レディー・ガガが26日、ダライ・ラマ14世と慈悲心や瞑想などについて20分ほど対談した。米インディアナポリスで開催された全米市長会議で、ガガはソーシャルメディアに寄せられた質問をダライ・ラマに投げかけ、その様子がフェイスブックでライブ中継された。
ダライ・ラマが自身について「私はたくさんの経験をしてきた81歳の人間です。私の経験はあなたの経験よりも大きなものでしょう」と言い、30歳のガガは「きっと知らないでしょうけど、実は私はあなたよりもずっと歳をとっているのです」と答えてダライ・ラマを笑わせる一幕も。そして、悪への対抗の仕方など、深い話にまでおよんだ。

ガガが「私たちはどのグループが問題を起こしているかを見定めようと忙しいですし、悪が優位に立っています。私たちはその見方を変えなければなりません」「彼らを教育する必要があるでしょう。そして私たちは彼らに対し優しく接する力を持ち合わせています」と主張すると、ダライ・ラマは「私たちは社交性のある生き物ですから、個々の将来はそのコミュニティにかかっているといえます」と発言。「いったん悲劇的なことが起こったら、それを避けてはいけません。それをもっと深く、広く見つめるのです。広い視点から見れば、そこにはたくさんの肯定的で幸せなことがあります。距離の近いところで見ると、耐えられなく見えるのです。ですが、広く見れば、他の肯定的なところをそこに見いだせるのです」と続けた。

2016/06/28 http://news.mynavi.jp/
http://news.mynavi.jp/news/2016/06/28/347/