先日ロシアで開かれた首脳会談において、「手応えを感じた」という安倍総理。これまで修復不可能とも言われていた日ロ関係が急速に改善されたのにはハッキリとした訳があると、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは分析しています。
プーチン年内訪日決定?〜迎える際のポイント
安倍総理が6日、ロシアのソチでプーチンと会談した件。ロシア側は、かなり喜んでいるようです。その後も、何度も何度もメディアで報じられています。日本政府のアプローチが変わったことが原因です。

いままで日本政府高官は、ロシア政府の高官に会うと、開口一番、「島返せこら!」と言っていた。4島返還は、ロシアにとって、まったく「大損」な話。「経済制裁」「原油価格暴落」「ルーブル暴落」でとても苦しい。それなのに日本人は会うたび会うたび、「大損な話」しかしない。それでロシア政府もうんざりし、副首相が、「日本人はハラキリしておとなしくしてろ!」とブチ切れるほど、両国関係は悪化していた。

ところが今回の安倍総理は違い、ロシアが望む経済協力を前面に出した。ロシア側も、「お! 今回日本は違う感じだぞ!」と歓喜したのです。

テレビ・ツェントルの保守系政治分析番組「ポストスクリプトン」を観ていると、「ロシアは、ドイツのメルケル首相に、西側諸国との和解仲介を期待したが、メルケルはアメリカに従属する道を選んだ。これからは、安倍がロシアと西側諸国の仲介役になりそうだ」と絶賛していました。

そして、「プーチン年内訪日決定」という情報も出てきています。

>>>全文

hmag2  2016年5月20日