ニュース チベット文化圏 News Tibetan Bunkaken

チベット、ネパール、モンゴル、ウイグル、中国、ネパール、インドなどの情報を集約 -- Tibet-Uyghur-South Mongol issues, China, Bhutan, Nepal, India and etc related human right, freedom and peace

モンゴル情報

ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカード

<チベット仏教文化の中国への浸透が、習近平の一党独裁体制を脅かす>

 モンゴル駐インド大使が最近、インド外務省に書簡を送ったという。中国の習近平(シー・チンピン)政権によるモンゴルへの制裁を解除するよう、モディ首相から働き掛けてほしいとの内容らしい。

 事の発端は16年11月末に実現したチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世(81)のモンゴル訪問。5年ぶり、9度目の訪問だった。中国外務省の報道官は「ダライ・ラマは法衣をまとったオオカミで分離独立分子」と口汚く批判。さらにモンゴルから輸入する鉱物に高関税を課し、決まっていた元借款を凍結するなど厳しい制裁を発動した。
続きを読む

白鵬に太刀が似合う理由 モンゴル−チベット−日本をつなぐ過去

 明治の断髪令から140年以上たっているのに、大相撲の力士たちはいまだ頭に髷(まげ)を乗せている。土俵の上では、仕切りの型を繰り返して闘志をかき立て、呼吸が合った瞬間に砂を蹴る。まわし一本の彼らを見るたびに、「動」の前の「静」を重んじる日本の美学を感じるのだ。

 ところが、年明けに始まる初場所の両国国技館は、2階席から見下ろす外国人力士ばかりの優勝掲額32枚に出合う。しかも、大鵬と並ぶ32回優勝の大記録を打ち立てた白鵬には、手に日本刀を構えた威風堂々の姿がよく似合う。いまや大相撲のモンゴル系力士は、白鵬はじめ日馬富士、鶴竜の3横綱のほか、逸ノ城という若き怪物も台頭してきた。なぜ、日本の相撲界にこれほど多くのモンゴル人関取がいるのだろう。
続きを読む

ダライ・ラマのモンゴル訪問中止 中国が圧力かける

 チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が8月に予定していたモンゴル訪問が、14世を「チベット独立派」として敵視する中国政府からモンゴル政府への圧力で中止に追い込まれていたことが19日までに、複数のチベット仏教関係者の証言で明らかになった。

 習近平国家主席が21〜22日、モンゴルを訪問し、エルベグドルジ大統領との会談を予定しており、中国側は対中依存を強めるモンゴルに“手土産”とする経済支援をてこに14世の訪問中止を迫ったとみられる。

 モンゴルで14世は絶大な人気があり、11年11月までに通算8回訪れているが、中国の圧力で訪問が中止になったのは初めて。

2014/08/20 共同通信
http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014081901001763.html

中国とモンゴルが「全面的戦略」関係に、経済協力深化で合意

[ウランバートル/北京 21日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は21日、2日間の日程でモンゴル訪問を開始した。両国は二国間関係を「全面的戦略パートナーシップ」に引き上げる共同宣言に署名。また、経済、エネルギー、鉱業、金融といった分野で一段と協力を深めることで合意した。

中国主席がモンゴルを訪問するのは11年ぶり。コモディティ(商品)価格の下落や海外からの投資の減少に見舞われているモンゴルにとっては、主要貿易相手である中国の主席来訪への期待が高まっている。
続きを読む

中国第3の火薬庫、内モンゴル

 砂漠の植林ボランティアの同行取材で内モンゴル自治区に行ったのは、今から18年前の1992年春だった。天安門事件から2年、今はまばゆいばかりのイルミネーションで輝く北京のメーンストリート長安街が、夜になるとほとんど真っ暗になる時代だ。北京から500キロ離れた内モンゴルは、自治区内を代表する重工業都市だった包頭市もまだ建設ラッシュが始まったところで、トヨタ・ランドクルーザーに乗り、砂のうねりを乗り越えてたどり着いた植林地点はまさに「月の砂漠」だった。砂の山脈の間に沈む真っ赤な太陽の鮮やかさを、今もはっきりと覚えている。

 92年当時の内モンゴルのGDPは421億人民元で、当時全国に30あった省・自治区・直轄市の22位でしかなかった。それが2008年になると、GDPは92年の約20倍の7761億人民元に激増。もちろん中国全体の経済規模も大きくなっているのだが、内モンゴルのそれは中国全体の成長スピードを大きく上回っており、00年から09年の成長率は9年連続全国1位で平均18・7%に達した。
続きを読む

中国はモンゴルに何をしたか

中国はモンゴルに何をしたか
静岡大学教授・楊海英

WILL 2014年2月号より抜粋

◆犠牲者は三十万人

モンゴルに関して、ここにとてもショッキングな数字があります。大量虐殺のデータです。

 一九六六年、中国で文化大革命が勃発した時、内モンゴル自治区には百五十万人弱のモンゴル人が住み、一方、長城の南から侵略してきた中国人はその九倍にも達していました。そして、そんな自らの故郷において少数民族になっていたモンゴル人たちは、全員が中国共産党による粛清の対象となり、結果、一九七六年までの十年間に三十四万六千人のモンゴル人が逮捕され、十二万人が身体障害者になって、二万七千九百人が殺害されました。
 ただし、これは中国政府が公式に発表した数です。私は少なくとも十万人が殺害されたと見ています。私だけでなく英米の社会学者、複数の人が複数の地域でサンプリング調査していくと、やはり十万人の殺害という数字になってしまうのです。

 これに「遅れた死」、つまり逮捕されて拷問を受け、何とか家に帰れたものの、のちに亡くなった人を加えると、文化大革命によるモンゴル人の犠牲者は、およそ三十万人に達すると言われています。

 これはとても大きな数字です。先ほど申し上げたように、当時の人目は百五十万人弱ですから、ひとつの家庭から一人が捕まり、十五人に一人が殺害され、「遅れた死」を含めると五人に一人が亡くなったことになります。これら中国に暮らすモンゴル族全体が受難していた凄惨な歴史

を、私たち研究者および当事者たちは、中国共産党政府と中国人が一体となって進めたジェノサイド(大量虐殺・民族浄化)だと理解しています。

>>>全文

Depot3(でぃぽ)

モンゴルで遊牧民の巨大碑文発見 「我が土地よ、ああ」

 8世紀中ごろのトルコ系遊牧民族「突厥(とっけつ)」の巨大な碑文をモンゴル東部の草原で発見した、と大阪大大学院の大澤孝教授(古代トルコ史)が16日発表した。中国の隋・唐の各帝国と時に対立し、時に結びながら中央アジアを支配した突厥の国家体制や制度を解明する貴重な史料となりそうだ。

 大澤教授とモンゴル科学アカデミー考古学研究所は5月、ウランバートルの南東約400キロにあるデレゲルハーン山近郊のドンゴイン・シレーと呼ばれる遺跡で、それぞれ全長約4メートルと約3メートルの碑文の残片を発見した。計20行、2832文字の古代トルコ文字(突厥文字)が刻まれ、解読の結果、「我が家よ、ああ」「我が土地よ、ああ」など、死者が家族や故郷との別れを惜しむ文面だった。刻まれた部族の紋章から、突厥第2帝国(682〜744年)の王家、アシナ氏の一員の墓碑とみられる。

朝日 2013年7月17日
http://www.asahi.com/culture/update/0716/OSK201307160137.html

モンゴルの学生ら二戸訪れ交流深める

東日本大震災を受けて外務省が青少年交流事業として行っている「キズナ強化プロジェクト」で、モンゴルの大学生や高校生ら75人が18〜21日、二戸市などを訪れた。訪問団一行は、三陸鉄道に乗車して被災地の現状を確かめた他、市民とナニャトヤラを共演するなど交流を深めた。

デーリー東北 2012/11/24
http://cgi.daily-tohoku.co.jp/cgi-bin/news/2012/11/24/new1211241401.htm

モンゴルのマンホールチルドレン 支援に感謝 8日から都内でコンサート

 モンゴルの孤児院の子どもたちによるコンサートが八日から、東京都内などで開催される。孤児院を支援する日本の非政府組織(NGO)「ユイマール」が招いた。親と離ればなれになり、劣悪な環境での生活を強いられていた子どもたちは、日本の支援者に感謝の気持ちを込めてステージに立つ。 (中山高志)
続きを読む

中国、失脚した薄熙来氏の後任に吉林省トップ起用の見通し=関係筋

今月8日から開催される第18回中国共産党大会で、重慶市の元トップで失脚した薄熙来氏の後任に、孫政才・吉林省党委員会書記が起用される見通しであることが2日、関係筋の話で明らかになった。

 輸出産業が集積し経済的に重要な広東省のトップには、胡春華・内モンゴル(内蒙古)自治区党委員会書記が起用される見通し。
続きを読む

内モンゴルの黄河水利事業、年内にダムの貯水条件整う―中国

2年前に着工した同プロジェクトは、流氷で川がふさがるのを防ぐ工事や、ダム、発電所建設などを同時に行う総合プロジェクト。ダムは年内に貯水条件を備える見通しだ。2013年には発電プラントの1基目が稼働し、2014年にすべての工事が完了する。
続きを読む

モンゴル孤児支援ケーキ、仏女性続け12年

岸和田在住歴29年のフランス人女性が手作りのケーキをふるまうサロンが人気だ。モンゴルの孤児院の子どもたちを支援するために2カ月に1回続けて12年になる。ケーキの味と女性の人柄にひかれ、和歌山からもファンがやってくる。

朝日 2012年10月21日
http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000001210220003

モンゴル首都、最後のレーニン像を撤去

モンゴルの首都ウランバートル(Ulan Bator)で14日、ロシア革命の指導者、ウラジーミル・レーニン(Vladimir Lenin)の市内最後のブロンズ像が撤去された。

2012年9月29日 南モンゴルデモ行進と中国大使館抗議

2012年9月29日、東京新宿駅周辺で行われた南モンゴルデモ行進と、その後に六本木で行われた中国大使館抗議の動画です。

中国共産党の63年にも及ぶ弾圧・虐殺に抗議する 南モンゴルデモ行進



http://www.lupm.org/japanese/pages/120912j.htm

中国政府に投獄・拷問されたハダ氏、ホーチンフ女史を救え!

1.中国政府の南モンゴル人に対する長期的殺戮に抗議する。
続きを読む

『中国共産党の63年にも及ぶ弾圧・虐殺に抗議する南モンゴルデモ行進』声明・メッセージと動画 : モンゴル自由連盟党

中華人民共和国人民代表大会、
中国政治協商会
中国政府及び胡錦濤、温家宝

 中華人民共和国の南モンゴル占領から63年。日本及び他の国々に居住する南モンゴル人一同、中国による南モンゴルでの人権弾圧、そして環境や伝統文化を破壊した残虐な行為に対して強く抗議します。
 中国共産党による六十数年の植民支配の間、政府の打ち出したあらゆる「政策」により、モンゴル人の土地や資源は漢人達に奪われ、モンゴル人学校は廃校され、道徳や価値観、伝統文化は極めて大きな損害を受けました。政府のあらゆる「政策」はモンゴル人の権利を無視し、環境保全に配慮せず、モンゴル草原の砂漠化を進行させました。中国政府の違法な支配によりモンゴル人の子供は漢化され、民族浄化が進められています。我らの先達であるハダ氏とその家族、そしてホーチンフ先生は違法に逮捕されました。それ以来、残虐きわまる暴力に晒されてきました。これを見てモンゴル人は黙るべきではありません。


続きを読む
記事検索
Free Mail Magazine
Contact
意見、感想、質問、ニュースなどお寄せください。Contactお送り先
最新記事
ギャラリー
  • 4/7〜4/8 ドキュメンタリー映画「ルンタ」上映会(神戸)
  • チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世、国会内で講演
  • 10/28(金)ドキュメンタリー映画「ルンタ」DVD発売
  • 映画 五体投地で進むチベット巡礼ロードムービー「ラサへの歩き方」7月公開
  • インドで亡命チベット人らが反中デモ、治安当局と衝突
  • ダライ・ラマ効果を払拭した英中「黄金」の朝貢外交
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
タグクラウド
J-CASTニュース
livedoor 天気
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ