ニュース チベット文化圏 News Tibetan Bunkaken

チベット、ネパール、モンゴル、ウイグル、中国、ネパール、インドなどの情報を集約 -- Tibet-Uyghur-South Mongol issues, China, Bhutan, Nepal, India and etc related human right, freedom and peace

2011年09月

元チベット人政治犯 イシェ・テンジン死去

 2011年9月15日 ダラムサラ中央チベット管理局の情報によると、2011年9月7日、元チベット人政治犯イシェ・テンジンが死去した。長年続いた病と中国治安部隊による激しい暴力や拷問による怪我の末での死であった。

続きを読む

日本の代表団、チベット亡命政権の中道アプローチへの強い支持を表明

2011年9月23日 ダラムサラ 昨日、ダラムサラを訪れた日本の代表団は、チベット問題の解決に向けた中道アプローチに強い支持を表明した。訪れた代表団のメンバーは、下村博文氏(自民党衆議院議員)、山谷えり子氏(自民党参議院議員)、桜井よしこ氏(ジャーナリスト、国家基本問題理事長)を含む7人で、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所のラクパ・ツォコ代表がエスコートした。

続きを読む

ダライ・ラマ法王「自身の転生に関する声明」全文日本語訳

以下、チベットNOW@ルンタより
-------------------------
昨日一部をお伝えしたダライ・ラマ法王の「自身の転生に関する声明」の全文を文殊師利大乗仏教会の野村正次郎氏が翻訳して下さったので、本人了承の下、以下これを転載する。

元サイト>http://p.tl/bTl2
原文チベット語:http://p.tl/BgIx
英語訳:http://p.tl/hV4O
中国語訳:http://p.tl/emN9

--------------------------------------------

勅書:内外のチベットの仏教の伝統に従っている僧・俗のすべての方、そしてチベットとチベット人に関わるすべての方へ重要なお知らせ

(ダライ・ラマ法王が発表された次期ダライ・ラマの化身認定に関わるガイドラインについての声明文を以下、和訳しましたのでご参照ください。)
>>>全文
チベットNOW@ルンタ
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51702402.html

チベット僧の焼身自殺再び 中国四川省

亡命チベット人向けのラジオ局「チベットの声」(本部オスロ)によると、中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県で26日、チベット仏教寺院の若い僧侶2人が焼身自殺を図った。うち1人は既に死亡している可能性が高い。
続きを読む

ダライ・ラマ、継承者めぐる中国の発言権を否定

地方政府が市民の北京旅行を止める本当の理由とは―中国

2011年9月23日、光明網によると、今月15日に旅行のため北京に向かった河南省洛陽市の青年、趙志斐(ジャオ・ジーフェイ)さんが社会安定維持人員から暴力を受け、翌16日に洛陽市の路上で意識不明の状態で発見された。
続きを読む

中国・地元当局者が84億円着服と数千人が抗議

【香港=槙野健】23日付香港紙・明報などによると、中国広東省汕尾市で、地元当局による土地収用に抗議する住民数千人が21、22の両日、役場を包囲するなどして警官隊と衝突し、多数が負傷し4人が拘束された。


 抗議行動に参加した住民によると、地元当局者は業者と結託して住民らが住む地区の土地の使用権を取り上げて売却し、約7億元(約84億円)の利益を着服したという。

読売新聞 2011年9月23日
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110923-OYT1T00489.htm

90歳で輪廻制度の存否決定=ダライ・ラマ、中国けん制か

【ニューデリー時事】チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(76)は24日、声明を出し、数百年の歴史を持つダライ・ラマの輪廻(りんね)転生制度について、「私が90歳ごろになった時に制度を存続させるかを決定する」と明言した。続きを読む

第11回宗派代表者会議/法王が自身の生まれ変わりに関する話と声明を

以下、チベットNOW@ルンタより
------------------------
昨日、ツクラカンでの祈祷会が終った後、ダライ・ラマ法王はじめ各派の高僧たちはスーリアホテルに向かった。「第11回宗派代表者会議」の2日目を開くためだ。各派のトップ高僧たちが集まりチベットの宗教に関する様々な議題を討論するこの会議は2年毎に行われている。参加者については直前のブログを参照されたし。

一般にはチベット本土で中国当局による宗教弾圧が続く中、如何にチベットの宗教を守るべきか、世界中に広まりつつあるチベットの宗教の質を高め更なる発展を目指すにはどうすべきか、が主題となる。特に近年、中国当局が高僧の生まれ変わりに対する管理を強化していることに対する対抗策も大事な議題である。
>>>全文
チベットNOW@ルンタ
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51701978.html

日ロ、ロ中の間の微妙な関係

 プーチンが大統領出馬 中国をアジア最大の脅威と見なすプーチンが大統領になれば、日ロ関係は改善されるか。また北方領土問題の進展はあるか。アジアに勢力を広げる覇権大国中国に対して、ロシアと日本の関係はどう働いていくのだろうか。 続きを読む

日印首脳会談 インド洋シーレーンの重要性確認、安保協力強化

 【ニューヨーク=黒沼晋】野田佳彦首相は23日午前(日本時間同日深夜)、ニューヨーク市内のホテルでインドのシン首相と約40分間、会談した。両首脳はインド洋のシーレーン(海上輸送路)の重要性を確認し、安全保障分野の協力を強める方針で一致。原子力エネルギーの協力についても、引き続き進めていく立場を確認した。
続きを読む

共有地無断売却で数千人抗議 中国広東省、警官隊と衝突し負傷者も

23日付の香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストなどによると、中国広東省汕尾市陸豊にある村で21〜22日、村幹部が村の共有地を無断で売却したとして村人数千人が抗議活動を行い、警官隊と衝突し多数の負傷者が出た。
続きを読む

インドのGDP、今年中に日本を抜いて世界3位へ=購買力平価ベース―インド紙

2011年9月21日、新華社によると、インド紙エコノミック・タイムズ(電子版)は20日、インドの購買力平価(PPP)ベースの国内総生産(GDP)が今年日本を抜いて世界3位になる可能性があると伝えた。
続きを読む

ウーセル・ブログ「マニカンコのヤク肉加工場」

以下、チベットNOW@ルンタより
-------------------------
9月17日付けウーセル・ブログ。

原文:http://p.tl/yDdX
翻訳:雲南太郎(@yuntaitai)さん。翻訳感謝!

--------------------------------------
◎マニカンコのヤク肉加工場

 マニカンコは交通の要衝だ。香港の武侠映画「ドラゴン・イン」のようで、豪気なカムパのいる世界だと言う人もいる。ただ、これは元々の風情ではない。マニカンコは「お経を刻んだマニ石が敷き詰められた山の斜面」という意味だ。こうした風景が過去には確かにあったが、今ではもう消えてしまった。それほど多かったマニ石はどこに行ったのか?文革かそれ以前の「民主改革」の時代に革命者に持ち去られ、軍営か郷政府の建設に使われたのだろうか?そして残ったものは民衆が何かのついでに持っていき、家を建てるのに使ったのだろうか?
>>>全文

チベットNOW@ルンタ
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51701276.html

中国、欧州支援拡大に及び腰 バブルとインフレで成長に陰り

記事検索
Free Mail Magazine
Contact
意見、感想、質問、ニュースなどお寄せください。Contactお送り先
最新記事
月別アーカイブ
ギャラリー
  • グーグルの中国向け検索プロジェクトと、監視社会の実験台にされるウイグル人
  • グーグルの中国向け検索プロジェクトと、監視社会の実験台にされるウイグル人
  • グーグルの中国向け検索プロジェクトと、監視社会の実験台にされるウイグル人
  • グーグルの中国向け検索プロジェクトと、監視社会の実験台にされるウイグル人
  • グーグルの中国向け検索プロジェクトと、監視社会の実験台にされるウイグル人
  • グーグルの中国向け検索プロジェクトと、監視社会の実験台にされるウイグル人
livedoor プロフィール

info_tibet

QRコード
QRコード
タグクラウド
J-CASTニュース
livedoor 天気
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ