中国西部のチベットにある自治区で、区都くとはラサです。1965年に成立しました。

 チベットの人たちは古くからチベット仏教を信仰し、独自の文化を築いてきました。1600年代から、チベット仏教の最高責任者ダライ・ラマが治ていました。1959年、支配を強つよめる中国にいし、人々が反乱を起こしました。しかし中国軍が制圧しました。ダライ・ラマ14世はインドに逃がれ、亡命政府をうち立てました。その後も度々、暴動や抗議行動が起こっています。

毎日小学生新聞 2017年5月17日
https://mainichi.jp/articles/20170517/kei/00s/00s/006000c