チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世のチベット帰還や信教の自由を求めるチベット人の焼身自殺者は2009年2月から昨年4月までの約6年間で143人にも及んでいる。チベット亡命政権の政治的最高指導者、ロブサン・センゲ首相は本誌のインタビューで、中国内では昨年4月以来、新たな自殺者は出ていないと説明。その代わりに「一人デモ」が相次いでいるという。しかし、そもそもなぜチベット人は焼身自殺という手を取らざるを得なかったのか。ジャーナリストの相馬勝氏がレポートする。
 * * *
 1985年から亡命政府の専属建築家としてインド・ダラムサラに住み、チベット問題専門のニュースサイト「チベットNOW@ルンタ」で、中国内のチベット人の状況を詳細に伝えている中原一博氏はその著『チベットの焼身抗議 太陽を取り戻すために』(集広舎刊)のなかで、次のように書いている。

「焼身は自殺の中でも最も激しい苦痛を伴うものと言われている。体液は沸騰し、眼球は膨張し破裂する。息をすれば、気管と肺は焼け、激しい痛みと共に呼吸困難に陥る」(同書6ページ)

 つまり、自殺の方法として焼身を選ぶことは、激しい苦痛を伴うことから、しっかりとした覚悟がいる。生半可な決意では、その苦痛を耐え忍ぶことはできないし、生き残ってしまえば、全身にやけどの跡が残り、その後死ぬまでまともな生活を送ることができない。そのような覚悟を中国側に見せて、「われわれは絶対に中国には屈服しない」ということを中国側に分からせるために、焼身という手段をとるのだ。

 これについて、センゲ氏は「激しい苦痛を伴っても、生きているよりも死んだ方が楽だから焼身自殺を図るのだ。チベット仏教では死ぬことは最終的な終わりを意味しない。死ねば、必ず生まれ変わる。輪廻転生だ」と表情をゆがませた。

 さらに、センゲ氏は「たしかに、この1年間、焼身自殺は起きていないが、だからと言って彼らの不満が消えたわけではない。いや、彼らの不満は年々増幅しているのだ」と語り、その証拠にたった1人の抗議デモが頻繁に起きていると強調した。

 官憲に捕まれば、牢獄でのひどい拷問が待っている。拷問で指がなくなり、足がなくなり、手もなくなることもある。眼球が抉り出されたり、歯が全部なくなる例も報告されている。

 耐え難い苦痛が待っていることも分かっているとして、「しかし、これこそ死を覚悟した抗議行動だ。生命を賭けても、抗議せざるを得ない状況に追い込まれているのだ。それは、僧侶であろうが、一般市民であろうが、社会的にも、政治的にも、経済的にも厳しい差別や弾圧が日夜繰り広げられているからだ」とセンゲ氏は声を詰まらせた。

※SAPIO2016年4月号

news-postseven 2016.03.10
http://www.news-postseven.com/archives/20160310_392104.html