インド北部の広範な地域で、7月30、31日の2日連続で停電が発生し、地元メディアは全人口約12億人のうち約6億人が影響を受けていると報じた。
 インドでは、経済発展に伴い電力需要が急増する中、発電所や送電網などの整備はかねて遅れが叫ばれていた。大規模停電を受け、政府への批判が強まりそうだ。

 31日の停電は午後1時(日本時間同日午後4時半)頃始まった。電力省幹部は、国内の送電システムのうち、「北部」「東部」「北東部」の3地域が全面停電に陥ったと明らかにした。インドPTI通信は、影響は20州以上に及んでいると報じた。31日夕(日本時間夜)現在、一部の地域では電力が回復した模様だが、首都ニューデリーを含め多くの地域では停電が続いている。

 シンデ電力相は31日、記者団に「各州が(送電網から)許容された限度を超えて電力を引き出したのが原因」との見方を示した。

 インド東部の西ベンガル州では、州都コルカタの北西約180キロ・メートルにあるブルドワンの炭鉱で、作業用エレベーターが停電で使えなくなり、州政府によると作業員数百人が地下に閉じこめられている。

 首都ニューデリーでは、鉄道の運行が止まり、信号のライトも消えて道路の渋滞が深刻になっている。

2012年7月31日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120731-OYT1T01216.htm