ニュース チベット文化圏 News Tibetan Bunkaken

チベット、ネパール、モンゴル、ウイグル、中国、ネパール、インドなどの情報を集約 -- Tibet-Uyghur-South Mongol issues, China, Bhutan, Nepal, India and etc related human right, freedom and peace

2011年02月

3.10 チベットを知り、祈ろう@大阪

以下、TSNJより転載します。
----------------------------------------------------------------
チベットを知り、祈ろう@大阪
ダライ・ラマ14世法王亡命52年
−平和を願う人々のために−

日時:3月10日(木)
17時〜 扇町公園 集合 大阪キタ行脚(デモ行進)
18時〜 チャクラ(北浜)にて 祈りの集い

チベット問題は今、チベットと中国だけの問題としてではなく、普遍的人権や地下資源の乱掘、森林伐採、チベット高原に源を発しアジア大陸全域に深刻な影響を及ぼす大河川開発といった地球環境問題として、相互理解を積み上げながら共有し解決していくべき私たち人類の問題となっています。グローバル経済を受け入れた中国が、人権や環境の問題に限って受け入れないということはもはや出来ない時代を迎えています。その間にもチベットでは、チベット人・漢民族双方の数多くの尊い命が失われ、それは現在でも続いています。

来る3月10日(木)、チベット蜂起記念日に合わせた全国・全世界での動きに連携し、関西では宗派を超えて賛同する仏教各宗派の僧侶有志が一堂に会し、ラサ蜂起以来のチベット人犠牲者並びに中国人犠牲者の為の追悼法要を行うと共に、来るべきチベットの、中国の、そして私たちのこれからについて共に語り合い、共に前進する場を持ちたいと思います。皆さまのご参加をお持ちしております。

 17時より 大阪キタ 行脚(デモ行進)
◆ 大阪 扇町公園 集合(扇町駅下車(大阪市営地下鉄堺筋線)、天満駅徒歩5分(JR大阪環状線)大阪 キタ行脚 (行脚によるピースウォークを行います
大阪 扇町公園【出発】 → 神山交差点 → 西天満交差点 → 国道1号線西進 → 国道1号線西進 → 梅新交差点 → 御堂筋南進 → 国道1号線西進 → 大阪市役所【到着】距離 約 1.7km

・僧侶の方は僧衣でご参加ください。
・一般の方は僧侶の列の後ろについて行脚してください。
・当日、有志の方による撮影およびマスコミの取材が入る可能性があります。必要な方はサングラス、マスク、マフラー等で対策して下さい。
・行脚 (デモ行進)は大阪市役所南側にて一旦、流れ解散いたします。

◆18時より チャクラ(北浜)にて 祈りの集い
◇ 追悼・平和 法要
◇ ダライ・ラマ法王からのメッセージ朗読

◆ ITN 国際チベットネットワークからのメッセージ
 林孝瑞師
 (四方僧伽・スーパーサンガ幹事)
 「ITN 国際チベットネットワーク世界大会の報告 ジェクンド地震被災児童への支援報告」

◆ 登山家からのメッセージ
 大西 保 氏
 (登山家:河口慧海プロジェクト・日本山岳会・西北ネパール登山隊長)
 「ヒマラヤを越えるチベット人たち−現地支援を通じて観じたこと」

◆ チベット音楽からのメッセージ
 川辺ゆか 氏 (歌旅行家)

◆ 平和へのメッセージ
 大樹玄承師 (スーパーサンガ 関西地区代表)

◇イベント会場:チャクラ 大阪市北区菅原町6-12
※会費:1000円 ワンドリンク付
※当日支援金を募集いたします。
◇主催:宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会(スーパーサンガ)・関西地区
◇協力:チャクラ
◇問合せ:ts-kwhr-@softbank.ne.jp ( 桑原/スーパーサンガ・関西地区 )

中国の静かな抗議行動「ジャスミン集会」、100都市以上に拡大か

中国「ジャスミン革命」集会呼び掛けのネット転載で、活動家拘束

チュニジアの「ジャスミン革命」に倣い、中国本土で呼び掛けられている民主化集会に関する情報をインターネットで転載したとして、広東省の人権活動家、鄭創添氏(34)が国家政権転覆扇動容疑で26日に当局に拘束されたことが28日、分かった。香港の人権団体、中国人権民主化運動ニュースセンターが伝えた。

 集会をめぐる情報転載などで同容疑や国家政権転覆容疑で拘束されたのは、同センターが伝えただけで5人目。いずれも懲役刑を受ける可能性がある。

 同センターによると、鄭氏は昨年、同省広州市で行われた広東語擁護デモを組織した一人。情報の転載のほか、ネット上でジャスミン革命について議論したことも罪に問われているという。(共同)

産経新聞 2011.2.28
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110228/chn11022813260003-n1.htm

マカオでも支援活動=中国の集会

【香港時事】マカオの代表的な観光地セナド広場で27日、数人のグループが観光客や市民に白い花を配りながら言論・結社の自由の重要性を訴え、中国本土の「ジャスミン革命」集会を支援する活動を行った。マカオ・香港のラジオが伝えた。
 マカオは香港と異なり、民主派の勢力が弱く、香港や本土の民主化運動に呼応する活動が行われるのは珍しい。

時事ドットコム 2011/02/28
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011022800003

民主派指導者追悼の大集会=「ジャスミン革命」を支援−香港

【香港時事】香港最大の民主派団体「香港市民愛国民主運動支援連合会」(支連会)、民主党などは27日夜、1月にがんで死去した支連会初代主席、司徒華氏を追悼する大規模なキャンドル集会を開いた。主催者発表によると、約8000人が参加した。
 集会では、参加者がジャスミンの花を題材にした歌を合唱するなどして、中国本土各地で「ジャスミン革命」集会を開こうとする動きを支持する姿勢を示した。
 22日に就任した支連会の李卓人主席は「本土でジャスミンの花が開くよう望む」と述べ、「革命」集会への支援を表明。天安門事件(1989年)で武力弾圧された中国民主化運動の学生リーダーだった王丹氏(台湾在住)もビデオメッセージを寄せ、司徒氏の遺志を継いで中国共産党の一党独裁終結に向け努力しようと訴えた。

時事ドットコム 2011/02/27
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011022700277

【主張】中国の集会封じ 民主化要求にフタできぬ

上海の群衆、警官取り囲み抗議 市民連行にブーイング

「ウォー、ウォー」。警官を取り囲んだ群衆が、抗議の声を上げた。27日、インターネットで民主化集会が呼び掛けられた中国・上海市の繁華街。警察は前週より警備を強めたが、やじ馬も含めた人垣は膨れ上がり、繁華街は異様な雰囲気に包まれた。

 集合場所付近では、人が集まるのを防ぐため大小の散水車が何度も往復。数十人の警官がけたたましく笛を鳴らしながら、その場にいた人たちに「ここから立ち去れ」と命じた。

 やがて警官に反抗した男性が連行されそうになると、一気に人が集まりブーイングが起きた。散水車の前に立ちはだかった男性に拍手をする女性も。一帯は一時、身動きができないほど人が集まった。

 うわさを聞いて様子を見に来たという男性は「エジプトと同じことをやろうとしてるんだってな」とささやいた。(共同)

産経新聞 2011.2.27
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110227/chn11022721320006-n1.htm

「ジャスミン革命」中国当局が外国メディアの集会取材にも圧力 

2011 チベット・ピースマーチ・イン・ジャパン@新宿

以下、TSNJより転載します。
----------------------------------------------------------------
今年も東京・新宿で在日チベット人コミュニティー(TCJ)が主催するピースマーチが行われます。
3月13日(日)11:00より集会開始、11:30スタートです。
チベットを支援するTSNJからチベット人自身が集まるTCJの主催に代わって2回目のピースマーチ。TSNJ参加各団体も協力しています。ぜひ皆様もご参加ください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2011 チベット・ピースマーチ・イン・ジャパン
http://www.tibetancommunity.jp/?p=112

チベット・ピースマーチとは、チベット民族蜂起−−1959年3月10日、ラサの民衆が蜂起して中国軍と対峙、ダライ・ラマ法王14世が亡命を余儀なくされ現在へと至る−−を忘れず、チベットの平和と自由を求めて世界各地で実施される平和行進です。
皆さんのご参加をお待ちしております。ご支援、ご協力のほどよろしくお願い致します。

日時:2011年3月13日(日)
場所:柏木公園(東京都西新宿7)
集合時間:11:00 その後、集会
マーチ開始:11:30
予定コース:
柏木公園→新宿大ガード西→新都心歩道橋下→甲州街道→新宿駅南口→明治通り→新宿7丁目→職安通り→大久保公園(12:30頃)大久保公園(東京都新宿区)にて解散

主催:在日チベット人コミュニティー(TCJ)

お願い
・旗は主催者も準備しますが、お持ちの方はぜひご持参ください。持参される場合はチベット旗のみをお願いします
・参加時の服装は常識の範囲内でお願いします。主催者が不適切と判断する場合は参加をお断りします
・報道取材や個人用途で撮影されることがありますので、必要な方は帽子・サングラス・マスクなどをご準備ください
・撮影された映像、写真を使われる際は、チベット支援の方針に反せず、良識のある使い方をされますようお願いします
・ピースマーチ終了後は到着地の大久保公園にて流れ解散となります。集会等は行いませんので、速やかな解散にご協力ください
・集合場所でのチラシ配布などを希望される方は、制限がありますので、3月5日までに主催者にご連絡ください。内容により配布できないこともあります

中国のエネルギー消費量、世界一に=日本の5倍という効率の悪さが課題―中国紙

2011年2月24日、中国エネルギー研究会は、2010年の中国一次エネルギー消費量を発表、米国を抜き世界一のエネルギー消費国になったと明らかにした。25日、京華時報が伝えた。以下はその抄訳。

発表によると、2010年の中国一次エネルギー消費量は標準炭換算32億5000万トン。中国政府が省エネ目標として採用している単位GDPあたりのエネルギー消費量では前年比4%の減少となったが、総量としては6%の増加。米国を抜き世界一のエネルギー消費国となった。

問題はエネルギー効率の悪さ。単位GDPあたりのエネルギー消費量(GDP1ドルを生産するために必要なエネルギー量)は米国の3倍、日本の5倍という低効率だ。昨年、中国にGDP規模で抜かれた日本のエネルギー消費量は標準炭換算6億6000万トン。輸出で中国に抜かれたドイツは4億4000万トンと中国よりも大幅に少ない。(翻訳・編集/KT)

レコードチャイナ 2011-02-27
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=49562

中国、各地で民主化集会抑え込み 上海で6人連行

【上海共同】チュニジアの「ジャスミン革命」に倣った民主化集会がインターネットで再び呼び掛けられた中国・上海市中心部で27日午後、中国人の若者ら少なくとも男性6人が連行された。うち1人は日本のテレビ局の日本人カメラマン。警察当局は通行人の排除に乗り出し規制を強化したが、警官を取り囲むように3千人以上の人だかりができて一時騒然となるなど混乱が続いた。

 上海では、最初の集会呼び掛け日となった20日にも全国で最も多くの連行者が出た。中国最大の経済都市は緊迫の度を増し、警察は警戒を格段に強化した。

 上海のほか、首都北京など中国各地の主要都市では20日と同様、多数の警官を動員して徹底した抑え込みを図った。2009年に少数民族住民らによる大規模な暴動があった新疆ウイグル自治区ウルムチでも、小銃を持った警官らが厳戒態勢を敷いた。

 上海市の現場は、市政府庁舎に近い繁華街。集会時間に指定された午後2時(日本時間同3時)前から、警官と一部市民による言い争いが数カ所で発生。言い争う声に合わせ、周りにいた人たちが「ウォー」という怒声を一斉に警官に浴びせる場面もあった。集会やデモには発展しなかった。

 上海や北京では、私服も含め百人以上とみられる警官が動員されたほか、人々が立ち止まったりしないよう散水車が出て水をまいた。

東京新聞 2011年2月27日
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011022701000364.html

外国記者らを徹底マーク=集会を警戒−ウルムチ

【ウルムチ(中国新疆ウイグル自治区)時事】中国新疆ウイグル自治区ウルムチでは27日、民主化を求める集会開催の呼び掛けがあった場所の周辺で、当局者が外国メディアの動きを徹底的にマークした。記者らが動いて、やじ馬が集まらないよう警戒したとみられる。
 インターネット上で呼び掛けられたウルムチ市内の集会場所は2カ所。映画館前は自動小銃を持った警察官がにらみを利かせ、人民広場も警察官が隊列を成してパトロール。外国人記者は宿泊先から尾行された。2カ所に人だかりができることはなかった。
 市内のデパートでは「上海の友人からの連絡で集会の呼び掛けを知った」という20代の女性もいた。ただ、「関心はない」と素っ気ない。44歳のタクシー運転手は「中東情勢の悪化はニュースで見た。でも、今、新疆への影響を心配する市民はいない」と語った。
 ウイグル族居住区にある掲示板には、エジプトのムバラク前大統領やリビアのカダフィ大佐の写真を掲載したウイグル語の新聞が張ってあった。見入っていた住民は「もちろん、関心はある。でも、遠い国の話」と言葉少な。近くにはウイグル族の警官がいた。

時事ドットコム 2011/02/27
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011022700241

香港民主派がデモ、2人連行

【香港時事】香港の急進民主派政党・社会民主連線(社民連)のメンバー約20人が27日、中国政府の出先機関である連絡弁公室前で、本土の「ジャスミン革命」集会を支持するデモを行った。デモ参加者は警官隊ともみ合いになり、2人が連行された。
 また、ビクトリア港に面する香港島中心部の広場でも、会員制交流サイトのフェイスブックを通じて知り合った約20人が「ジャスミン革命」集会支持の集会を開き、本土の共産党一党独裁廃止と香港の政治制度民主化を求めた。

時事ドットコム 2011/02/27
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011022700185

中国首相、成長率目標7%に抑制 民主化集会「牽制」も

「中国ジャスミン革命」日本人カメラマンら10人以上を連行 厳戒態勢で集会封じ込め

【北京=川越一、上海=河崎真澄】北京、上海、新疆ウイグル自治区ウルムチなど、中国の20都市以上で民主化などを求める集会が呼びかけられた27日、中国当局は重慶などリスト外の都市でも厳戒態勢を敷き、反体制の動きを徹底的に封じ込めた。日本人記者を含む少なくとも10人以上が当局に連行されたもようだ。

 民主化集会の呼びかけは20日に続き2回目。前回の13都市に、2009年に少数民族住民らによる大規模暴動が起きたウルムチなどが追加され、当局側の締め付けも厳しくなった。

 公安関係者によると、上海市内では前回の5倍近い警官ら千人以上が動員されたという。午後2時(日本時間同3時)過ぎ、集合場所の人民広場付近に集まった数百人の群衆を警官が笛を吹いて解散させた。警官らを撮影しようとした中国人の若者や、日本のテレビ局の邦人カメラマンら少なくとも6人が連行された。

 北京で集合場所に指定された繁華街、王府井のファストフード店前には工事用防護壁が設置された。散水車が何度も往復して人の集合を封じた。制服、私服警官に加え、清掃員に変装した警官も人の動きに目を光らせた。記者とみられる白人男性が警官に抵抗すると、清掃員が男性を組み伏せ連行。その様子を撮影した中国人男性が私服警官から暴行を受けたほか、日本や欧米、香港、台湾の記者らが連行された。
>>>全文
産経新聞 2011.2.27
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110227/chn11022716230000-n1.htm
記事検索
Free Mail Magazine
Contact
意見、感想、質問、ニュースなどお寄せください。Contactお送り先
最新記事
ギャラリー
  • 4/7〜4/8 ドキュメンタリー映画「ルンタ」上映会(神戸)
  • チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世、国会内で講演
  • 10/28(金)ドキュメンタリー映画「ルンタ」DVD発売
  • 映画 五体投地で進むチベット巡礼ロードムービー「ラサへの歩き方」7月公開
  • インドで亡命チベット人らが反中デモ、治安当局と衝突
  • ダライ・ラマ効果を払拭した英中「黄金」の朝貢外交
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
タグクラウド
J-CASTニュース
livedoor 天気
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ