7月31日ダラムサラ: 「フリーチベット」「反中国」運動の抑制を目的に、ネパール警察はチベット人亡命者人口の高いカトマンズ・バダ地区に高性能CCTVカメラを多数設置した。

ネパールの報道によると、暗視可能な最新式のCCTVカメラ35台が、特に監視が必要とみなされた場所に設置され、その中にはボタナート仏塔の敷地も含まれており、24時間体制で監視される。

ネパール警察はバダ地区について「フリーチベット運動、反中国活動が活発」とみなしており、ボタナート仏塔の敷地内も16台のカメラが、一方でチャパヒル・チョク ― ジョルパティ・チョク間では19台のカメラがこれらの活動を監視することとなる。

チベットから亡命して間もないチベット僧ドゥプチェン・ツェリン(25)が、今年2月13日にボダナート仏塔敷地内で、中国のチベット占領に対する抗議のため、自らに火を放った。ドゥプチェン・ツェリンは同日中に死亡。

>>>全文

ダライラマ法王日本代表部事務所 2013年7月31日