ニュース チベット文化圏 News Tibetan Bunkaken

チベット、ネパール、モンゴル、ウイグル、中国、ネパール、インドなどの情報を集約 -- Tibet-Uyghur-South Mongol issues, China, Bhutan, Nepal, India and etc related human right, freedom and peace

2012年10月

【尖閣国有化】「同盟国として日本支持を鮮明に」 米元外交官、米紙に寄稿

チベット人男性ユンドゥン、ユシュ県ザトゥで焼身抗議。ジャムヤン・パルデンが死亡

チベット人男性ユンドゥン(27)が9月29日、ユシュ県ザトゥで焼身自殺を図った。

チベットの民族衣装を身に着けたユンドゥンは、「ダライ・ラマ法王とギャワ・カルマパのチベット帰還を!ロプサン・センゲ博士はチベットの政治的指導者だ!」などと叫びながら商店街の前で自らに火を放った。ユンドゥンはまた、中国政府にチベットの鉱物資源を搾取するのをやめるよう要求し、チベットの独立を求めるスローガンを掲げた。
続きを読む

チベット人作家グドゥップ、ナクチュで焼身自殺:チベットからのレポート

チベットからの報告によると、4日、東チベット、ナクチュのディル郡で、チベット人作家が焼身自殺を図ったとのこと。この事件で、チベットでの焼身自殺は53件に達し、そのうち43人が死亡している。

>>>全文

ダラ・イラマ法王日本代表部事務所 2012年10月4日

内モンゴルの黄河水利事業、年内にダムの貯水条件整う―中国

2年前に着工した同プロジェクトは、流氷で川がふさがるのを防ぐ工事や、ダム、発電所建設などを同時に行う総合プロジェクト。ダムは年内に貯水条件を備える見通しだ。2013年には発電プラントの1基目が稼働し、2014年にすべての工事が完了する。
続きを読む

「幸福日本一」福井にブータンミュージアム

「幸福度日本一」の福井県と「幸福の国」ブータンの共通点を探り、本当の幸福について考えようと、福井市民らの団体が十一月十七日、福井市の中心市街地に「ブータンミュージアム」を開設する。福井発の「幸福学会」も開き「幸福」の全国発信を目指す。
続きを読む

インド政府系機関の地図に「日本海」なし=日本が抗議

 インド政府傘下の地図製作機関、「サーベイ・オブ・インディア」が製作した英語版世界地図に日本海(Sea of Japan)の表記がないことについて、日本政府が反発した。
続きを読む

チベット人焼身自殺 一週間で7人 共産党大会前の訴えか

 独立人権団体フリーチベットが27日発表したプレスリリースによると、先週一週間で7人のチベット人が中国のチベット政策に抗議し焼身自殺を図った。米国の海外向け放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が伝えた。

 英国ロンドンに本部を置く人権団体フリーチベットによると、25日午後4時ごろ、ラサ北部のナクチュ地区で、親戚関係にあるツェボさん(20)とテンジンさん(25)が「チベット独立」「ダライラマのチベット帰還」「チベット人団結」などのスローガンを叫びながら焼身自殺を図った。
続きを読む

チベットでも治安維持強化=武装警察総隊を格上げ−中国

 中国国務院(政府)と中央軍事委員会は人民武装警察部隊の郭毅力チベット自治区総隊長を「正軍職」待遇の総隊司令官に任命した。中国紙・チベット日報(電子版)が29日報じた。
 武装警察では、2008年に新疆ウイグル自治区総隊が「副軍級」から「正軍級」に格上げされ、新疆生産建設兵団指揮部も今月、「副軍級」に格上げとなった。11月の共産党大会を前に人民解放軍で大幅な人事異動が行われたが、武装警察でも治安維持の体制が強化されている。
 チベット自治区では08年3月、ラサで大規模な暴動が発生したほか、チベット族居住区がある四川省や甘粛省などでも中国政府のチベット政策に抗議する活動が続き、焼身自殺を図ったチベット族は09年以降60人を超えている。

北京時事 2012/10/29
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012102900462

戦わずにして中国に勝てる6つの方法

日本政府が沖縄・尖閣諸島の国有化を9月に発表したことを受け、同諸島の領有権を主張する中国が猛反発し、両国間の文化交流を中断させるなどさまざまな対抗措置を打ち出した。中国のインターネットでも政府の強硬姿勢にあわせて「釣魚島(尖閣諸島の中国語名)を武力で奪還せよ」と言った勇ましい「主戦論」があふれている。そんななか、「戦わずにして中国に勝てる6つの方法」という中国の弱点を指摘する書き込みがネットで話題となった。

続きを読む

25日、ディル県で2人焼身、1人死亡 2日間に4人

昨夜書いたブログでVOAが伝えた情報を元に「1日に4人焼身」と書いたが、今日になり、ディル県の焼身は26日ではなく25日に起ったものと判明した。訂正、謝罪し「2日間に4人」と言い直す。

今日付けTIbet Times 等によれば、25日現地時間午後4時頃、カム、ディル・ゾン(チベット自治区那曲地区比如県)パドカル郷ナクロ・パンパ村(ཁམས་འབྲི་རུ་རྫོང་ནག་རོག་ཕམ་པ་གྲོང་ཚོ་白嘎乡唐巴村)で2人のチベット人若者が抗議の焼身を行い、内1人が死亡した。
>>>全文

チベットNOW@ルンタ
http://blog.livedoor.jp/

<速報>今日再びサンチュで1人焼身! 1週間に7人!

燃え尽きるツェパック・キャプ

インド時間26日の午後9時半頃、VOAのツェリン・キさんが「今日さらにサンチュで1人、カムで2人が焼身抗議した」とツイッターに書かれた。「まさか!誤報であってほしい」と固唾を飲んで続報を待った。

そして、午後10時すぐにVOAが「カム、ディル(チベット自治区ナクチュ地区ディル県)のパンカル僧院の近くで2人が焼身した」と伝えた。TCHRDはその内の1人が死亡したというが、詳細はまだ分かっていない。<(追記)27日になり、焼身があったのは25日の間違いだったと判明。
>>>全文

チベットNOW@ルンタ
http://blog.livedoor.jp/

<速報>今日、再び焼身 サンチュ県で1週間に4人目 内地61人目 死亡51人目

生前のラモ・ツェテン氏。

現地時間午後2時半頃、アムド、サンチュ(མདོ་སྨད་བསང་ཆུ་རྫོང་甘粛省甘南チベット族自治州夏河県)アチョク郷(ཨ་མཆོག་阿木去乎郷)でチベット人の若者が中国政府に抗議する焼身を行い、その場で死亡した。

若者の名前はラモ・ツェテン(ལྷ་མོ་ཚེ་བརྟན་)、年齢24歳。焼身の場所は軍駐屯地と裁判所が並ぶ道の上。直ぐに大勢の軍人が現場に出動したが、回りにいたチベット人が遺体を確保し、家族の下に届けたという。
>>>全文

チベットNOW@ルンタ
http://blog.livedoor.jp/

ビデオ「チベットから国連への嘆願」

Tibet Justice Chanelというチベット支援団体が10月15日にアムド、ラプランから送られて来たというビデオを発表した。この1分間ほどの短いビデオは「チベットから国連への嘆願」と題されている。

映像のほとんどは、8月7日にツゥ(ツォエ 合作)のツゥ僧院仏塔前でドルカル・ツォが焼身したというニュースを聞き、サンチュ(夏河)にあるラプラン僧院の僧侶がツゥに向かった時のものである。この時、当局は僧侶たちがツゥに向かうのを阻止した。仕方なくラプランの僧侶たちは路上に座り込み祈りを上げたのである。詳しくは>http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51756880.html
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/2012-08.html?p=2#20120808
>>>全文

チベットNOW@ルンタ
http://blog.livedoor.jp/

チベット族男性が焼身自殺 中国、同じ日に2人 少数民族政策に対する抗議か

27日の国営新華社通信によると、中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河県で26日、チベット族の男性(22)が焼身自殺した。同県では同じく26日に23歳のチベット族男性が焼身自殺したと報じられていた。

 同自治州では中国政府の少数民族政策に対する抗議とみられる自殺が相次いでいる。

 中国外務省は焼身自殺について、大部分はチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の集団が扇動していると指摘し、中国政府への抗議との見方に反論している。(共同)

産経新聞 2012.10.27
http://sankei.jp.msn.com/

工場拡張反対デモ、最大規模の3千人に 市長辞任も要求 中国・寧波市

中国浙江省寧波市で28日、化学工場の拡張工事に反対する住民デモがあり、3千人以上が市政府庁舎前に集まり、抗議活動を行った。参加者らは工場の拡張が健康被害や環境汚染を招くとして計画を推進する市政府の責任を追及、計画中止や市長の辞任も求めた。

 デモは22日からほぼ連日行われており、28日は最大規模となった。最高指導部が交代する共産党大会の開幕を11月8日に控え、社会の不安定ぶりをあらためて露呈した。

 住民らは28日午前、インターネット上での呼び掛けに応じて市中心部の商業地区に集合し、「寧波を守れ」「市長は辞めろ」などと叫びながら大通りをデモ行進した。市政府庁舎前に到着すると計画中止を訴える横断幕を掲げ、警官隊とにらみ合いになった。時折小競り合いも起き、怒号とともに多数のペットボトルが警官隊に投げ付けられた。(共同)

産経新聞 2012.10.28
http://sankei.jp.msn.com/
記事検索
Free Mail Magazine
Contact
意見、感想、質問、ニュースなどお寄せください。Contactお送り先
最新記事
ギャラリー
  • 4/7〜4/8 ドキュメンタリー映画「ルンタ」上映会(神戸)
  • チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世、国会内で講演
  • 10/28(金)ドキュメンタリー映画「ルンタ」DVD発売
  • 映画 五体投地で進むチベット巡礼ロードムービー「ラサへの歩き方」7月公開
  • インドで亡命チベット人らが反中デモ、治安当局と衝突
  • ダライ・ラマ効果を払拭した英中「黄金」の朝貢外交
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
タグクラウド
J-CASTニュース
livedoor 天気
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ