間前に視察したばかりだった。
続きを読む

『東京喰種』は、中国政府とウイグル人の対立を暗示する反体制的作品?

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。
 先日、実写映画版『東京喰種トーキョーグール』を見てきました。この作品は中国でも人気がありますが、その理由は、残虐描写がふんだんにあるところです。中国のエンタテインメント業界は、エロや暴力、登場人物による反体制的な発言が禁止されるなど、規制が非常に厳しいのが特徴です。本作のアニメ版も2015年、『寄生獣』や『進撃の巨人』などとともに配信停止となりました。


続きを読む

中国企業、「党の介入」明文化 上場288社が定款変更 今春から急増

中国の上場企業で今春以降、共産党の経営介入が急速に進んでいる。中国企業の定款変更を日本経済新聞社が調べたところ、党が経営判断に深く関わることを容認するなどの項目を盛り込んだ企業が4月以降で約200社にのぼった。党の意向をくんだ経営が一段と強まれば、外資企業にとって合弁事業など中国投資のリスクが高まる可能性がある。世界規模の企業もあり、国際秩序と相いれず新たな摩擦を生む恐れもある。

2017/8/17 日経
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM16H41_W7A810C1MM8000/?n_cid=NMAIL001

中国、インド誌を「子供だまし」と批判、中国地図から台湾・チベット省く―中国メディア

2017年7月27日、中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は定例記者会見で、インドの有力英字誌「INDIA TODAY」が最新号の表紙で台湾とチベットを省いた中国地図を掲載したことを批判した。環球網が伝えた。
続きを読む

中国のインフラ投資に各国から非難 中でも親日国ラオスで悪化

各国へのインフラ投資や企業の海外進出など、世界にその存在感を見せつけている中国ですが、トラブルも絶えないようです。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では、著者で台湾出身の評論家・黄さんが先日ラオスで起きた中国人襲撃事件を取り上げ、なぜ中国の行く先々で反中感情が高まりを見せるのか、歴史を引きながら解説しています。
続きを読む
記事検索
Free Mail Magazine
Contact
意見、感想、質問、ニュースなどお寄せください。Contactお送り先
最新記事
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 中国とインドの国境で「資源紛争」の危機が高まる
  • チベット人女性のビデオ日記ドキュメンタリー「ラモツォの亡命ノート」公開
  • 夫は中国で政治犯 チベット族の亡命女性描いた映画が都内で公開
  • 4/7〜4/8 ドキュメンタリー映画「ルンタ」上映会(神戸)
  • チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世、国会内で講演
  • 10/28(金)ドキュメンタリー映画「ルンタ」DVD発売
livedoor プロフィール

info_tibet

QRコード
QRコード
タグクラウド
J-CASTニュース
livedoor 天気
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ