ニュース チベット文化圏 News Tibetan Bunkaken

チベット、ネパール、モンゴル、ウイグル、中国、ネパール、インドなどの情報を集約 -- Tibet-Uyghur-South Mongol issues, China, Bhutan, Nepal, India and etc related human right, freedom and peace

チベット国内情報

中国 チベット族地域を外国メディアに公開

中国政府はふだんは取材を厳しく規制している少数民族のチベット族が暮らす地域を外国のメディアに公開し、地域の発展ぶりをアピールすることで、チベット族に抑圧的な政策を採っているという国際社会の批判をかわそうという思惑があるとみられます。
続きを読む

チベットに初のKFC=海抜3700メートル−中国

新華社電によると、中国チベット自治区ラサに8日、ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が欧米系ファストフード大手としては初めて出店した。伝統を重んじてきたチベット仏教の地にも、食生活の欧米化の波が押し寄せている。
 ラサは海抜約3700メートルの高所にあり、富士山の山頂に匹敵する。中国沿岸部に比べ経済発展が大きく遅れているが、食事やファッションなど、生活スタイルに変化が生じている。

2016/03/09 時事通信
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201603/2016030900659&g=int

【写真特集】抑圧と発展の20年、変わりゆくチベット

【写真特集】抑圧と発展の20年、変わりゆくチベット
TIBETAN TRANSFORMATION
漢民族による経済開発が進む中で、多くのチベット人が社会の隅に追いやられると感じている

2016年1月4日
Photographs by Q.SAKAMAKI
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/01/20-8.php

中国がチベットのブラマプトラ川で最大級ダムを稼働

中国は火曜、ブラマプトラ川に建設されたチベットでは最大規模で費用15億米ドルのザンム水力発電所を稼働した。これを受けてインドでは水資源への影響が懸念されている。

この発電所の6基すべてを火曜に稼働したことを、中国中部の湖北省の首都武漢市に本社を置く中国ゲゾウバ公社が国営新華社通信に伝えた。
続きを読む

弾圧抗議で焼身自殺のチベット族に「勝手に死ね」…中国がダライ・ラマ14世の80歳誕生日で厳重警戒

チベットの精神的指導者、ダライ・ラマ14世が7月6日、80歳の誕生日を迎えた。中国当局は禁足令を出すなどこの日に向けて警戒を強化したが、チベット族は各地で14世の傘寿を祝ったという。一方、弾圧に抗議して焼身自殺したチベット族が約140人に達する中、当局は「勝手に死ねば良い」と言い放つなど、人命軽視の共産主義体質をあからさまにしている。

誕生日祝福のメッセージ広めただけで逮捕

 ダライ・ラマ14世の誕生日にあわせ、亡命チベット人政府があるインド・ダラムサラでは6月21、22日、盛大なセレモニーが繰り広げられた。14世はその後、米国を訪れ、各地で誕生日を祝う行事に招かれた。
続きを読む

中国チベットでも甚大被害 倒壊1200戸、被災者20万人

中国国営新華社通信によると、ネパール中部を震源とする大地震で、同国との国境に近いチベット自治区シガツェ地区で27日までに、少なくとも20人が死亡、4人が行方不明となっている。シガツェ地区では政府主導の鉱山開発による環境破壊でチベット族住民の不満がくすぶっており、ネパールに緊急援助隊を派遣した中国政府は、国内でも迅速かつ手厚い救援活動を迫られている。
続きを読む

ネパールの地震 チベットでの死者18人に

ネパールで起きた地震で、隣接する中国にも被害が出ています。

中国国営の新華社通信は、中国のチベット自治区では住宅が崩れるなどして、これまでに18人が死亡し55人がけがをしたほか、4人の行方が分からなくなっていると伝えています。
続きを読む

チベットでの死者17人に 中国、援助隊を派遣

 中国国営新華社通信によると、ネパールの大地震で国境を接する中国チベット自治区では26日までに17人が死亡、53人が負傷し1万2千人が避難した。

 一方、中国政府はネパール政府の要請に応じ、62人からなる緊急援助隊を26日ネパールに派遣した。隊員は医療要員や地震専門家で構成されている。(共同)

2015.4.26  産経
http://www.sankei.com/world/news/150426/wor1504260027-n1.html

4万人の僧侶が暮らすチベット、奇跡の絶景「ラルン・ガル・ゴンパ」

中国、四川省カンゼ・チベット族自治州北東部にある色達県には、ニンマ派の最大級の僧院「ラルン・ガル・ゴンパ」がある。僧院の周りには4万人もの僧侶たちが暮らす家々があり、谷が一面赤い屋根で埋め尽くされるその景色はまさに絶景だ。
続きを読む

中国 チベット族の結婚写真が話題に

31歳のチベット族の格絨彭さんは、彼と新妻の達瓦卓瑪さんとの結婚写真がわずか3日間で微信(ウィーチャット)朋友圏(モーメンツ)で話題になるとは思ってもみなかった。写真を投稿してから4時間以内にこの結婚写真を含むページは10万回クリックされ、微信、ホームページ、携帯アプリ上のメディアなどが争って転載した。

このチベット族の「80後(1980年代生まれ)」の結婚写真は、2人が美男美女だったことだけでなく、この2人のチベット族の若者による都会の生活と高原の遊牧生活という全く異なる生活のシーンが写し出されたことで人々の関心を引いた。高原の河谷や都会のビルを背景に、一方ではマニ車、ヤクやトーチカ風家屋、もう一方では遊園地、カフェ、スポーツカーが写っている。また、伝統的な民族衣装を着ているときは、独特の生活習慣を持つチベット族を代表し、Tシャツを着てサングラスをかければ、一瞬にしてモデルのような美男美女になる。

2015年04月10日 新華
http://www.xinhuaxia.jp/social/66545

中国・甘粛省 ラプラン寺のタンカ御開帳

3月3日は旧暦の正月13日に当たり、甘粛省に位置する「世界のチベット仏教の学府」と呼ばれるラプラン寺では大タンカ(仏画)の御開帳が催され、数万人のチベット族住民が集まった。毎年の旧歴正月13日に開かれるタンカの御開帳は現地の年中行事の中で最も盛大な宗教の祭りである。

1709年に建てられたラプラン寺は中国の有名なチベット仏教ゲルク派の6大寺院の一つで、全国で最も優れたチベット仏教教育システムを備えている。

2015年03月04日 新華社
http://www.xinhuaxia.jp/social/63027

チベットが世界初!世界一! 

年末の締めくくりにちょうど良さそうな記事を見つけたのでそれを紹介する。

いつもの暗めの記事ではなく、世界でこれを始めたのはチベットが最初!とかチベットのこれは世界一!というリストである。チベット人は6百万人ほどしかいないが、驚くべきこと、誇って良いこと(慈悲の文化だけでなく)をこれまでにいくつも成し遂げているのである。


続きを読む

チベット:観光客数1500万人突破

 2015年1月6日、中国チベット自治区観光局が、2014年の観光統計データを公開した。

 報告によると、チベット自治区2014年の観光客数は、2013年と比較して20%増加し、1500万人(回)を突破した。

 また、ラサ市業務会議における発表によると、ラサ市2014年の観光客数は925万7400人。観光収入は、111億6700万元(約2134億3700万円)に達したとのこと。

 チベットは2015年、同自治区の観光客数を、1700万人にまで引き上げる目標を示している。

済龍 China Press 2015/1/7
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150107-00010002-cnpress-nb

世界で一番「民度」が高いのはチベット人–日本人が失った、気高き精神性の正体とは?

中国共産党から50年以上も弾圧を受け続けているチベット民族。長きにわたる国難を耐え忍ぶチベット人から見えてきたのは、彼らが持つ高度な精神文化でした。現地を足掛け15年間撮り続けた映画監督、故・岩佐寿弥氏が語ります。(TEDxSeeds 2012より)

【スピーカー】
ドキュメンタリー映画監督 岩佐寿弥 氏(故人)

【動画もぜひご覧ください!】
Hisaya Iwasa [岩佐 寿弥] at TEDxSeeds 2012

チベットと日本、共通点は「国破れて山河あり」

岩佐寿弥氏(以下、岩佐):岩佐と申します。立って話せるんですけど、突然座って喋りたくなりました。椅子を用意していただきましたので、座って話させていただきます。


始めにですね、この、老いた一介の映画人が、どうしてチベットと長い関わりをもったか、ということから始めたいと思います。
続きを読む

中国中央調査チーム「チベットの反分裂闘争は厳しい状態。政治立場ぐらつく幹部もいる」

 中国共産党紀律委員会は3日、同委が組織した中央第四巡視組(中央調査第4チーム)がチベット自治区の状況を調査した結果を明らかにした。チベット自治区では「反分裂闘争の情勢が依然として厳しい」、「少数だが、政治上の立場がしっかりしていない党員幹部がいる」などとした。腐敗問題も存在するという。

 「反分裂闘争」とは、チベット独立運動の押さえ込みを指すが、中国当局は「独立までを求めていないが、現在の統治の状況を批判/反対する」立場の人々も「独立を目指している」として取り締まりの対象にすることがある。
続きを読む
記事検索
Free Mail Magazine
Contact
意見、感想、質問、ニュースなどお寄せください。Contactお送り先
最新記事
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 中国とインドの国境で「資源紛争」の危機が高まる
  • チベット人女性のビデオ日記ドキュメンタリー「ラモツォの亡命ノート」公開
  • 夫は中国で政治犯 チベット族の亡命女性描いた映画が都内で公開
  • 4/7〜4/8 ドキュメンタリー映画「ルンタ」上映会(神戸)
  • チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世、国会内で講演
  • 10/28(金)ドキュメンタリー映画「ルンタ」DVD発売
livedoor プロフィール

info_tibet

QRコード
QRコード
タグクラウド
J-CASTニュース
livedoor 天気
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ