ニュース チベット文化圏 News Tibetan Bunkaken

チベット、ネパール、モンゴル、ウイグル、中国、ネパール、インドなどの情報を集約 -- Tibet-Uyghur-South Mongol issues, China, Bhutan, Nepal, India and etc related human right, freedom and peace

2012年07月

尖閣「中国軍が職責」国防省表明 背景に習氏意向か

  中国国防省の耿雁生報道官は31日の記者会見で、沖縄・尖閣諸島(中国名・釣魚島)について「日本側は中国の主権を侵害する誤った発言をしている」と不快感を表明したうえで、国家主権と海洋権益を守るために「軍としての職責を果たしていく」と述べ、日本を強く牽制(けんせい)した。中国軍関係者による対日強硬発言が最近相次いでいるが、背景には今秋に最高指導者に就任する習近平国家副主席の意向があると指摘する声がある。
続きを読む

インド大停電、6億人が影響…需要に追いつかず

インド北部の広範な地域で、7月30、31日の2日連続で停電が発生し、地元メディアは全人口約12億人のうち約6億人が影響を受けていると報じた。
続きを読む

フィリピン、南シナ海の3鉱区を国際入札 いらだつ中国

フィリピンは31日、南シナ海の石油・ガス3鉱区の国際入札を実施した。3鉱区のうち2鉱区は、中国が領有権を主張する海域にあり、実効支配を強める中国は反発し、何らかの対抗措置をとるとみられる。
続きを読む

中国 自国の軍事力拡大の正当性を主張

中国は、「中国の軍事力が、全面的に日本を超えるのは避けられないことかもしれない。中国の経済規模はすでに日本を超え、国家安全に臨む挑戦と、国防に対する要求は日本より大きい。中国は国防発展の必要性を日本に理解してもらえないが、中国のやり方は理性的で責任ある政府の選択だ」と強調した。
続きを読む

韓国の人権運動家「中国で電気拷問受けた」(7月31日)  

≪殴打され、手錠もかけられる≫

 中国で114日間身柄を拘束された末に今月20日釈放された韓国の北朝鮮人権運動家・金永煥(キム・ヨンファン)氏が30日、「(拘束中の)4月15日の夜から5〜8時間にわたり、殴打や電気拷問を受けた」と過酷な扱いの詳細を明かした。
続きを読む

中国 南海諸島及びその周辺海域に対し主権主張

中国国防省、ASEANとの防衛関係発展を希望

 中国国防省の耿雁生報道官は31日北京で、「中国はASEAN・東南アジア諸国連合と、防衛関係を含む各分野での友好協力関係を発展させ、地域の平和、安定、繁栄を共に促進していきたい」と述べた上で、「南海問題は当事国の交渉によって解決すべきだ」と強調しました。
続きを読む

インド北部で大規模停電、7州に影響 交通網まひ

ニューデリー(CNN) インド北部で30日に大規模な停電が発生し、鉄道や道路が長時間にわたってまひ状態に陥った。

電力会社によると、現地時間の午前2時35分ごろ停電が発生。3億5000万人以上が住む北部の7州が影響を受けた。
続きを読む

連続講座:ブータンの目指す幸福〜仏教と経済の観点から 西梅田の毎日文化センターで来月10日から /大阪

 「幸せの国」として知られるヒマラヤの小国・ブータンについて、文化や宗教、経済を通した幸福観の現状を考える連続講座「ブータンの目指す幸福〜仏教と経済の観点から」が8月10日から計3回、毎日文化センター(大阪市北区梅田3の4の5)で開かれる。
続きを読む

中国政府により擁立されたパンチェン・ラマ11世 シガツェ訪問

中国政府により擁立されたパンチェン・ラマ11世がシガツェを訪れたが、はたしてダライ・ラマに承認されていないパンチェン・ラマが本当の歓迎を受けたかどうかは疑問が残る。
続きを読む

中国 やはり、米国が発表した「宗教自由報告書」に対して反発

中国は、やはり、米国が発表した「宗教自由報告書」に対して反発した。中国国際放送局は「報告書はわが国の宗教の現状を無視して、海外メディアの偏見のある報道や、一部の反中組織が提供したわい曲的な報告に基づいて、2011年における中国の宗教の自由状況を著しく悪化したと中傷した」と報じた。(ニュースチベット文化圏)
続きを読む

米宗教報告書:中国の宗教弾圧「悪化している」

  米国務省は30日、世界199カ国・地域の宗教の自由に関する11年の年次報告書を発表し、中国政府によるチベット、新疆ウイグル両自治区での宗教弾圧が「悪化している」と批判した。
続きを読む

講演会:地下水保全考える 東京都副知事・猪瀬氏ら講演−−佐久 /長野

6月に取水規制を中心とした水資源保全条例を制定した佐久市の佐久創造館で28日、地下水保全の重要性について考える講演会「信州佐久の水を守る」(市などでつくる実行委主催)があり、長野市出身の猪瀬直樹・東京都副知事らが講演した。佐久市民ら680人が聴講。猪瀬副知事は「地下全てが自分のものという所有権の概念があるのは日本だけ。地下水を守るため、さまざまな法整備が必要だ」と強調した。
続きを読む

1100種余のチベット植物種子が種子バンクに

 中国科学院青海チベット高原研究所によりますと、研究員らが5年間で収集した1100種余のチベット植物の種子が、"ノアの箱船"と呼ばれる中国の重点科学プロジェクト「中国西南野生生物種資源バンク」に保存されたということです。
続きを読む

中国当局、デモ情報封鎖 秋の党大会控え

  中国江蘇省の南通市啓東で28日に起きた、王子製紙南通工場からの排水管建設計画に対する抗議デモについて、29日付の中国各紙はほとんど報じておらず、情報を封鎖した。最近明らかになっているだけでも、4月に重慶市で、今月初めには四川省で住民が地元政府への抗議デモを行ったが、いずれも報道規制が敷かれたもようだ。
続きを読む

共産党称賛に反発、香港で愛国教育は「洗脳」とデモ

【香港共同】中国国民としての愛国心を育成するため、香港政府が9月から小中学校で科目「道徳・国民教育科」の順次導入を予定していることに対し、香港で29日、「子供たちを洗脳するものだ」などと導入反対のデモが行われ、主催者によると、親子連れなど9万人以上が参加した。参加者は「中国共産党の良い部分だけ強調した一方的な内容」などと導入撤回を訴え、香港島の繁華街を練り歩いた。

サーチナニュース  2012/07/29
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012
記事検索
Free Mail Magazine
Contact
意見、感想、質問、ニュースなどお寄せください。Contactお送り先
最新記事
ギャラリー
  • 4/7〜4/8 ドキュメンタリー映画「ルンタ」上映会(神戸)
  • チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世、国会内で講演
  • 10/28(金)ドキュメンタリー映画「ルンタ」DVD発売
  • 映画 五体投地で進むチベット巡礼ロードムービー「ラサへの歩き方」7月公開
  • インドで亡命チベット人らが反中デモ、治安当局と衝突
  • ダライ・ラマ効果を払拭した英中「黄金」の朝貢外交
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
タグクラウド
J-CASTニュース
livedoor 天気
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ