ニュース チベット文化圏 News Tibetan Bunkaken

チベット、ネパール、モンゴル、ウイグル、中国、ネパール、インドなどの情報を集約 -- Tibet-Uyghur-South Mongol issues, China, Bhutan, Nepal, India and etc related human right, freedom and peace

アメリカ

米国防長官「中国の行為、自らを孤立」

南シナ海問題、名指し批判 「航行の自由」作戦継続へ

カーター米国防長官は4日、シンガポールで開催中のアジア安全保障会議(英国際戦略研究所主催)で演説し、南シナ海問題について「中国の行為は自らを孤立させている」と名指しで批判し、米軍による「航行の自由」作戦を継続する方針を表明した。国際秩序に基づく解決を訴えた昨年の演説から、さらに圧力を強めた形だ。
続きを読む

中国人は「謝罪なきオバマ広島訪問」をどう受け止めたか?

オバマ米大統領が27日、被爆地の広島を訪れ、17分にわたる演説で核廃絶を訴えた。オバマ大統領の広島訪問は中国でも多くの国民が注視したが、中国ではこの訪問がどのように伝えられたのだろうか。

 中国のメディアが一貫して注目していたのは、原爆投下に対するオバマ大統領の「謝罪の有無」だった。

 中国では日本以上に「謝罪の有無」に拘泥した。もし仮にオバマ大統領が謝罪をすれば、中国も日中戦争時の暴力行為に対し、繰り返し日本に「謝罪」を求めることができるからだろう。
続きを読む

中国軍部を抑えきれない習近平に米国激怒。オバマが次に放つ一手とは

対外的に強硬姿勢をとる軍部と、融和姿勢の政府。中国ではこの両者を統制するために、習近平氏への権力の集中が必要とのことですが、その独裁体制の確立が危ぶまれる状況にある、と語るのはメルマガ『国際戦略コラム有料版』の著者・津田慶治さん。津田さんは、その原因となる行動を起こしたある人物の「実名」を挙げるとともに、中国の政治的なもろさにより引き起こされる経済的なリスクが全世界に及ぼす影響、そして統制がとれなくなった軍部に周辺国はどう対応すべきかについて論じています。
続きを読む

チベットに初のKFC=海抜3700メートル−中国

新華社電によると、中国チベット自治区ラサに8日、ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が欧米系ファストフード大手としては初めて出店した。伝統を重んじてきたチベット仏教の地にも、食生活の欧米化の波が押し寄せている。
 ラサは海抜約3700メートルの高所にあり、富士山の山頂に匹敵する。中国沿岸部に比べ経済発展が大きく遅れているが、食事やファッションなど、生活スタイルに変化が生じている。

2016/03/09 時事通信
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201603/2016030900659&g=int

機密情報握る「キツネ」追う 米に流出、恐れる中国

 米中両政府が9月末の首脳会談を前に、ある男性の身柄をめぐって水面下で駆け引きを繰り広げていた。中国共産党を揺るがしかねない機密の流出を恐れ、中国は「協力」を求めたが、米国は拒否。この男性からもたらされた情報の分析を始めているとみられる。
続きを読む

オバマ氏、ついに怒る 夕食会で一変した対中戦略 (風見鶏)

 世界の指導者は2つのタイプに分かれる。どんな相手とも「話せば分かる」と信じる人と、その逆だ。前者の典型は、オバマ米大統領である。

 彼に接したことがある政府高官らは「オバマ氏は軍を動かすのをいやがる」と語る。なぜなら、たいていの問題は、話せば何とかなると思っているからだ。

 そんな彼がついに怒りを爆発させ、対話に見切りをつけたという。9月24日、ワシントンにやってきた習近平中国国家主席との夕食でのこ…続く


2015/10/25 日本経済新聞

ダライ・ラマ法王との対話を――オバマ大統領が習近平中国国家主席に要請

チベット人たちの活動とチベット亡命政権による中道アプローチの機運の高まる中、バラク・オバマ米国大統領が昨日、米国を初めて公式訪問中の習近平中国国家主席に対し、ダライ・ラマ法王もしくはその代理人との対話に臨むよう要請した。
続きを読む

オバマ大統領、「中国が国際ルールに反すれば韓国が声を出さないと」

「いくつかの国が、体が大きいからと国際ルールを弱体化させ、利益を得るなら、誰のためにもならない。韓国にとってもだ」
米国のオバマ大統領は韓米首脳会談で、韓国に対して中国の国際法遵守を求めなければならないと要請した。オバマ大統領は16日(現地時間)、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領との共同記者会見で、「私が朴大統領にも話したように、今日も再び強調したい点は、中国は国際ルールを遵守しなければならず、これに失敗する場合、韓国が声を出さなければならないということだ」と述べた。首脳会談で朴大統領に中国の国際法遵守に圧力をかけるよう要請したのに続き、記者会見で再度強調したのだ。2国間会談で第3国の問題を取り上げないことは外交慣例だ。特に、記者会見のような公の場でこのような発言をすることは異例の圧力と解釈される。
続きを読む

米国公式訪問で引き出された 習近平政治の意外な素顔

習首席の米国訪問から見えた
「巨人」を巡る光と影


米国というプレイヤーは、私たちの中国理解にとって、時に“引き出し役”を担ってくれる。ワシントンDCで習近平訪米を眺めながら感じた「中国政治の課題」とは?……
 9月22日〜25日、習近平中国国家主席が自身初となる米国への公式訪問を実行した。本連載では2014年11月、バラク・オバマ米大統領が中国を公式訪問した際の模様を扱ったことがあったが(習近平とオバマは中南海で何を語っていたのか 3つのシーンから検証する中国民主化の行方)、今回もフォーカス・オンしてみたい。
続きを読む

習主席の演説会場周辺でチベット族抗議活動

 国賓として初めてアメリカを訪問している中国の習近平国家主席は22日、最初の訪問地であるシアトルで経済界の幹部を前に演説し、「中国経済は健全に成長している」と強調した。  

22日にシアトルに到着した習主席は、その晩、米中両国の大手企業トップらも参加する夕食会で演説、株価の急激な下落など経済成長の鈍化が懸念される中国経済の先行きについて自信を示した。  
続きを読む

オバマ氏、NY訪問で中国企業買収の高級ホテル使わず

(CNN) 米ホワイトハウスのアーネスト報道官は11日、オバマ大統領や随行団が来月、国連総会出席のためニューヨーク市を訪れた際、これまでの定宿だった高級ホテル「ウォルドルフ・アストリア」を使わないと発表続きを読む

中国が「砂の万里の長城」、米軍に広がる危機感

「しゅんせつ船とブルドーザーを使い、『砂の万里の長城』を築いている」。米軍の有力幹部があからさまな中国批判を繰り広げ、話題を呼んでいる。発言の主は、アジア太平洋を管轄するハリー・ハリス米太平洋艦隊司令官だ。

 ハリス氏が問題視しているのは、中国がここ数カ月、猛烈な勢いで進めている南シナ海の岩礁などの埋め立てだ。中国は東南アジアの国々と領有権を争っている島や岩礁のうち、支配している7カ所で、「前例のない規模」(ハリス氏)の埋め立て工事を進めている。

 日米の軍事専門家によると、「中国は南シナ海に複数の人工島をつくり、軍事拠点を築こうとしている」。

 ハリス氏はこの工事について「深刻な疑念を引き起こしている」と非難。2002年に、中国が東南アジア諸国連合(ASEAN)と交わした南シナ海の「行動宣言」にも、反していると批判した。
続きを読む

オバマ米大統領:「イスラム国」は死のカルト 「信仰裏切り」と批判

オバマ米大統領は5日、ワシントンで講演し、宗教を悪用して残虐行為が行われる事例が世界各地にあることに懸念を表明した。特にイスラム過激派組織「イスラム国」(IS)を「暴力的で邪悪な死のカルト」で「言語に絶する蛮行」を行っていると酷評した。
続きを読む

ペンシルベニア州立大も中国政府の「孔子学院」との提携打ち切り

ペンシルベニア州立大学は、中国政府が世界各地の教育機関に設置している学術機関「孔子学院」との提携を打ち切ると発表した。米国の主要な研究大学が提携中止を発表するのは、この1週間でシカゴ大学に続いて2校目となる。

 今回の措置は、孔子学院の雇用慣習や、中国史の負の側面を認めようとしない態度に対して大学で不満が高まっていることを示唆する。
続きを読む

中国、F35の情報窃取か 米国など開発、自衛隊の次期主力機

  19日付のオーストラリアのシドニー・モーニング・ヘラルド紙は、米国などが開発中で、航空自衛隊が次期主力機として導入を決めた最新鋭ステルス戦闘機F35の設計などの機密情報が、中国のサイバースパイに窃取されたと報じた。オーストラリア政府が米側から説明を受けたという。

 専門家は、中国の次世代ステルス戦闘機「殲31」と「殲20」は、窃取した情報に影響を受けたと推定。事実であれば、米国と日本、オーストラリアなど同盟国の空軍力の優位が損なわれた恐れがあると警告している。

北海道新聞 2015/01/19
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/586835.html
記事検索
Free Mail Magazine
Contact
意見、感想、質問、ニュースなどお寄せください。Contactお送り先
最新記事
ギャラリー
  • 4/7〜4/8 ドキュメンタリー映画「ルンタ」上映会(神戸)
  • チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世、国会内で講演
  • 10/28(金)ドキュメンタリー映画「ルンタ」DVD発売
  • 映画 五体投地で進むチベット巡礼ロードムービー「ラサへの歩き方」7月公開
  • インドで亡命チベット人らが反中デモ、治安当局と衝突
  • ダライ・ラマ効果を払拭した英中「黄金」の朝貢外交
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
タグクラウド
J-CASTニュース
livedoor 天気
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ