【ワシントン共同】27日付の米紙ワシントン・ポストは、中国の政府や企業が個人のパソコンや携帯電話などからデータを盗み取る“サイバースパイ活動”を展開、これに対抗するため中国への出張者が米アップルの多機能端末「iPad」を使い捨てにするなどの自衛を迫られていると報じた。

 同紙は、ビジネスマンが持つ企業情報を狙った動きが中国国内で目立つと指摘。中国政府はあらゆるネットワークを管理しているため、情報を読み取るのは「非常に容易」(専門家)という。別の専門家は訪中のたびにiPadを買い、訪問後は二度とその端末を使わないと証言した。

東京新聞 2011年9月28日
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011092801000163.html