中国の支配により、民族浄化、宗教弾圧、漢人支配などで苦しむウイグル人が天安門車炎上事件と関係しているとして中国政府は捜査している。申しそうだとすると起こるべくして起こった事件であるといえる。

-----------------------------------------------------
天安門車炎上事件 ウイグル族関与の疑い
中国・北京の天安門広場の付近で、28日、車が歩道に突っ込んで炎上し、合わせて5人が死亡した事件で、香港などのメディアは、政府に不満を持つ新疆ウイグル自治区の出身者が事件に関与した疑いがあると伝えており、捜査当局も詳しく調べているものとみられます。

この事件は28日、北京で、車が歩道に突っ込んでおよそ500メートル走ったあと、天安門の前にある橋の欄干に衝突し、その後、燃えたもので、車内にいた3人と、巻き込まれた観光客2人の合わせて5人が死亡しました。
さらに、上海在住の30代の日本人男性1人を含む観光客など38人がけがをし、当局は事件として捜査しています。
これについて、香港の新聞「明報」が、車内で死亡した3人のうち、少なくとも2人はウイグル族だったと報じ、香港などのメディアは、中国政府に不満を持つ新疆ウイグル自治区の出身者が事件に関与した疑いがあると伝えています。
さらに、中国のインターネット上には、北京市公安局が市内の宿泊施設に出した通知だとする文書が掲載され、文書には「28日に北京で重大な事件が発生した」としたうえで、新疆ウイグル自治区出身の2人の男の名前や戸籍の登録住所などと共に車のナンバーが書かれており、情報があれば直ちに通報するよう求めています。
これについて、北京市公安局の担当者は、NHKの取材に対し、「情報があれば知らせる」と確認を避けていますが、捜査当局も新疆ウイグル自治区の出身者による事件への関与を捜査しているものとみられます。
ただ、中国のメディア関係者からは、当局が世論の反応を見ようと、こうした情報を流出させた可能性もあるとの見方も出ています。

中国外務省「関係部門が調査中」
中国外務省の華春瑩報道官は、29日の記者会見で、「関係部門が調査中だ」として、28日に続き詳しい言及を避けました。
会見で、記者が28日の事件についてテロとの関連を質問したのに対し、華報道官は、「関係部門が調査中だ。同時に力強い措置を取って首都の安全と安定を確保している」と述べました。
そのうえで、華報道官は、「具体的な状況に関心があるなら、北京の担当部門に直接問い合わせることを勧める」と述べるにとどめ、28日に続いて詳しい言及を避けました。
また、新疆ウイグル自治区の情勢についての質問に対して、華報道官は、「ここ数年、新疆は、経済、社会、文化の各方面で飛躍的な発展を遂げた。これは新疆の各民族が共に努力した結果であり、中国の民族政策がうまくいっていることを実証してもいる」と述べ、ウイグル族の多くは中国政府に対して不満を抱いていないという認識を示しました。

ネット上に掲載された文書
中国のインターネット上には、北京市公安局が出した通知だとされる文書が掲載されています。
「違法車両捜索の通知」と書かれたこの文書は、28日、北京で発生した重大案件について北京市公安局にある治安管理の部署から、北京市内の宿泊施設に出されたものとされています。
文書には、新疆ウイグル自治区に戸籍のある2人の男の実名と共に戸籍の登録住所などが書かれています。
また、手配されている車はSUV=多目的スポーツ車だとして、新疆ウイグル自治区で登録されたことを示す「新」と書かれた4つの車のナンバーも書かれています。
そして、10月1日以降に宿泊した客や駐車された車両について、何らかの情報があれば直ちに通報するよう求めています。

中国でNHKの放送中断
NHKの海外向けテレビ放送「ワールドプレミアム」が、天安門広場の近くで起きた車の炎上事件に関するニュースを日本時間の29日昼から伝えたところ、中国国内では、映像と音声がおよそ2分間にわたって中断され、画面は真っ暗になりました。
28日、この事件について伝えた「ワールドプレミアム」のニュースは、中国では一度映像と音声が数秒間途切れただけで、あとはすべて放送されました。
29日になって中国当局が規制を強めたのは、指導部が今回の事件が引き金となって国内で動揺が広がる事態を懸念している表れとみられます。

29日夜のニュースでも
「ワールドプレミアム」の29日夜7時のニュースも、中国国内では映像と音声がおよそ40秒間にわたって中断され、画面は真っ暗になりました。
中断したのは、NHKの昼のニュースがおよそ2分間にわたって中断したことを紹介した場面です。

中国のウイグル問題
ウイグル族は中国西部の新疆ウイグル自治区に多く暮らす少数民族で、ほとんどの人がイスラム教を信仰しています。
ウイグル族が人口の半数近くを占める新疆ウイグル自治区では、政治や経済活動などにおける漢族との格差や宗教活動を巡る政府の締めつけに対して、ウイグル族が不満を募らせ抗議活動が相次いでいます。
このうち2009年には、自治区最大の都市ウルムチでウイグル族による中国政府への抗議デモが大規模な暴動につながり、政府側の発表でおよそ200人が死亡したほか、けが人も多数出ました。
ことしに入っても4月に南部のカシュガル地区で地元当局と住民グループが衝突し、警察官や住民合わせて21人が死亡したほか、6月には東部のトルファン地区で、刃物を持った集団が警察施設などを襲い、住民や警察官合わせて35人が死亡しています。
こうした事態を受けて中国政府は、新疆ウイグル自治区に大量の治安部隊を投入して監視や取締まりを強化し、ウイグル族に対する締め付けを強めています。

10月29日 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131029/k10015653306000.html