香港の人権団体、中国人権民主化運動ニュースセンターが24日伝えたところによると、中国貴州省の人権活動家、陳西氏(57)が同日までに、国家政権転覆扇動罪で省都、貴陽の中級人民法院(地裁)に起訴された。近く公判が始まるという。
 陳氏は1989年の天安門事件にも絡んで2度にわたって懲役判決を受け、獄中で計13年を過ごしている。2005年の出所後も人権活動を続けており、今回の摘発理由は自身が書いた文章に政権を脅かす内容が含まれていることだという。

 ノーベル平和賞を昨年受賞した民主活動家、劉暁波氏が共産党の独裁廃止を訴えて起草、投獄されるきっかけとなった「〇八憲章」にも、陳氏は署名しているという。(共同)

産経新聞 2011.12.24
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111224/chn11122417050004-n1.htm