中国は、やはり、米国が発表した「宗教自由報告書」に対して反発した。中国国際放送局は「報告書はわが国の宗教の現状を無視して、海外メディアの偏見のある報道や、一部の反中組織が提供したわい曲的な報告に基づいて、2011年における中国の宗教の自由状況を著しく悪化したと中傷した」と報じた。(ニュースチベット文化圏)

--------------------------------------------------------------

米国が発表した「宗教自由報告書」に、中国は「でたらめ」と反発

  米国務省は30日、中国を含む世界199カ国と地域の宗教に関する年次報告書を発表した。中国国際放送局は「でたらめな評価」と報じた。

  報告書では、中国、ミャンマー、エリトリア、イラン、北朝鮮、サウジアラビア、スーダン、ウズベキスタンの8カ国を「特別に注意するべき国」としてリストアップした。

  中国国際放送局は「報告書はわが国の宗教の現状を無視して、海外メディアの偏見のある報道や、一部の反中組織が提供したわい曲的な報告に基づいて、2011年における中国の宗教の自由状況を著しく悪化したと中傷した」と報じた。

サーチナニュース 2012/07/31
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0731&f=politics_0731_013.shtml