ニュース チベット文化圏 News Tibetan Bunkaken

チベット、ネパール、モンゴル、ウイグル、中国、ネパール、インドなどの情報を集約 -- Tibet-Uyghur-South Mongol issues, China, Bhutan, Nepal, India and etc related human right, freedom and peace

中国スパイ

辺野古反対運動に「中国」の影か…県民と軍の関係悪化を狙う地下工作

沖縄県民が抱える大きな問題として連日ニュースにもなっている米軍基地の辺野古への移設問題。しかし、この辺野古埋め立ての反対運動をしている活動家の一部が、沖縄県民への嫌がらせを意図的に行っている疑いが浮上しています。その影には、日米以外の第3国、つまり「中国」の関与を指摘する声が上がっていると、メルマガ『異種会議:戦争からバグパイプ〜ギャルまで』の著者で、元戦場ジャーナリストの加藤健二郎さんが明かしています。
続きを読む

オバマ氏、NY訪問で中国企業買収の高級ホテル使わず

(CNN) 米ホワイトハウスのアーネスト報道官は11日、オバマ大統領や随行団が来月、国連総会出席のためニューヨーク市を訪れた際、これまでの定宿だった高級ホテル「ウォルドルフ・アストリア」を使わないと発表続きを読む

中国、F35の情報窃取か 米国など開発、自衛隊の次期主力機

  19日付のオーストラリアのシドニー・モーニング・ヘラルド紙は、米国などが開発中で、航空自衛隊が次期主力機として導入を決めた最新鋭ステルス戦闘機F35の設計などの機密情報が、中国のサイバースパイに窃取されたと報じた。オーストラリア政府が米側から説明を受けたという。

 専門家は、中国の次世代ステルス戦闘機「殲31」と「殲20」は、窃取した情報に影響を受けたと推定。事実であれば、米国と日本、オーストラリアなど同盟国の空軍力の優位が損なわれた恐れがあると警告している。

北海道新聞 2015/01/19
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/586835.html

中国の工作進む香港 児童に共産主義教育施し隠れ党員化企む

 現在、中国の北京政府は様々なルートで香港をターゲットにした秘密工作を行なっている。そうした北京政府の手法を知り尽くしているのが、チベット亡命政権のキャルサン・ギャルツェン議員だ。彼はインドに脱出するまで、中国政府の役人として対チベット人の秘密工作に携わっていた。

「私は工作員が収集した、ダライ・ラマ法王を中心とするインド・ダラムサラのチベット亡命政権の高官や高僧の動静情報を中国語に翻訳したり、生まれ故郷の甘孜(カンゼ)チベット族自治州など四川省内の18か所のチベット族居住区の高僧や寺院の動きを探るなどの仕事をしていました」

続きを読む

中国、米郵政公社ハッキングか 政府関与と米紙報道

 【ワシントン共同】米郵政公社(USPS)は10日、コンピューターネットワークがハッカーに侵入され、職員や一部顧客の個人情報が漏えいした可能性があると発表した。ワシントン・ポスト紙電子版は、中国政府のハッカーが関与していると伝えた。

 同紙によると、ハッキングが発覚したのは9月中旬。今年に入って連邦政府の人事管理局も同様のハッカー攻撃を受けており、米当局はこれも中国が背後にいるとみている。

 USPSによると被害を受けた可能性があるのは、職員の住所や電話番号、社会保障番号などの個人情報。連邦捜査局(FBI)が捜査している。

2014/11/11 共同通信
http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014111101001208.html

中国人はなぜ米国でトウモロコシの種を盗むのか

香港(CNNMoney) 米検察当局は7月、米国の遺伝子組み換え種子メーカーの商業機密を盗んだ疑いで、中国人の莫雲容疑者を逮捕・起訴した。同被告は、夫である邵根伙氏が創始したバイオテクノロジー企業・北京大北農科技集団(DBNグループ)のためにトウモロコシ近交系種子にまつわる商業機密を盗んだ疑いを持たれている。
この事件を巡っては、莫雲被告の兄弟でありDBNの国際事業部ディレクターを務めていた莫海龍被告を含む中国人6人が、特許権の保護対象となっているトウモロコシ種子を盗み中国に持ち込もうとした疑いで昨年起訴されていた。7月の起訴状で新たに莫雲被告が追加された格好だ。
続きを読む

サイバー攻撃、中国人関与か 国家公安委員長が指摘

 サイバー攻撃を受けた約30の政府機関や重要インフラ企業のパソコンの約9割が中国のサーバーなどに強制的に接続されていた問題で、古屋圭司国家公安委員長は5日、「(日本企業などに対する)攻撃型組織の存在が明らかになった」としたうえで「中国人の関与が疑われる」と指摘した。

 国家公安委員会後の記者会見で話した。中国人関与の根拠として古屋委員長は、サイバー攻撃に使われたウイルスの作成言語が中国語で、発信元の多くが中国だったことを挙げた。

2014/6/5 日経
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0501B_V00C14A6CC0000/

チベットをハックせよ:中国サイバー戦争グランドゼロのダラムサラへようこそ

インド・ダラムサラ — チベット子供村の講堂前にロブサン・ギャツォ・シタルが座っている。彼の発表するパワーポイントの光が、生徒の列前方を微かに照らしている。「知らない添付ファイルは絶対に開かないこと」と生徒に諭すシタル氏。頷く生徒。電飾のキャンドルで縁取られたダライラマ法王の写真が飾られた舞台。どこからか迷い込んだ犬が群衆の後ろを歩く。「誰にもパスワードを見せないこと」とシタル氏は続ける。スライドには見覚えのないUSBを使う危険性を示すページが映し出させる。「中国政府や他人が皆さんのコンピュータをコントロールしているんです」
続きを読む

「豪大学内に中国人スパイ網」 地元紙報道、総領事は反発

オーストラリアの有力紙シドニー・モーニング・ヘラルドは、同国の主要大学内で中国当局が中国人留学生の「密告ネットワーク」を構築し、中国への反体制活動などの監視を強化していると報じた。現地の中国総領事はただちに抗議声明を出すなど摩擦が生じている。

 21日付の同紙(電子版)は、「シドニー大学の中国人スパイたち」と題する記事を掲載。複数の中国情報機関担当者が、中国の「核心的利益」を守るため、現地の中国人コミュニティーで監視網を形成していることを認めたと伝えた。

 主な対象はシドニーやメルボルンなどに留学する中国人学生ら9万人以上で、本国では規制されているチベットの人権弾圧問題や、非合法の気功集団「法輪功」への関与などを警戒しているという。
続きを読む

百度ソフト、中国当局にそのまま情報が流れていたらどうしますか?

百度ソフト、便利で人気だが「まるでウイルス」

 「まるでウイルス」――。

 パソコンに入力した文字列を全て外部に送信してしまう中国社製の日本語入力ソフト「バイドゥIME」。国民の大切な情報を扱う役所や大学でも気づかないまま使われていたことに、関係者はショックを受ける。便利なソフトなだけに人気も高く、推定利用者は200万人以上。専門家は「便利なITサービスでも、利用者に仕組みを正しく伝えなければ、悪性のウイルスと同じになってしまう」と指摘する。

 「市民の個人情報は漏れていないと信じたいが……」

 愛知県豊田市の太田勝彦・情報システム課長はうなだれた。同市では25日午前、バイドゥ側のサーバーとの通信記録を調べ、2時間に数十回の通信が行われていたことを確認。通信記録をたどると、14台のパソコンにバイドゥIMEがインストールされていることが分かった。
続きを読む

中国語版にハッカー攻撃、チベット亡命政府のサイト

 インド北部ダラムサラにあるチベット亡命政府の報道官は13日、亡命政府の中国語版ウェブサイトがハッカー攻撃を受け、12日午後からアクセスできない状態が続いたと明らかにした。13日午前に復旧したという。

 報道官は、攻撃元について調査中としているが「われわれは中国から多くのハッカー攻撃を受けている」と述べ、中国からのハッカー攻撃の可能性を示唆した。(共同)


産経 2013.8.13
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130813/chn13081322280009-n1.htm

米財務長官:中国は市場指向型へ転換を−産業スパイやめる必要

ルー米財務長官は中国に対し、より市場指向型の政策を採用するよう呼び掛けた。また、産業スパイ行為は政府の携わるサイバー戦争や情報活動とは異なるとの見解を示した。

中国の政策転換と米景気回復は7月8日の週にワシントンで開かれる米中戦略・経済対話の中心議題になる。ルー長官は6月30日、コロラド州アスペンでの会議で、中国による米企業秘密の不正入手も優先議題になると述べた。
ルー長官は同会議で司会者の質問に答え、「米国と中国の間には常に課題が存在するだろう」とした上で、中国は「古い産業に極めて硬直的で構造化された支援が提供されている状態から脱し、市場が金利と投資計画を決定するシステムへの移行と海外からの投資への一段の市場開放を進めることが基本的に必要だ」と語った。

ルー長官はまた、「知的財産権の盗用や企業秘密の盗難、こうした活動から利益を得られるような関係を持つ国有企業の問題は、サイバー空間の他の種類の問題とは異なる」と述べた。

Bloomburg 2013/07/01
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MP8ELV6KLVR401.html

メディア王と離婚の中国人妻、中国当局のスパイか=海外中国語メディア

海外中国語メディア「泛華網(PanChinese)」は17日、北京の内部筋の情報として、メディア王ルパート・マードック氏との離婚が報じられた中国人妻・ウェンディ(中国名・文迪)さんは、人民解放軍総政治部の主要スパイであることを報じた。

 同報道はウェンディさんの名前を言明せず、「世界で騒ぎを起こしている、離婚騒動の渦中にいるメディア界の強い女性」は中国の諜報史上でもっとも伝説的な人物になるだろうと断じた。

 報道によると、ウェンディさんは中国国内で大学一年生(1986年)の時にすでに解放軍総政治部広州支部の目に留まり、スパイ候補として見定められていたという。米エール大学でMBAを取得した1996年に、本格的にスパイ活動を始め、以来、香港のメディア界への潜伏に成功し、大きな権力を手に握るまでとなった。「電撃離婚が伝えられてから、総政治部内部はかなり揺れている」と報道は同筋の話として伝えた。

 同報道はまた、ウェンディさんの経歴の中のいくつかの謎の点に注目した。

 謎その1.エール大学MBA課程の高額の学費の払い手は

 一部の報道は、その大金を提供したのは、ウェンディさんが一回目の婚姻中に不倫相手だった米国人男性だと伝えている。しかし、「体操学校のマネージャだったこの米国人男性にはその経済能力はないのが明らかだ」と泛華網は指摘し、謎のスポンサーが存在することを示唆した。

 謎その2.決して裕福ではない中国の一般家庭に育ったウェンディさんが、インターンシップで香港に渡った際、なぜファーストクラスに乗ったのか

 1996年、ウェンディさんは香港行きの飛行機のファーストクラスに乗っていた。その隣の席は、マードック氏が率いるニューズ・コーポレーション社の役員、同社傘下の香港スターTVの最高執行責任者(COO)ブルース・チャーチル氏だった。2人は話が弾み、知り合いになった。
続きを読む

サイバー攻撃で中国関与明言、領有権、現状変更許さず 米長官

シンガポールで開かれているアジア安全保障会議で演説するヘーゲル米国防長官(AP)

 ヘーゲル米国防長官は1日、シンガポールでのアジア安全保障会議で演説した。サイバー攻撃の脅威が高まっているとした上で「一部は中国政府と中国軍に関係しているように見える」と明言。サイバー空間での国際規範確立に向けて中国と協議するなど協調を模索する考えを表明した。
続きを読む

中国による日本車ボイコット ツケは中国に跳ね返る?

香港(CNNMoney) 尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権問題をめぐって中国で広がっている日本車の不買運動のつけは、日本の自動車メーカーだけでなく、中国の工場やディーラーにも及ぶと専門家が予想している。
中国では9月の日本車販売が35〜50%の落ち込みを記録し、トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車、三菱自動車、マツダの各社とも打撃を受けた。
続きを読む
記事検索
Free Mail Magazine
Contact
意見、感想、質問、ニュースなどお寄せください。Contactお送り先
最新記事
ギャラリー
  • チベット人女性のビデオ日記ドキュメンタリー「ラモツォの亡命ノート」公開
  • 夫は中国で政治犯 チベット族の亡命女性描いた映画が都内で公開
  • 4/7〜4/8 ドキュメンタリー映画「ルンタ」上映会(神戸)
  • チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世、国会内で講演
  • 10/28(金)ドキュメンタリー映画「ルンタ」DVD発売
  • 映画 五体投地で進むチベット巡礼ロードムービー「ラサへの歩き方」7月公開
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
タグクラウド
J-CASTニュース
livedoor 天気
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ