-----------------------------------------
 チベット族の中国代表選手として五輪初出場の切陽什姐(21)が11日、ロンドン五輪陸上女子20キロ競歩で銅メダルを獲得した。「思いもしなかったこと。初の五輪でメダルまで取れ、チベット族として光栄です」と笑顔で語った。

 自己ベストを2分近く縮めるアジア新記録も達成。1、2位を独占したロシア選手に最後まで食らい付き、新たな歴史を刻んだ。

 事前の注目度は低かった。少数民族のチベット族への関心は中国でもともと低く、政治的に微妙なチベット族の話題を避けたい政府の思惑もあったとみられる。

 中国のチベット族居住区は開発の遅れが指摘され、都市部に比べ人々の生活水準も低い。「チベット族の人々にもっとスポーツに親しんでほしい」と期待を込め、最後は中国語ではなくチベット語で「カシデレ(ありがとう)」と両手を合わせた。(共同)

サンスポ 2012.8.12
http://www.sanspo.com/london2012/news/20120812/ath12081219090017-n1.html

銅獲得の中国選手「チベット族として光栄」 競歩女子