ニュース チベット文化圏 News Tibetan Bunkaken

チベット、ネパール、モンゴル、ウイグル、中国、ネパール、インドなどの情報を集約 -- Tibet-Uyghur-South Mongol issues, China, Bhutan, Nepal, India and etc related human right, freedom and peace

チベット問題

中国への反撃! ユネスコ記憶遺産に「通州事件・チベット侵略」「慰安婦」を登録申請

ユネスコ世界記憶遺産に、中国のねつ造である「南京大虐殺」資料が登録されてから、約半年。誤った歴史認識を改め、真実の歴史を広めるための次なる戦いが始まっている。

「新しい歴史教科書をつくる会」はこのほど、「通州事件・チベット侵略」と「慰安婦と日本軍規律に関する文書」の2テーマの資料を、ユネスコ記憶遺産に登録申請したと記者会見で発表した。
続きを読む

チベット族の著名映画監督、警察に拘束後入院

中国映画監督協会は29日、チベット族の著名な映画監督ペマ・ツェテン氏が、公共秩序を乱した疑いで警察に拘束されたとの声明を発表した。

 具体的な拘束理由は明らかになっていない。同氏は25日、青海省の西寧空港で警察に拘束され、その後、体調を崩して27日に入院した。病院で体に傷やあざが確認されたとの情報もある。同氏はチベットに関する作品で知られ、国内外で受賞歴がある。

読売新聞 6月30日
http://news.biglobe.ne.jp/international/0630/ym_160630_0135013542.html

中国の王毅外相「内政干渉やめよ」 米中外相が電話会談

19日の新華社電によると、中国の王毅外相は18日、ケリー米国務長官と電話会談し、15日のオバマ米大統領とチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世との会談を受け「中国への内政干渉」をやめるよう要求した。
続きを読む

国際人権団体 中国がチベットで監視強化と非難

中国政府のチベット政策について国際人権団体が報告書をまとめ、このところ農村部にまで監視が強化され、政府の政策への批判などを理由に不当な身柄拘束が相次いでいると非難しました。これに対し、中国政府は、状況を客観的に見るべきだと強く反発しました。
続きを読む

中国が神経とがらすチベット自治区は新疆ウイグル自治区と並ぶ“火薬庫”=独立運動への関与理由に独議員の入国拒否

2016年5月20日、ヒマラヤ山脈の麓に位置する中国チベット自治区。インドを拠点とするチベット亡命政府の独立運動が続く。同じような独立運動を抱える新疆ウイグル自治区と並ぶ中国の“火薬庫”でもある。中国政府は最近もチベット独立運動への関与を理由にドイツ国会議員の入国を拒否するなど、神経をとがらせている。
続きを読む

ダライ・ラマ訪台に反対 中国チベット自治区幹部

中国チベット自治区のバマチリン自治区共産党委員会副書記は7日、北京で記者会見し、台湾の次期政権が、インドに亡命しているチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世を招待した場合「中国政府は台湾訪問に断固反対する」と述べた。
続きを読む

インドで亡命チベット人らが反中デモ、治安当局と衝突

tibet



 インドの首都ニューデリーで10日、亡命チベット人らが反中国デモを行い、インドの治安当局と激しく衝突しました。

 「チベットに自由を!チベットに自由を!」

 ニューデリーの中国大使館の近くで10日、1959年3月10日に起きた「チベット動乱」を記念して、亡命チベット人らが中国チベット自治区での自治の拡大を求め“反中国デモ”を行いました。


続きを読む

チベット人 激しい苦痛伴う焼身自殺をなぜあえて選ぶのか

 チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世のチベット帰還や信教の自由を求めるチベット人の焼身自殺者は2009年2月から昨年4月までの約6年間で143人にも及んでいる。チベット亡命政権の政治的最高指導者、ロブサン・センゲ首相は本誌のインタビューで、中国内では昨年4月以来、新たな自殺者は出ていないと説明。その代わりに「一人デモ」が相次いでいるという。しかし、そもそもなぜチベット人は焼身自殺という手を取らざるを得なかったのか。ジャーナリストの相馬勝氏がレポートする。
続きを読む

チベット僧侶が焼身自殺 中国四川省、政府に抗議

 米政府系放送局ラジオ自由アジアは2日までに、中国四川省カンゼ・チベット族自治州新竜県で2月29日、チベット族の僧侶が中国政府の抑圧的な民族政策に抗議して焼身自殺したと伝えた。

 中国では2009年以降、中国政府に抗議するチベット族による焼身自殺が相次いでおり、当局は監視を強めている。

 同ラジオによると、僧侶は寺院の近くで体に火を付けて「チベットの完全な独立」を訴えたという。(共同)

産経 2016.3.2 21
http://www.sankei.com/world/news/160302/wor1603020069-n1.html

2人の高僧がダライ・ラマ法王への祈祷のために逮捕される

チベット人権民主主義センター(TCHRD)によると、(中国四川省に編入された)炉霍県のチョクリ寺で、先日行われた盛大なダライ・ラマ法王の健康祈祷の儀式への関与により2人の高層が中国当局によって拘束されました。
続きを読む

中国当局がチベット人経営商店にダライ・ラマ法王の写真差し出しを命令

ドラコ郡(中国四川省)の中国当局が、チベット人が経営する商店に対し、2月2日までにチベットの精神的指導者ダライ・ラマ法王の写真をすべて差し出すよう命じたことを、確かな情報筋が伝えた。
続きを読む

ロブサン・センゲ主席大臣、日本の国会議員にチベットの現状について語る

チベット亡命政権の政治的最高指導者ロブサン・センゲ主席大臣は13日、東京の衆議院会館を訪れ、国会議員数名との非公式の朝食会議に出席した。
続きを読む

スターは「行動慎め」と中国当局 チベット独立派と同席の人気歌手や俳優らに 警告文を発表「度が過ぎる」

 中国の人気歌手や香港の俳優らが2月中旬、インド東部ブッダガヤで開かれたチベット仏教の儀式で、中国が敵視するチベット独立派の指導者と同席していたと中国国内で伝えられ、当局は28日までに「スターは公人として行動を慎め」とする警告文をサイトで発表した。多くのメディアがネットで転載し、話題となっている。
続きを読む

中国、外国人旅行者のチベット入境を3月末まで禁止

(CNN) 中国政府がチベット自治区への外国人旅行者の立ち入りを一定期間禁止していることが旅行代理店への取材で明らかになった。措置は25日から始まり、3月末に解除される。この期間は当局による外国人旅行者向けの入境許可証の発行も停止する。

ただ中国国内からの観光客が増加傾向にあることから、自治区内の観光ビジネスへの打撃とはならない見通しだ。


続きを読む

台湾の宗教会議、ウイグル、チベット代表参加できず 馬政権が配慮か

台湾の民主進歩党の呂秀蓮元副総統は16日、立法院(国会に相当)内で記者会見し、18〜20日に開催する信教の自由に関する会議に、中国から逃れた亡命ウイグル人の組織を束ねる「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長やチベット亡命政府のロブサン・センゲ首相を招待したが、査証(ビザ)が発給されず参加できないと明らかにした。
続きを読む
記事検索
Free Mail Magazine
Contact
意見、感想、質問、ニュースなどお寄せください。Contactお送り先
最新記事
ギャラリー
  • 4/7〜4/8 ドキュメンタリー映画「ルンタ」上映会(神戸)
  • チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世、国会内で講演
  • 10/28(金)ドキュメンタリー映画「ルンタ」DVD発売
  • 映画 五体投地で進むチベット巡礼ロードムービー「ラサへの歩き方」7月公開
  • インドで亡命チベット人らが反中デモ、治安当局と衝突
  • ダライ・ラマ効果を払拭した英中「黄金」の朝貢外交
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
タグクラウド
J-CASTニュース
livedoor 天気
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ