[オーストラリア放送協会]
2013年6月13日放送

シドニーをご訪問中のダライ・ラマ法王をお招きし、チベットの自治や日常生活に深く浸透する科学技術、また、ギラード(オーストラリア)首相との面会が予定されていないことなどについてご意見を伺います。

インタビュー内容
レイ・セールス(司会者):過去3年間に100人以上のチベット人が中国の政策や残忍さに抗議して焼身自殺を図ったと報道されています。中国に対して非暴力をつらぬいてきた国、チベットとしては気がかりな動きです。

精神的指導者であるダライ・ラマ法王は、抑圧に対して常に平和的アプローチを支持されてきました。しかし、中国の圧力は大きくなり、法王もお年を召されます。現在78歳でいらっしゃいますが、法王の影響力は衰えてきたのではないかという疑問も出てきています。

法王は今回のご訪問も含め、定期的にオーストラリアを訪れていらっしゃいますが、ジュリア・ギラード首相は法王との会談にこれまで一度も応じていません。また7.30(番組名)の報道によると、今年始め、シドニー大学は中国を刺激することを恐れ、当大学で予定されていた法王の講演をキャンセルしました。

本日は番組にダライ・ラマ法王をお迎えしています。

法王、お越しいただきありがとうございます。

法王:(合掌)

レイ・セールス:法王が生きていらっしゃる間にチベットと中国の和解は可能だと思われますか?

法王:ええ、もちろんです。中国は現実を受け入れなければなりませんね。真の自治には、チベットの文化や言語など、こういった独自のものを守り伝えていくという当然の権利があります。一方で、中国の人々と共存することはチベットのためになります。たとえば、チベットは物質面では遅れていますが中国は今や世界の経済大国となりました。ですから、経済面で中国と共存することはチベットの利益になります。自国の支配権だけを考えていたのでは、こういった共存は実現しません。ヨーロッパ連合をごらんなさい。

>>>全文

チベットハウス