ニュース チベット文化圏 News Tibetan Bunkaken

チベット、ネパール、モンゴル、ウイグル、中国、ネパール、インドなどの情報を集約 -- Tibet-Uyghur-South Mongol issues, China, Bhutan, Nepal, India and etc related human right, freedom and peace

2012年02月

中国 チベット族数百人拘束 強い信仰心 圧力には屈しない

 米ニューヨークに本部を置く人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)」は2月17日、インドで行われたチベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世の集会から帰国したチベット族数百人を中国当局が拘束したことを明らかにした。チベット族市民の大規模拘束は1970年代末以降、初めての出来事だという。
続きを読む

3月6日 緊急集会 「チベットでいま何が起きているのか」

緊急集会「チベットでいま何が起きているのか」
http://freeasia2011.org/japan/archives/848

日時:3月6日(火) 18:00〜
場所:衆議院第1議員会館 B1 F 第1会議室
参加:無料
続きを読む

ウイグルで襲撃 死者10人超

中国西部の新疆ウイグル自治区で28日夜、武器を持ったグループが住民を襲い、10人を超す死者が出ています。
続きを読む

続くチベットの知識人逮捕

以下、チベットNOW@ルンタより
-------------------------------
ウーセルさんは2008年以来、すでに50人を越えるチベットの作家、芸術家、知識人等が中国当局により拘束・逮捕されているという。報道の自由の擁護を訴える主要な国際NGOであるCPJ(The Committee to Protect Journalists ジャーナリスト保護委員会)は最近中国で現在懲役刑をうけて刑務所にいるジャーナリスト27人の名前を列挙したが、その内の10人はチベット人であった(詳しくは>http://www.tchrd.org/press/2011/pr20120213b.html)。

チベットの緊張が日増しに高まる中、最近再び2人の作家が拘束されたという報告が入っている。
>>>全文
チベットNOW@ルンタ
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51730910.html

セルタで教師・生徒 拘束

以下、チベットNOW@ルンタより
---------------------
先月デモ参加者に対する当局の発砲により死傷者が出た、ダンゴやセルタは電話等が遮断されたままなので、あれからどうなったのかを知ることができる情報はほとんど入っていない。そんな中、最近セルタの状況を伝える報告が亡命側に伝えられた。

その報告者は、1月24日のデモの際、当局の発砲により死亡したのはダワ・ダクパと氏名不明のもう1人だと伝え、以前に伝えられた情報が確認された。その他、重傷を負ったのはセルタ、チュトゥのラマ(高僧)とヌップセルのペマを含む4人という。
>>>全文
チベットNOW@ルンタ
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51731101.html

リタンの有名な噺家アタルが連行され行方不明

以下、チベットNOW@ルンタより
--------------------
「2週間程前の夜、突然、頭に黒い布を巻いた大勢の中国の警官が彼の店に現れた」とチベット亡命議会議員のアンドゥック・ツェテンは現地からの報告を伝える。

「彼らは店の中を捜査した後、彼を連行した」

「アタルの親戚がリタン県の警察署に行き、彼のことを尋ねたが、『アタルを連行して行ったのは重大な政治的犯罪者を取り締まる上層の特別警察だ。俺たちは何も知らない』と言われ、行方を知る事はできなかった」という。
>>>全文
チベットNOW@ルンタ
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51731873.html

<速報>昨日カム、デルゲで若者1人が焼身抗議

以下、チベットNOW@ルンタより
------------------------
 死亡 追記:現在この件を報じたTibet Timesの記事が削除されています。Tibet Timesに確認しようと連絡を試みていますが、電話が通じないので、事情が不明です。現時点(インド時間午後8時)では一応未確認情報とさせて頂きます。

27日付けTibet Times http://www.tibettimes.net/news.php?showfooter=1&id=5625
より。

昨日26日 カム、デルゲ(四川省カンゼチベット族自治州徳格)で1人の若者が中国政府に対する焼身抗議を行い、死亡した。
>>>全文
チベットNOW@ルンタ
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51732100.html

チベット自治区「全力で3月を乗り切れ」=ダライ・ラマ亡命の月

チベット自治区のパドマ・チョリン主席は27日、自治区政府常務会議を開催し、政策課題を検討した。パドマ主席は、「3月における社会安定の維持に、全力で取り組め」と強調した。中国新聞社が報じた。3月はダライ・ラマ14世がインドに亡命した月。中国新聞社が報じた。
続きを読む

ダライ・ラマ法王 2011年秋来日報告

ダライ・ラマ法王「東日本大震災で被災された方々と苦難を分かち合いたい」

成田:ダライ・ラマ法王は日本に到着後、日本人記者団の質問に答えて、来日の目的、チベット本土で相次ぐ焼身自殺の悲劇、自身の化身問題について語られた。
続きを読む

首都中心部で爆弾、3人死亡=石油値上げに抗議−ネパール

ネパールの首都カトマンズ中心部にある政府系石油企業ビル前で27日、爆弾が爆発し、警察によると、3人が死亡した。地元反政府組織がテレビ局に犯行声明を出し、政府が先日実施した石油製品値上げへの抗議だと主張した。2006年に内戦が終結したネパールで爆弾テロが起きるのは異例。
続きを読む

東日本大震災の犠牲者を供養する一周忌法要

チベット僧侶をはじめ、在日チベット人と日本の皆様とともに、東日本大震災の犠牲となった方々へお祈りを捧げ、ご家族ご友人の安寧と、復興を願う一周忌法要を執り行いたいと思います。
続きを読む

本土のチベット人のためのロサル

チベットの新年は、亡命政権職員が参列する公式の宗教儀式であるツェドーから始まった。ダライ・ラマ法王は、ダラムサラの主寺院である、丘の上のツクラカン寺院の伽藍で行事を取りしきった。
続きを読む

「チベットのラサでの国際メディア規制は北朝鮮よりひどい。」国境なき記者団

チベット人の相次ぐ焼身自殺と抗議の報道を妨害すべく、中国当局はチベットでメディアの締め出しを行っている。これに対し、国境なき記者団が「警告」を行った。
続きを読む

中国によるチベットへの思想教育強まる 過去指導者肖像画配布

 北京五輪の際の聖火リレー等で話題となったチベット1 件問題だが、問題は何も解決されず今も激しい衝突が続いている。今は果たしていどんな状況なのか? 中国事情に精通する国際教養大学教授のウィリー・ラム氏が解説する。
続きを読む

チベット亡命政権から野田総理への親書

今私の手元に1通の親書の写しがある。あて先は、Prime Minister of Japan, Mr. Yoshihiko Noda(日本国 総理大臣 野田佳彦 様)。差出人は、チベット亡命政権の日本代表を務める、ダライ・ラマ法王 日本・東アジア代表のラクパ・ツォコ氏だ。「総理閣下へ チベットの悲劇的な状況について、火急なご関心をお寄せいただきたく、本状を差し上げます」との一文で始まっている。
続きを読む
記事検索
Free Mail Magazine
Contact
意見、感想、質問、ニュースなどお寄せください。Contactお送り先
最新記事
ギャラリー
  • チベット人女性のビデオ日記ドキュメンタリー「ラモツォの亡命ノート」公開
  • 夫は中国で政治犯 チベット族の亡命女性描いた映画が都内で公開
  • 4/7〜4/8 ドキュメンタリー映画「ルンタ」上映会(神戸)
  • チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世、国会内で講演
  • 10/28(金)ドキュメンタリー映画「ルンタ」DVD発売
  • 映画 五体投地で進むチベット巡礼ロードムービー「ラサへの歩き方」7月公開
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
タグクラウド
J-CASTニュース
livedoor 天気
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ