8日から北京で開かれている中国共産党の第18回党大会は14日、党指導層の中央委員を新たに選出した。中国筋によると、序列トップの胡錦濤総書記(69)=国家主席=と2位の呉邦国全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員長(71)、3位の温家宝首相(70)ら7人は引退。
 新中央委員は15日の第18期中央委員会第1回総会(1中総会)で、習近平国家副主席(59)を総書記とする新指導部を選出する。

 党大会は党規約改正案などを承認し閉幕する。調和の取れた持続可能な成長を目指すとする胡氏の「科学的発展観」が、毛沢東思想などと並ぶ指指導思想へ格上げの見通し。

2012/11/14 共同通信
http://www.47news.jp/CN/201211/CN2012111401000958.html