中日国交正常化40周年を記念するため、2012年日中国民友好交流年執行委員会が主催し、中国国家博物館、北京市人民対外友好協会、日本のクラレ株式会社が協力した「中日国交の道を探る石」寄贈式が、27日に北京市人民対外友好協会で行なわれました。84歳の野坂米子さんは日本共産党の創始者である亡き父の野坂参三氏が大事にしまっておいた菊花石硯(きっかせきすずり)を中国国家博物館に寄贈しました。中国国家博物館、北京市人民対外友好協会の多くの指導者らが出席しました。

中国国際放送 2012-07-27
http://japanese.cri.cn/881/2012/07/27/144s196195.htm