ニュース チベット文化圏 News Tibetan Bunkaken

チベット、ネパール、モンゴル、ウイグル、中国、ネパール、インドなどの情報を集約 -- Tibet-Uyghur-South Mongol issues, China, Bhutan, Nepal, India and etc related human right, freedom and peace

チベット問題

チベットへの日本の支援訴え 亡命政府首相「行動を」

チベット亡命政府(インド北部)のロブサン・センゲ首相が20日、国会内で講演し、チベットへの日本の支援を訴えた。米政府は予算を組んで、インド、ネパールに住むチベット族を後押ししているとして「具体的に行動を起こしてくれると強く願っている」と述べた。
続きを読む

20日にチベット亡命政府首相講演 チベット議連

超党派の日本チベット国会議員連盟(下村博文会長)は20日、チベット亡命政府のロブサン・センゲ首相を招いて、国会内で会合を開く。センゲ氏は、中国・チベット自治区の人権状況などについて講演する。

 チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世、センゲ氏との対話を『チベット 自由への闘い』(PHP新書)にまとめたジャーナリストの櫻井よしこ氏も参加する。

 センゲ氏の同議連での講演は昨年2月以来。

産経 2018.2.14
http://www.sankei.com/politics/news/180214/plt1802140024-n1.html

中国に謝罪したベンツに皮肉と批判―仏メディア

2018年2月8日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、ダライ・ラマの言葉を引用したメルセデス・ベンツのSNS広告を削除して謝罪した独ダイムラーに対し、ドイツメディアや人権団体から批判の声が出ていると報じた。
続きを読む

記事タイトルベンツ広告にダライ・ラマの言葉 中国で批判、謝罪

独自動車大手ダイムラー傘下の高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」の宣伝広告にチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の言葉が引用されたことに中国内で反発が起き、ベンツの中国販売会社が謝罪に追い込まれた。一大市場である中国での批判に対応を余儀なくされたようだ。
続きを読む

ダライ・ラマ後継を議論へ 年末にもチベット高僧会議 中国の指名強行を警戒

 インド亡命中のチベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世(82)の後継者15世について、今年末にも同仏教各派の高僧がチベット亡命政府のあるインド北部ダラムサラに集まり、選出方法の議論を始める計画があることが分かった。近年体調を不安視する声があり、後継選びへの注目が高まっている。亡命政府のロブサン・センゲ首相が共同通信のインタビューで明らかにした。
続きを読む

ダライ・ラマ後継を議論へ 年末にもチベット高僧会議 中国の指名強行を警戒

 インド亡命中のチベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世(82)の後継者15世について、今年末にも同仏教各派の高僧がチベット亡命政府のあるインド北部ダラムサラに集まり、選出方法の議論を始める計画があることが分かった。近年体調を不安視する声があり、後継選びへの注目が高まっている。亡命政府のロブサン・センゲ首相が共同通信のインタビューで明らかにした。
続きを読む

“チベットや台湾を「国」扱い” 中国から修正と謝罪要求相次ぐ

中国に進出している外資系の企業が、ホームページなどで、チベット自治区や台湾を「国家」として扱う表示をしていたとして、中国当局から相次いで修正と謝罪を求められ、波紋が広がっています。

中国の航空当局は、「不可分の領土」だとするチベット自治区や台湾について、アメリカの大手航空会社、「デルタ航空」が、ホームページ上で「国家」として扱ったとして、12日、直ちに修正と謝罪を行うよう求めました。
続きを読む

中国、インドでチベット難民をスパイ勧誘 アプリ通じ報酬も提示

チベット亡命政府があるインドで、中国側がチベット難民に対してスパイ勧誘活動を行っていたことが5日、分かった。産経新聞の取材にインド政府高官が証言した。実際にスパイ活動が行われていたかは不明。世界各国で諜報活動を展開している中国が、自らの支配下から逃れたチベット難民をスパイ要員として籠絡している実態は波紋を広げそうだ。
続きを読む

チベット人男性が焼身自殺 152人目

 中国でチべット人の焼身自殺が再び起きた。台湾メディアによると、四川省アバ・チベット族チャン族自治州で男性がこのほど焼身自殺を図り死亡した。2009年以来152人目となる。
続きを読む

映像作家が米国到着 出所後も中国監視下に

 中国で国家政権転覆罪で服役し、出所後も監視下にあった映像作家のドンドゥプ・ワンチェンさん(43)が29日までに中国を出国し、亡命した妻子が暮らす米国に到着した。ドンドゥプさんを待つ家族のドキュメンタリーを撮影した映画監督、小川真利枝さん(34)=長野市=が、サンフランシスコ国際空港で立ち会った。
続きを読む

高須克弥氏 中国・チベット自治区の現状を報じないメディアに怒り爆発

17日放送の「そこまで言って委員会NP」(読売テレビ)で、高須クリニック院長の高須克弥氏が、中国・チベット自治区の現状を報じないマスメディアに強い怒りをあらわにした。

「年忘れキャラ祭り! 怒りのゴングショー!」と題し、高須氏が「中国に忖度して“チベット弾圧”を報じないマスメディア」に対する思いをぶちまけた。
続きを読む

チベット人女性のビデオ日記ドキュメンタリー「ラモツォの亡命ノート」公開

lhamotso


中国から亡命したチベット人女性のドキュメンタリー「ラモツォの亡命ノート」が、11月18日より東京・ポレポレ東中野にて公開される。

本作は、夫が政治犯として中国で逮捕され故郷に帰れなくなったラモツォが、アメリカ・サンフランシスコにたどり着くまでの6年間を捉えたドキュメント。読み書きのできない彼女がビデオカメラで撮りためた日記を中心に、歴史に翻弄されながら家族を養う姿が映し出される。YouTubeにて予告編も公開中だ。
続きを読む

ダライ・ラマの特使、中国雲南省を極秘訪問―仏メディア

2017年12月9日、仏RFIによると、チベット仏教の最高指導者でインドに亡命しているダライ・ラマ14世の特使が先月中旬、中国・雲南省を極秘訪問した。

特使として訪問したのは、チベット亡命政権のロブサン・テンジン元首相。専門家は、中国政府とダライ・ラマの関係に何らかの変化が生じる可能性もあるとしており、今後の状況改善に期待感を持たせるものだとの見方がある。

インドメディアも9日、ダライ・ラマ14世の側近でもあるロブサン・テンジン氏の訪中を報じている。

2017年12月10日 レコ−ドチャイナ
http://www.recordchina.co.jp/b228859-s0-c10.html

「高須平和賞」始動 300万円のメダルはノーベル賞より立派

高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、高須平和賞についてお話をうかがいました。

 * * *
──以前から設立を表明されていた「高須平和賞」についてお話を聞きたいと思います。メダルの金型が完成したんですよね?
続きを読む

中国、遊牧民の強制移住「ない」=チベット高原のフフシル、世界遺産登録で人権団体反発—米メディア

チベット高原のフフシルがユネスコの世界遺産リストに登録されたことを受け、中国当局が住民を強制移住させる可能性があるとして人権団体が反発していることについて、中国政府は「遊牧民を他の場所へ強制移住させたりはしていないし、今後もそうすることはない」と表明した。
続きを読む
記事検索
Free Mail Magazine
Contact
意見、感想、質問、ニュースなどお寄せください。Contactお送り先
最新記事
ギャラリー
  • チベット人女性のビデオ日記ドキュメンタリー「ラモツォの亡命ノート」公開
  • 夫は中国で政治犯 チベット族の亡命女性描いた映画が都内で公開
  • 4/7〜4/8 ドキュメンタリー映画「ルンタ」上映会(神戸)
  • チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世、国会内で講演
  • 10/28(金)ドキュメンタリー映画「ルンタ」DVD発売
  • 映画 五体投地で進むチベット巡礼ロードムービー「ラサへの歩き方」7月公開
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
タグクラウド
J-CASTニュース
livedoor 天気
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ