ニュース チベット文化圏 News Tibetan Bunkaken

チベット、ネパール、モンゴル、ウイグル、中国、ネパール、インドなどの情報を集約 -- Tibet-Uyghur-South Mongol issues, China, Bhutan, Nepal, India and etc related human right, freedom and peace

2011年07月

【中国高速鉄道事故】遺族が提訴の動き 当局は圧力を強化

世界を読む:モンゴル核処分場計画/フィンランドに建設中の最終処分場(その2止)

 ◇管理、10万年先まで 透明手続きで実現、課題は危険性伝承
 「使用済み核燃料は10万〜20万年の間、安全に管理する必要がある」。フィンランドで建設中の最終処分場「オンカロ」。施設を運営するポシバ社の技術者、ピアタリさんが語り始めた。

続きを読む

世界を読む:モンゴル核処分場計画/フィンランドに建設中の最終処分場(その1)

 ◇米「年内覚書締結を」 UAEも参加、安全保障前面に
 使用済み核燃料、いわゆる「核のゴミ」の国際的な最終処分場を日米主導でモンゴルに造る計画が、水面下で加速している。5月に毎日新聞が計画を報じた後、モンゴルから核燃料の供給を受けたいアラブ首長国連邦(UAE)が新たに加わり、米エネルギー省が今月、了解覚書(MOU)を年内に締結したいと関係各国に打診した。安全になるまで最低10万年はかかる核のゴミを、未来の世代に押しつけ、先進国が途上国に負わせる構図。世界で唯一、最終処分場を建設中のフィンランドも訪ね、核のゴミを巡る問題に迫った。【オルキルオト(フィンランド南西部)会川晴之】

続きを読む

言論統制に抵抗する中国メディア=面従腹背の抗議―中国

23日の事故発生以来、中国各紙は連日トップで報道を続けてきた。しかし29日にメディア規制が発令され、30日には多くの新聞では報道が大幅に縮小した。だが、一部には果敢に抵抗する姿勢を示したメディアもある。2011年7月30日、世界日報が伝えた。
続きを読む

中国高速鉄道事故:対応批判の番組担当者処分…中央テレビ

 【温州(中国浙江省)工藤哲】30日付の香港紙「東方日報」は、中国浙江省温州市で起きた高速鉄道事故を巡る鉄道省の対応を批判した中国中央テレビ(CCTV)の報道番組担当プロデューサー、王青雷氏が停職処分を受けたと伝えた。
続きを読む

中国鉄道事故 徐行中に追突

【北京=朝田憲祐】中国浙江省温州市の高速鉄道事故で、追突された列車は停車していたのではなく、事故当時、徐行運転していたことを鉄道省の責任者が明らかにした。三十日、新華社通信が伝えた。 
続きを読む

通行人ら35人殺傷=2人組、直前に車爆発も−中国新疆

 【北京時事】新華社電によると、中国新疆ウイグル自治区カシュガル市の繁華街で30日深夜、2人組がトラックで群衆の中に突っ込んだり、刃物を振り回したりして、通行人ら7人が死亡、28人が負傷した。直前にはミニバンが爆発する事件も発生。公安当局は31日、事件の関連性や動機、背景を調べるとともに、治安維持のため態勢を強化した。
続きを読む

高速鉄道事故、中国当局が新たな報道規制

当局が報道規制強化 怒りの記者、ネットで暴露

中国浙江省温州市の高速鉄道事故で、中国当局が7月29日夜、中国メディアに対し「公式発表以外、報じてはならない」などとして報道規制を強化する通知を発したことが分かった。31日付の香港各紙が報じた。
続きを読む

抗議集会の動きなし ネットで呼び掛け不発

中国浙江省温州市の高速鉄道事故を受けて当局への抗議集会がネット上で呼び掛けられていた上海や北京、温州などの集合指定場所では7月31日午後、集会の動きはなかった。
続きを読む

中国事故で追悼集会「ジャスミン革命」に倣って

【香港=槙野健】香港商業ラジオは30日、温州で起きた高速鉄道事故の犠牲者追悼集会が同日夕、上海の鉄道駅前の広場で開かれたと伝えた。中東などで独裁政権を倒した民衆蜂起「ジャスミン革命」に倣って、約40人がジャスミンの花を手に参加したという。

北京でも、学生の追悼活動があったが、参加人数は不明。

事故の真相究明を求めるデモや追悼集会を30日に中国各地で行うことが、インターネットで呼びかけられていた。

読売新聞 2011年7月31日
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110730-OYT1T00918.htm

高速鉄道事故、翌午前に捜索中止 中国紙、「証拠」挙げ伝える

【北京共同】中国浙江省の高速鉄道事故で、中国紙、新京報は30日までに、地方テレビ関係者の映像を「証拠」として、事故翌日の24日午前には捜索が打ち切られていたと伝えた。早期の捜索中止が遺族らの強い怒りを招く中、鉄道省側は同日深夜まで捜索を続けたと主張しているが、今後の調査結果次第では、当局のずさんな事故対応の責任も問われる可能性がある。
続きを読む

弁護士の遺族相談に介入=温州市司法局が謝罪−中国鉄道事故

 【北京時事】30日の新華社電によると、中国浙江省温州市の高速鉄道事故で、市司法局が弁護士に対し、犠牲者の遺族らから相談を受けたときに報告を求める通知を出し、その後撤回して謝罪していたことが分かった。
続きを読む

担当プロデューサーを停職処分=国営TVの鉄道省批判で−中国

 【香港時事】30日付の香港各紙によると、中国浙江省温州市で起きた高速鉄道事故に関連して鉄道省を批判した国営中央テレビの報道番組を担当するプロデューサー、王青雷氏が停職処分になった。
続きを読む

【中国高速鉄道事故】ネットで広がる「白い花束」作戦 無言の抗議続く

記事検索
Free Mail Magazine
Contact
意見、感想、質問、ニュースなどお寄せください。Contactお送り先
最新記事
ギャラリー
  • 4/7〜4/8 ドキュメンタリー映画「ルンタ」上映会(神戸)
  • チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世、国会内で講演
  • 10/28(金)ドキュメンタリー映画「ルンタ」DVD発売
  • 映画 五体投地で進むチベット巡礼ロードムービー「ラサへの歩き方」7月公開
  • インドで亡命チベット人らが反中デモ、治安当局と衝突
  • ダライ・ラマ効果を払拭した英中「黄金」の朝貢外交
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
タグクラウド
J-CASTニュース
livedoor 天気
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ