ニュース チベット文化圏 News Tibetan Bunkaken

チベット、ネパール、モンゴル、ウイグル、中国、ネパール、インドなどの情報を集約 -- Tibet-Uyghur-South Mongol issues, China, Bhutan, Nepal, India and etc related human right, freedom and peace

2013年11月

ウイグル族:監視強化で公安副局長が過労死

 【北京・工藤哲】中国新疆ウイグル自治区ホータン地区の公安局の中国版ツイッター「微博」は28日、ホータン県の公安局の漢族の男性副局長が過労で急死したと伝えた。北京・天安門前で起きた車両突入事件から同日で1カ月となり、当局がウイグル族の監視を強化し続けていることが背景とみられる。

続きを読む

青海省西寧空港で旅客300万人突破、チベット高原で最大規模

中国のチベット高原で最大規模の空港となっている青海省の西寧曹家堡空港は27日、今年300万人目の旅客を迎えた。同空港は1991年に開港。2006年の旅客数は100万人程度で、以降、急速に利用が拡大した。

サーチナ  2013/11/28
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1128&f=business_1128_049.shtml

【中国防空識別圏】中国の主張は国際規範違反 菅氏「言葉をそのまま返したい」

 中国は尖閣諸島(沖縄県石垣市)上空を含む東シナ海に防空識別圏を設定したことについて「国際法にかなうもので正当だ」と主張している。これに対し、菅義偉官房長官は26日の記者会見で「全く、その言葉をそのまま(中国に)返したい。中国の措置は国際法上の一般原則である公海上空における飛行の自由を不当に侵害するものだ」と反論した。安全保障問題の専門家からも一様に「国際規範に反する」との批判があがっている。

「日本に手を出すのか」「開戦か」書き込み相次ぐ 在日中国人に登録呼びかけ 防空識別圏設定と関連か

 在日中国大使館は25日までに、日本に滞在している中国人に対し、緊急事態に備えて連絡先を登録するよう呼び掛ける通知を出した。通知は8日付だが、同大使館のホームページに掲載されたのは24日という。

 国防省が23日に防空識別圏設定を発表したことから、中国人からは日本側との摩擦拡大に備えた予防措置と指摘する声も上がっている。

 通知は「重大な緊急事態が発生した際に在日中国人に対する協力や救助を速やかに実施するため」と説明。一部中国メディアも報道した。

 中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」には「日本に手を出すための準備か」「開戦の前兆みたいだ」「(このような通知を見たら)誰が日本車を購入するというのか」などの書き込みが相次いだ。(共同)

2013.11.25 産経
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131125/chn13112517330005-n1.htm

6割が「実弾攻撃すべきだ」 中国で世論調査

 中国メディアは26日、東シナ海上空での防空識別圏設定に関する各種世論調査の結果を伝えた。沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中の対立を念頭に、外国機が識別圏に不正侵入した場合は「実弾攻撃すべきだ」との回答が6割に達するなど、過激な傾向が目立っている。中国の大手ニュースサイト、新浪網が26日に短文投稿サイト「微博」上で実施したアンケートでは、回答者の半数が「将来、識別圏内で日中が衝突する」と回答した。

 同日付の環球時報は、識別圏についてインターネットを使って実施した調査結果を掲載。「中国の識別圏に外国機が不正に侵入した場合どうするか」(複数回答可)との問いに、87・6%が「軍用機を派遣して監視、迎撃し、追い払う」、59・8%が「警告に従わない場合は実弾で攻撃すべきだ」と回答した。(共同)

2013.11.26 産経
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131126/chn13112616270006-n1.htm

ウイグル自治区でテロ事件が急増

ウイグル自治区で「1年にテロ200件」、前年比で急増と国営誌

【AFP=時事】(一部更新)中国の国営誌「遼望東方周刊(Oriental Outlook)」は25日、昨年1年間に同国西部の新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)で200件近くの「テロ事件」が発生したとする統計を発表した。

 国営新華社(Xinhua)通信傘下の同誌によると、イスラム教徒のウイグル人が多く住む新疆ウイグル自治区では2012年に190件以上の「テロ攻撃」が起き、前年と比べて事件数が著しく増えたという。「テロリスト」の多くは30代前半か30歳未満の若者で、単独犯や少数グループでの犯行が増加傾向にあるという。
続きを読む

豪政府、東シナ海の防空識別圏設定で中国大使に懸念伝える

[シドニー 26日 ロイター] -オーストラリアのビショップ外相は26日、中国が東シナ海に防空識別圏を設定したことを受け、駐オーストラリア中国大使を呼んで懸念を表明したと明らかにした。

同相は声明で、「地域の緊張状態を考えると、中国の発表は時期や方法において地域のためにならず、今後地域の安定に貢献することもない」とした。

そのうえで、政府が前日に中国大使を呼んで懸念を伝えるとともに、中国側の意図について説明を求めたことを明らかにした。

2013年 11月 26日 ロイター
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE9AP05R20131126

中国の空母「遼寧」、南シナ海に向けて出港

[北京 26日 ロイター] -中国の海洋進出の動きを周辺国が警戒するなか、同国初の空母「遼寧」が26日、訓練のため南シナ海に向けて出港した。中国は尖閣諸島(中国名・釣魚島)上空周辺を含む東シナ海に防空識別圏を設定し、日本などとの緊張も高まっている。

「遼寧」はウクライナから購入して改修した空母で、これまで100回以上の訓練を重ねてきたが、南シナ海に向かうのは今回が初めて。

中国海軍の公式ウェブサイト(navy.81.cn/)によると、「遼寧」は山東省青島市の基地から出港。駆逐艦2隻とフリゲート艦2隻が随行している。

ロイター 2013年 11月 26日
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE9AP06020131126

ダライ・ラマが両国国技館で講演「私の心は平和」

 来日中のチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が25日、東京・両国国技館で約3千人の聴衆を前に講演した。紛争が続く世界状況について、ダライ・ラマは「人間は宗教や国家、社会システムの違いばかりを強調するが、一人の人間として同じ立場にあることを忘れてはならない」などと語りかけた。

 ダライ・ラマは講演で「すべての存在が相互依存の関係にあることは、仏教のみならず科学の世界でも証明されている。自分たちのことだけを考えるのは非現実的だ」と強調した。

 また、78歳となった自らの健康にも触れ「世界に憎しみや問題があろうとも、私の心はほとんど平和だ。心の平和こそ、健康維持のために最も大切なことだ」と話した。

 15日に来日したダライ・ラマは、今回の滞在で研究者との対話のほか、静岡、京都などで講演。今回の国技館を最後に、26日に日本を発つ予定。

2013年11月25日 朝日
http://www.asahi.com/articles/TKY201311250491.html

ダライ・ラマ14世「中国でも自由を求める声」 京都で講演

 来日中のチベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世が23日、京都市左京区の京都精華大学で講演し、「21世紀を平和の世紀にしたい。未来は変えられる」と訴えた。

 「世界を自由にするための方法」と題して講演し、同大の学生や教職員ら約1600人が参加。ダライ・ラマは「中国でも自由を求める声が上がっており、これも変化のひとつだ」と指摘した。講演後には学生との質疑応答に応じた。ダライ・ラマは15日に約1年ぶりに来日。講演は、同大学の創立45周年記念行事の一環で行われた。

2013.11.23 産経
http://sankei.jp.msn.com/life/news/131123/trd13112320110011-n1.htm

ダライ・ラマ14世が来日 26日まで各地で講演

 チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が15日朝、亡命先のインドからデリー発の民間機で成田空港に到着した。26日まで滞在する。

 空港には赤い法衣を着た信者ら約10人が出迎えた。ダライ・ラマが姿を見せると拍手が起き、それぞれ両手で拝んだり、握手を求めたりした。

 東京や静岡、京都両市で日本の科学者らとの対話イベントや講演などをする予定で、空港で報道陣に「私たち人間は同じ地球に住み、同じ空気を共有しなければならない。限りある資源を消費し続けるのは古い考えだと伝えたい」と話した。

 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所によると、来日は約1年ぶりで、19回目という。

2013.11.15 産経
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131115/asi13111511490004-n1.htm

ダライ・ラマ「暴力のない未来、若者の肩に」 千葉工大で講演

 来日中のチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世(78)は16日、千葉工業大(千葉県習志野市)で講演し、「日本人に対して核兵器が使用されるなど、20世紀は暴力の世紀だった」とした上で、「未来は現在に依存している。暴力のない、より平和な未来を築く機会が今にあり、その責任を負っているのは若者の皆さんだ」と訴えた。

 講演会は「宗教者の立場から見る科学の役割」がテーマで、学生ら約500人が参加。ダライ・ラマは「技術、科学は建設的、生産的にも、破壊的にもなり得る」とも語った。

 講演後、米国のフォークグループ「ピーター・ポール&マリー」(PPM)のピーター・ヤーローさん(75)が登場し、いじめ撲滅を願ったダライ・ラマの詩を基に作った新曲「決してあきらめないで」を日本で初披露した。(共同)

産経 2013.11.16
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131116/chn13111613550003-n1.htm

ダライ・ラマ14世が「恋愛」や「ゲイカップルの結婚」に回答 チベット焼身自殺については「非常に心が痛む」

来日しているチベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世は11月19日、東京・芝公園の増上寺で開催された若手宗教家ら200人と対話する集会に出席した。「恋愛で一番、大切なことは?」「友人のゲイカップルが自分の寺で結婚式を挙げたいと言ったら?」など、宗派を超えて集まった若い宗教家たちの等身大の悩みに回答。また、中国政府に対する抗議のためチベットで相次いでいる焼身自殺について質問を受け、「非常に心が痛む、悲しいできごとです」とその忸怩たる思いを明かした。


■「人間は困難を乗り越える力がある生き物」
続きを読む

[FT]スペイン、チベット人権問題で中国反発恐れる

 スペインの裁判所は先週、中国の江沢民元国家主席や李鵬元首相ら元指導部5人に対し、チベット自治区での大虐殺に関与していた容疑で逮捕状を出した。これを受け、スペインでは外交面・経済面での中国の反発を巡り懸念が高まっている。

12年11月の共産党全国代表大会に出席した江沢民氏。同氏を含め5人の元指導者に対し、スペインの裁判所は虐殺の関与に関して逮捕状を出した=AP
画像の拡大
12年11月の共産党全国代表大会に出席した江沢民氏。同氏を含め5人の元指導者に対し、スペインの裁判所は虐殺の関与に関して逮捕状を出した=AP
 江氏らは、中国当局がチベット自治区の住民に対し人権侵害を行ったとされる時期に「政治的・軍事的な責任」を負っていたと言われている。
続きを読む

「中国に親しみ感じない」8割超で過去最高 外交世論調査 日韓関係「良好でない」も高水準

 内閣府が23日に発表した「外交に関する世論調査」で、中国に「親しみを感じない」と回答した人が80.7%(前年比0.1ポイント増)となり、昭和53年の調査開始以来、過去最高となったことが分かった。韓国への親近感も低く、日本と両国との最近の関係冷え込みを反映した結果となった。

 日中関係について「良好だと思わない」は91.0%だった。中国で反日デモが相次いだ昨年の調査(92.8%)に次ぐ過去2番目の高さだった。

 昨年12月に安倍晋三内閣が発足して以来、一度も首脳会談が実現していない。また、中国が尖閣諸島(沖縄県石垣市)付近に頻繁に公船を出すなど、関係改善の兆しが見られない状況が調査結果に影響を与えたようだ。

 韓国に対しては、58.0%が「親しみを感じない」と回答した。昨年の調査から1.0ポイント減ったものの、過去3番目に高い結果となった。日韓関係が「良好だと思わない」は76.0%。昨年(78.8%)に次ぎ過去2番目の高さだった。

 韓国の朴(パク)槿恵(クネ)大統領は竹島(島根県隠岐の島町)の領有権主張や、日本の歴史認識を問題視する発言を繰り返しており、そうした韓国側の対応に日本国民の不信感が根強いことがうかがえる。

>>>全文

産経 2013.11.23 (1/2ページ)
記事検索
Free Mail Magazine
Contact
意見、感想、質問、ニュースなどお寄せください。Contactお送り先
最新記事
ギャラリー
  • 4/7〜4/8 ドキュメンタリー映画「ルンタ」上映会(神戸)
  • チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世、国会内で講演
  • 10/28(金)ドキュメンタリー映画「ルンタ」DVD発売
  • 映画 五体投地で進むチベット巡礼ロードムービー「ラサへの歩き方」7月公開
  • インドで亡命チベット人らが反中デモ、治安当局と衝突
  • ダライ・ラマ効果を払拭した英中「黄金」の朝貢外交
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
タグクラウド
J-CASTニュース
livedoor 天気
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ