2010年7月16日、ダライ・ラマ法王はインドのダラムサラにある居宅において、中国人から寄せられた質問に答えられました。これらは中国人作家の王力雄(おうりきゆう:Wang Lixiong)氏のツイッターを通じて寄せられた質問で、1558人の中国人が317件の質問を呈し、さらにこれを11705人の中国ネチズンが特に重要と思われる10件を投票で選びました。

この質疑応答の内容は2010年7月19日、ダライ・ラマ法王事務所の中国語版サイトにも掲載されました。


---------------------------------------------------------------------

■質問1:
中国政府との和解の実現についてですが、現在の状況から、猊下のご存命中の実現は困難なのではないかと思われます。猊下がお亡くなりになられたら、チベット独立のイデオロギーに頑な若いチベット人の組織をコントロールできる人がいなくなってしまいます。そうなれば、 彼らがテロ行為にはしる可能性もないとはいえないのではないでしょうか。そのようなことにならないための手立てはないのでしょうか。

■ダライ・ラマ法王:
私は、自分が死んだ後も亡命チベット社会は進歩し続けていくと思っています。とりわけ教育分野は進歩していくと思います。注目すべき点は、20代から30代の若いラマ(師・グル)の数が増えていることです。亡命チベット社会の様々な学校で宗教的研鑽を積んだ、精神的・宗教的リーダーシップをとれるラマが次々と輩出されているのです。
政治においては、この10年間、私は半隠居の身にあります。重要な政治決断はすべて選挙によって選ばれた政治指導部が行なっていますし、これは将来も変わらないでしょう。

チベット青年議会のように中道政策に批判的でチベットの完全独立を要求する勢力は亡命チベット社会に存在しますし、昨今、そのような声は増しているように思われます。我々には、彼らを非難することはできません。我々はチベット問題をチベットと中国の双方を利する方法で解決すべく努力を続けてきましたが、前向きな結果が出ていないのです。
このような状況である以上、彼らの見解が亡命チベット社会で勢いを増すのは仕方のないことです。 しかしながら、我々が選択してきた非暴力の道を貫くことを99%のチベット人が望んでいることもまた極めて明らかな事実です。ですから、彼らが暴力に訴え出る心配をする必要はありません。 
 >>>全文

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 2010年8月2日
http://www.tibethouse.jp/