インドではミサイル搭載原子力潜水艦が導入され、これによって、地上、空中、海上というすべての場面に核兵器が登場することとなった。
インドは戦略核兵器による抑止力を拡大することで、三位一体の核装備をもつ4番目の国となった。そしてこの点で、フランスおよび英国を追い抜いたことになる。フランスは海上および空中配備、英国は海上配備のみとなっているからだ。ロシア地政学問題アカデミーのコンスタンチン・シフコフ副総裁は次のように指摘している。
−現在、三位一体の核装備を有しているのは米国、ロシア、中国の3カ国だけです。そしてこれにインドが加わることになります。
インド初となるミサイル搭載原子力潜水艦がインド海軍にお目見えするのはすでに今年中になると見られている。8日、インド海軍のニルマル・ヴェルマ提督が明らかにしたところによれば、原子力潜水艦「アリハント」は近く行われる試験航海および搭載ミサイルK−15サガリカの発射実験を経て、完全な戦闘準備が整うという。このミサイルは海上配備型で、核弾頭を搭載して750キロまでを射程に捉えることができる。3月にはすでに水深6メートルのプラットフォームからの発射実験に成功している。

しかしコンスタンチン・シフコフ副総裁によれば、このような原子力潜水艦が登場したことよりも、これがすべてインド自身による開発であることが驚くべきことだと指摘している。

−インドは三位一体の核配備によって、戦略核抑止を確立しただけでなく、インド経済が十分効率的に発展しており、高度な技術をものにしたということを示したのです。

これはコンパクトな原子炉についていえる。それを作ることができるのは世界でも限られた国々だ。通常の原子力発電所に比べて、海軍の艦船に使う場合には、コンパクトであるほかに、動きのなかでも使えることや、急な攻撃による衝撃に対して耐久性があることなどが求められる。そのほか、急激な出力向上や、逆に出力減少などに対応しなくてはならない。これらすべての課題をインドは自前で解決することができたのだ。インド海軍は「アリハント」級潜水艦を4隻建造する契約を結んでいる。

Voice of Russia 9.08.2012
http://japanese.ruvr.ru/2012_08_09/indo-kakuheiki/