ニュース チベット文化圏 News Tibetan Bunkaken

チベット、ネパール、モンゴル、ウイグル、中国、ネパール、インドなどの情報を集約 -- Tibet-Uyghur-South Mongol issues, China, Bhutan, Nepal, India and etc related human right, freedom and peace

東南アジア

中国のインフラ投資に各国から非難 中でも親日国ラオスで悪化

各国へのインフラ投資や企業の海外進出など、世界にその存在感を見せつけている中国ですが、トラブルも絶えないようです。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では、著者で台湾出身の評論家・黄さんが先日ラオスで起きた中国人襲撃事件を取り上げ、なぜ中国の行く先々で反中感情が高まりを見せるのか、歴史を引きながら解説しています。
続きを読む

中越は「運命を共有」、習近平主席がベトナム特使に

[北京 1日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は、ベトナム共産党のグエン・フー・チョン書記長の特使として訪中したホアン・ビン・クアン中央対外部部長と会談し、両国は「運命を共有している」と述べた。
続きを読む

米ASEAN共同文書、南シナ海で中国けん制 航行の自由明記

米カリフォルニア州の保養地サニーランドで開かれていた米国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議が16日(日本時間17日)閉幕し、「航行および航空の自由」を明記した共同文書を採択した。南シナ海で海洋進出を進める中国をけん制する内容だ。ただ対中姿勢で割れるASEANは最後までまとまらず、直接の対中批判には踏み込まなかった。

2016/2/17 日経
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM17H1V_X10C16A2MM0000/

タイ、襲撃受け領事館閉鎖 ウイグル族送還めぐり

 タイ政府は10日、トルコ・イスタンブールにある領事館を一時閉鎖した。タイ外務省が明らかにした。中国から逃れてきたトルコ系のウイグル族約100人を、タイ政府が中国へ強制送還したことに抗議する集団に同領事館が襲撃されたことを受けた措置。
続きを読む

タイ ウイグル族を中国に強制送還

中国政府によって抑圧的な扱いを受けている少数民族、ウイグル族の人たちのうちタイで不法入国の疑いで拘束され、保護を求めていたおよそ100人についてタイ政府は、中国に強制送還したことを明らかにし、亡命したウイグル人の間で反発が広がっています。

中国の新疆ウイグル自治区ではここ数年、イスラム教を信仰するウイグル族の人たちが中国政府による民族政策などによって抑圧的な扱いを受けています。このため中国を脱出し、東南アジアを経由して民族的に近いトルコなどに逃れる動きが広がっています。
続きを読む

南シナ海、対決ムード再燃 ベトナムも国際司法に主張

南シナ海の領有権問題を巡り、フィリピンが国連海洋法条約に基づいて中国との仲裁を求めている常設仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)に対し、ベトナムも自国の主張を伝えた。正式な仲裁当事国ではないが、事実上国際司法に判断を求めた形だ。中国と越比両国は政治的に融和を演出してきたが、司法を舞台に対立が深まりそうだ。

南シナ海問題
■フィリピンに続き強く意見 中国は反発

続きを読む

インドがベトナムに海軍艦船を供給、南シナ海監視活動視野

インドのモディ首相は28日、同国訪問中のベトナムのズン首相と会談後、ベトナムに近く海軍艦船を供給すると表明した。ベトナムは中国と領有権を争う南シナ海の監視活動を強化する意向を示している。

両首脳はベトナム軍を近代化し、ベトナムのエネルギー部門へのインドの関与を高めることで合意した。
続きを読む

中国、岩礁埋め立てを活発化…建物にヤシの木も

  中国とフィリピンなどが領有権を争う南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島で、中国が複数の岩礁の埋め立てを活発に進めていることが28日、分かった。

 フィリピン軍がジョンソン南礁に加え、クアテロン礁、ガベン礁でも作業の着手を確認した。比軍は、中国が港や滑走路など軍事施設の建設を進め、実効支配を強めていると警戒している。
続きを読む

漁船拿捕の理由ただす 越外務省が中国に

 ベトナムの国営メディアによると、漁民6人が乗った同国の漁船が中国船に拿捕(だほ)された事件で、ベトナム外務省は6日、ハノイの中国大使館に拿捕の理由を明らかにするよう要求した。

 ベトナム漁船は僚船とともに6月28日に出航、ベトナム北部沖合のトンキン湾で今月3日に拿捕された。僚船からの連絡を受けた家族が地元当局に届けていた。

 両国は南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島付近での中国による石油掘削作業をめぐり対立、船同士の衝突が相次いでいる。トンキン湾でも6月6日にベトナム漁船が中国船に体当たりされ、ベトナム側の3人が負傷する事件が起きている。(共同)

2014.7.7 産経
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140707/asi14070701070001-n1.htm

中国、ベトナムの「反中史観」非難…反日棚上げ

南シナ海での中国の石油掘削に抗議してベトナムで起きた「反中暴動」について、習近平シージンピン政権は、ベトナムの「反中史観」を原因に挙げて非難する宣伝を行っている。

 中国で繰り返される「反日暴動」の背景には共産党政権の「反日教育」があるとされているだけに、北京の知識人の間には「ベトナムを批判する資格はないのでは」との声もある。
続きを読む

周辺国が懸念…米大統領、中国への警戒感表明

オバマ米大統領は、28日に行った陸軍士官学校の卒業式での演説で、中国について、「経済的な台頭や軍事的な拡大路線が、周辺国の懸念を招いている」と指摘した。

 さらに、「将来的には同盟国や米軍を巻き込むことになり得る」として、軍事力を背景とした中国の威圧的な行動に強い警戒感を示した。

 オバマ氏は「米国は国際法を通じて、南シナ海での紛争解決に取り組んでいる」とも語り、南シナ海の領有権争いは国際法に基づいて解決すべきだとの考えを強調した。

 ただ、オバマ政権が目指す国連海洋法条約の批准は、米議会の反対で実現しておらず、オバマ氏は米議会に早期承認を促した。

2014年05月29日 yomiuri
http://www.yomiuri.co.jp/world/20140529-OYT1T50072.html

中国、ベトナムからチャーター機で3千人を送還 艦船の派遣も決定 

 中国外務省は18日、反中デモが発生したベトナムから、中国企業で働いていた中国人ら約3千人を帰国させたと発表した。ベトナム人との衝突で中国人2人が死亡した中部ハティン省にはチャーター機を派遣し、襲撃されて負傷した中国人らを四川省成都市に送った。

 新華社電によると、交通運輸省は18日までにベトナム在住の中国人を帰国させるため、艦船5隻を現地に派遣することを決めた。最初の1隻は同日朝、海南省海口を出港した。

 ベトナムと隣接する中国広西チワン族自治区には、多数の中国人が自力で避難している。

2014.5.18 20 産経
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140518/chn14051820010007-n1.htm

ベトナムとの交流、当面停止=制裁拡大を警告−中国

【北京時事】中国外務省の洪磊・副報道局長は18日談話を発表し、ベトナムで発生した反中デモが暴徒化し、多数の中国人が死傷したことを受け、「中越間の交流・協力の雰囲気と条件が破壊された」として、両国間の一部交流計画を当面停止すると発表した。ベトナムへの渡航自粛も併せて即日実施する。

 洪副局長は「中国側は今後の情勢を見てさらなる措置を取ることを検討する」と警告しており、ベトナムへの制裁措置が拡大する可能性がある。
続きを読む

記事タイトル中国、ベトナムから自国民退避を加速 南シナ海での対立で

香港(CNN) 中国の国営新華社通信は18日、ベトナム内での反中デモの高まりを受け、これまで3000人以上のベトナム在住の中国人が同国外へ退避したと報じた。デモは、ベトナムが領有権を主張する南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島近くでの中国企業による石油掘削作業の着手が誘因となった。
続きを読む

ベトナムの中国人多数が一斉帰国 暴動受け避難、両国経済に影響

 【憑祥共同】南シナ海での中国による石油掘削作業に端を発した反中暴動がベトナム各地で発生したことを受け、ベトナムで働いている多数の中国人が避難のために一斉帰国し始めたことが16日、分かった。ベトナムに隣接する中国広西チワン族自治区の入国管理当局者が明らかにした。

 またベトナムにある多くの中国系企業が、工場を一時閉鎖して従業員を帰国させ始めたことも判明。中国とベトナムの関係悪化は、両国経済に多大な影響を与えることが確実となった。

 入管当局は帰国した正確な人数は把握していないが、同自治区憑祥市にある国境だけで1万人以上が帰国したとみられるという。

2014年5月16日 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014051601001801.html
記事検索
Free Mail Magazine
Contact
意見、感想、質問、ニュースなどお寄せください。Contactお送り先
最新記事
ギャラリー
  • 夫は中国で政治犯 チベット族の亡命女性描いた映画が都内で公開
  • 4/7〜4/8 ドキュメンタリー映画「ルンタ」上映会(神戸)
  • チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世、国会内で講演
  • 10/28(金)ドキュメンタリー映画「ルンタ」DVD発売
  • 映画 五体投地で進むチベット巡礼ロードムービー「ラサへの歩き方」7月公開
  • インドで亡命チベット人らが反中デモ、治安当局と衝突
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
タグクラウド
J-CASTニュース
livedoor 天気
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ