【ニューヨーク=山川一基】米ネット検索最大手のグーグルは29日、中国版の検索サイトから香港版への自動転送を停止した。中国本土からのアクセスに対する中国政府の検閲を避けるための措置だったが、中国政府が自動転送も容認しない考えを明らかにしたという。

 同社の公式ブログによると、中国政府はグーグルに対し、自動転送を続けた場合、中国で商業ネットサービスを継続するための免許を更新しない考えを伝えてきた。免許の期限は6月末だった。

 このためグーグルは、中国版のページから利用者が自分で香港版に移ることができるようにした。検閲のない音楽や翻訳サービスなどは中国版を使える。グーグル幹部はブログで「中国で検閲なしに検索できるようにするという約束は継続される」と強調。免許の更新も申請したという。

朝日新聞 2010年6月30日
http://www.asahi.com/