ニュース チベット文化圏 News Tibetan Bunkaken

チベット、ネパール、モンゴル、ウイグル、中国、ネパール、インドなどの情報を集約 -- Tibet-Uyghur-South Mongol issues, China, Bhutan, Nepal, India and etc related human right, freedom and peace

平和会議中止となる。ダライ・ラマのビザ騒動のため

http://www.phayul.com/news/article.aspx?id=24277

平和会議中止となる。ダライ・ラマのビザ騒動のため,
パユル(祖国) [2009年3月24日 火曜日]
ダラムサラ,3月24日 : 組織運営側は南アフリカでの平和会議の延期する。このことは,南アフリカがチベット人指導者ダライ・ラマへのビザ発給を拒
否した後に決定された。野党からの強力な批判に加え,世界中からの激しい非難に晒され,南アフリカ政府は集中砲火の火だるま状態になっている。
(jiro意訳)

「私たちは,別途通知があるまでの間,平和会議の延期を決定した」と,ロイターは,南アフリカ2010年組織運営委員会議長Irvin Khozaが火曜日に述べた言葉を引用して報道している。彼は言った。招待された全ての人たちが出席できるまで(平和会議の開催は)延期されることになると。

ロイターは,数人のノーベル平和受賞者がビザ禁止を問題視して会議への出席をボイコットすると脅しを掛けたと伝えている。しかし,南アフリカ政府は,自
らの決定を支持している。南アフリカの地元メディアは,巨大な投資者であり貿易相手である中国からの圧力の後,ビザが拒否されていると伝えている。

73歳のチベット人ノーベル受賞者は,誉れ高き平和賞の他の受賞者たちと合流する予定だった。これらの受賞者たちとは,2010年ワールドカップをホスト国として準備している南アフリカが,人種差別と排外主義と戦うための手段としてのサッカーを活用する方法を討議する金曜日の会議に出席するネルソン・
マンデラ氏,FW・デクラーク(ド・クラーク)氏も含まれている。

政府の報道官Thabo Masebeは,「ダライ・ラマの存在は,今の時期,南アフリカにとって最善の関心とはならない」と(主張)した報道について語った。

「私たちは,自分たちの決定を支持している。いかなるものも変えることはできない。ダライ・ラマ法王は南アフリカには招待されないだろう。私たちは,現在よりワールドカップの間は,彼にビザを与えない」

(jiro注:中国系メディア?の報道をそのまま引用して政府の言葉として語る報道官とは,どのような人なのだろうか?また,そのような政府決定を行なう政府とは,どのような政府なのだろうか?)

ダライ・ラマ法王にはビザの発給を拒否するという決定は,この国の対立野党から深刻な批判を浴びている。この対立野党は,1994年にアパルトヘイト(人種隔離政策)を終結させて以来,民主化と人権の雛型たる存在として自党に誇りを持っている。

ダライ・ラマ法王は,同じノーベル平和賞受賞者仲間であるDesmondツツ元大主教やFW・デクラーク元南ア大統領そしてネルソン・マンデラ氏と共に,会議への参加を招待されていた。

(以上,和訳終わり)

参考記事(毎日新聞) 南アフリカ:ダライ・ラマ14世のビザ発給拒否 (3/24)
http://mainichi.jp/select/world/news/20090324k0000e030029000c.html

過去投稿での関連記事
【phayul】ダライ・ラマ法王,南アフリカへの渡航を拒否さ-れる:活動家 (3/23)
http://groups.google.co.jp/group/2008tibet/browse_thread/thread/477f8...

【phayul】ノルウェーのノーベル委員会,ダライ・ラマ法王-へのビザ発給拒否を非難:チベット団体 (3/24)
http://groups.google.co.jp/group/2008tibet/browse_thread/thread/b4aea...

南ア、ダライラマ法王のヴィザ発給拒否

W杯までビザ発給せず ダライ・ラマに南ア

http://sankei.jp.msn.com/world/china/090324/chn0903242226006-n1.htm

2009.3.24 22:26

チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世 南アフリカの大統領報道官は24日、ヨハネスブルクでの平和会議に出席予定だったチベット仏教最高指導
者ダライ・ラマ14世への査証(ビザ)発給を拒否したことをめぐり、2010年のサッカー・ワールドカップ(W杯)南ア大会以前にダライ・ラマに対しビ
ザは出さないと述べた。

平和会議はW杯関連のイベントで、ツツ元大主教やマンデラ元大統領らノーベル平和賞受賞者らが参加予定だった。主催者は、ビザ発給拒否に抗議してツツ氏らが参加を取りやめたことを受け、開催延期を決めた。新たな開催日は決まっていない。

中国外務省の秦剛副報道局長は24日、ダライ・ラマ14世に対し南アフリカが査証(ビザ)発給を拒否したことについて「チベットの独立に反対する国家
を称賛する」と述べ、南ア政府の対応を高く評価した。

(共同)

映像「チベットでの中国の残虐〜China's Brutality in Tibet」

チベット亡命政府が製作した映像。

http://www.youtube.com/watch?v=R42YK84yuSI


チベットで行われている残虐行為の実証ビデオ
以下ICTのレポートの翻訳です。(翻訳者の許可を得て掲載)

映像はここからダウンロードできます。
http://www.tibetonline.tv/torture/
-----------------------------------------------------------

2009年3月20日 ICT

http://www.savetibet.org/media-center/disturbing-new-footage-police-b...

チベットで行われている残虐行為の実証ビデオがチベット亡命政府によって発表される

3月10日の民族蜂起記念日の直後、2008年にはじまった抗議行動後からの、チベット人に科せられた警察による残虐行為の数々の映像がインド,ダラムサラにあるチベット亡命政府によって発表された。
写実的で残酷な映像は: http://www.tibetonline.tv/torture/. からダウンロードして視聴できるが、見るものの多くは余りの残虐さに目を覆うであろうと思われる、この映像には、(拷問の結果死に至った)チベット人の医療処置の過程なども含まれ、ビデオの提供者についての詳細は身元の安全を守るため、すべて消されている。

インド、ダラムサラのチベット亡命政府の声明は”昨年の動乱についての映像は世界中に報道されたが、今回、発表される映像に含まれるのは、警察による抗議行動参加者に対する殴打、拘束者の死や苦痛、ラサ市街地の軍隊武装された様子など、必死で外の世界に持ち出された貴重な映像である。”と語った。

これらの映像は明らかに中国政府によるチベット人拘束者に対する拷問や暴行行為の否認に意義をとなえるものである。
北京党局は一連のチベット高原で起きた動乱を3月14日ラサで起きた一回の暴動として位置づけている。
中国国営放送では3月14日以降、数週間に渡り、僧侶らが警官隊に投石(と報道)するシーンや抗議者らが店のショーウィンドウを壊す様子や、黒煙の上がるラサ市内で黒こげになった車など、作為された報道映像を流し続けた。

中国政府がチベット人を射殺や、拷問死にいたられている事実を隠蔽しようとする間に、同政府は”3月14日”事件に関するDVDまで作成し,世界中の中国大使館に配布された。
現在、チベットに関する情報を国外に洩らさないための対策としてとられている党局による厳しい対策や、その恐怖から入手が大変困難であり、本日チベット亡命政府によって発表された拘束中のチベット人の写実的な拷問などを含む映像は2008以降初めてのドキュネンタリー映像といえる。

第一章ではチベット人僧侶と檀家チベット人らが拘束後、地面に転がされ、警棒で連打されているシーンに、もう一人のチベット人が地面を引きずられてくる。
両手首ともロープできつく縛られた状態で、片一方の手首を肩から回して背中で縛るという中国の刑務所で良く使用される、最も苦痛を伴う方法で縛られたまま、四川省のなまりのきつい中国語と、中の一人はチベット語で罵倒している。
途中、中の一人が鎮静する様子も見られる。
警察が(縛られて、寝転んだままの)チベット人に罵倒している言葉を聞き取るのは困難だが、以下の言葉が聞き取れる。

『逃げてみろ!逃げてみろ!』
『もうこれで分っただろ!』(チベット語)
『もういい、もういい、もういい。』(同僚に対して、唯一の鎮静を求める声。中国語)
『伏せていろ!伏せていろ!』(中国語)
『そいつを押さえろ!』(中国語)

これらの映像は大変残酷で正視するのが困難だが、2008年3月以降のチベット人抗議行動参加者に与えられた現状は警棒で連打されるよりももっともっと,残虐を極めている。
拘束者の多くは電気ショックなどをもちいた残虐な拷問にかけられ、刑務所や収容所でもっとひどい暴行を加えられている。その結果多くのチベット人が、四肢の脱臼、骨折、肢体の変形、精神的な後遺症に苦しんでいる。

チベット亡命政府,国際情報局によるプレスリリースの全文は以下;

公表;チベットで中国の残虐行為

⇒映像1(phayul)
⇒映像2(ダウンロード); http://www.tibetonline.tv/torture/


ダラムサラ;

昨年の動乱についての映像は世界中に報道されたが、今回、発表される映像に含まれるのは、警察による抗議行動参加者に対する殴打、拘束者の死や苦痛、ラサ市街地の軍隊武装された様子など、必死で外の世界に持ち出された貴重な映像である。

チベット中央議会の発表によると2009年1月31日付けで、これら一連の暴行によるチベット人死亡者は220人、,294人は重傷を負ったとされ、また5,600人以上が逮捕され、内290人が判決を言い渡され、1000人以上ものチベット人が行方不明になっています。

これまでに中国警察による抗議行動者に対する残虐行為を記録して、チベットの外に持ち出された真実の映像で、強烈かつ見るものに深い痛みを伴ったものでは、1988年のジョカン寺の集団暴行の様子があります。

昨年3月以降の連鎖的に広まった抗議行動に続き強化された弾圧後、中国党局はチベット人拘束者に対して暴行、拷問を使用してきたにも拘らず、中国はこれまで繰り返しチベットにおける拷問の使用を否定してきた。

中国外務省は昨年11月の国連拷問禁止委員会による中国警察による広く使用される拷問の報告を、”無実で抽象的である”とし拒否し、委員会審議メンバーを中国に対して”偏見”を持っていると非難した。

しかしながら、これらの映像が2008年以降の最近のチベットの生きた証言である。

これらの映像は2008年3月10日からチベット全土で連鎖的に起こった抗議行動に参加したチベット人を中国警察が殴打している数少ない貴重な証拠映像である。
これは2008年3月114日ラサの近くで起きたと聞いている。
映像は手錠をかけられロープで縛られた状態のチベット人拘束者を殴打している様子を克明に伝えており、拘束者に対する国際法の侵害行為である。

2つ目の映像は中国携帯電話企業に勤める若いチベット人テンダーについて。
彼は惨い殴打ののち、中国党局による残虐な行為によって苦しめられた。
テンダーは3月14日に、出社途中に目撃した一人の僧侶
が中国警察によって殴打されるのを止めようとしたにすぎないのです。

彼は、火で焼かれ、タバコの火でやけどをおわされ、右足に釘を打ち込まれ、電気棒で惨い殴打を受けました。彼の負った傷や打撲の生々しいあとは、中国党局による行為の証拠です。

病院に収容された彼の明らかに最低な傷の手当も与えられていなかった、壊死状態にあった傷を見て、医者や看護師らは大変なショックを受けたということ。

壊死状態にあるビニールで覆われただけの傷口を,映像ははっきりと捉えており、彼の家族が膨大な治療のための費用を用意し、
やく2.5kg分の壊死いた部分の摘出を行い、出来るだけの処置がとられたが、彼が回復することはなかった。

彼は、2008年6月19日,怪我により死亡した。

伝統に従って鳥葬で葬られている時,爪が「右足の中」にあるのが見つかったと記者声明で述べられた。

三つ目の記録映像は,ラサに展開し配置についている重武装の武装警察軍部隊を映し出した。今月の3月10日,チベット人が国家的規模で蜂起した50周年を迎える直前の時期のものである。
「ラサと他のチベット人地域は全て,未だ,実質的な戒厳令下にある」と亡命政府は記者声明で述べた。
------------------------------------------------------------

⇒phayulサイト

昨年、中国の死刑執行3.5倍に 国際人権団体報告

国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)は24日、2008年に世界25カ国で少なくとも2390人の死刑が執行されたと発表した。07年の1252人から大幅に増えた。昨年夏に北京五輪を開催した中国での死刑執行は全体の7割強を占め、前年より約3・5倍に増加していた。

http://sankei.jp.msn.com/world/china/090324/chn0903241105002-n1.htm

中国、YouTubeは遮断しても「インターネットを恐れていない」

「中国はインターネットを恐れていない」。中国外務省は3月24日にそう述べた。だが、人気の動画共有サイトYouTubeへのアクセスは遮断されているようだ。

検索最大手米Googleの傘下にあるYouTubeは23日遅くから、中国から利用できなくなっている。中国はインターネットのフィルタリングにより、共産党に批判的なコンテンツに国内からアクセスできないようにしている。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0903/25/news048.html

中国、ユーチューブ接続遮断

中国当局は米検索大手グーグル傘下の動画投稿サイトユーチューブへの国内からのアクセスを遮断した。グーグルの広報担当者の話としてAP通信などが25日までに報じた。

http://sankei.jp.msn.com/world/china/090325/chn0903252015006-n1.htm

「内政干渉」と米に抗議 中国、チベット問題で

中国外務省の馬朝旭報道局長は11日、米政府が中国のチベット問題でチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世側との対話を通じての問題解決を求めたことについて「粗暴な内政干渉」と批判、米側に厳正な申し入れを行ったとの談話を発表した。

http://sankei.jp.msn.com/world/america/090312/amr0903120019000-n1.htm

「独立求めてない」と反論 チベット亡命政府首相

チベット亡命政府のリンポチェ首相は14日、中国の温家宝首相が13日の記者会見でチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世に「独立活動の放棄」を求めたことについて、「独立を求めているとの主張は真実とはほど遠い」と反論する声明を発表した。

http://sankei.jp.msn.com/world/asia/090315/asi0903151032000-n1.htm

外国メディア、ラサに入れず ネットも規制 厳戒の「チベット騒乱」1年

中国チベット自治区ラサ市で数千人が蜂起した昨年3月の「チベット騒乱」から14日で1年を迎えた。胡錦涛国家主席は「国家安全と社会安定の確保」を指示し、同自治区と周辺各省には暴動に備えて数十万規模の治安部隊が増派され、厳戒態勢が敷かれた。

http://sankei.jp.msn.com/world/china/090314/chn0903141907001-n1.htm

チベット族自治州渡航、日本大使館が注意呼び掛け

北京の日本大使館は11日「チベット動乱」から50年を迎え治安情勢が緊張している中国青海、甘粛、四川各省のチベット族自治州に渡航する場合は、安全確保に努めるよう呼び掛けるメールを中国在住の日本人らに送った。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090312/crm0903120021000-n1.htm

「数千人を恣意的逮捕」と批判 チベット自治区周辺

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(本部ニューヨーク)は9日、中国チベット自治区や周辺地域で昨年3月に起きた暴動以降、中国当局が暴動に絡み、これまでに数千人を法律に基づかないで「恣意(しい)的」に逮捕し、不当な裁判を100件以上行ったと批判する報告を公表した。
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090310/chn0903100117002-n1.htm

チベット動乱50周年、危機乗り切りに厳戒態勢

チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世がインドに亡命したチベット動乱から50周年の10日を前に、中国政府はチベット自治区や周辺地区に厳戒態勢を敷く一方、外国人の立ち入り禁止や通信規制強化などで、チベット族の反抗を封殺しようとしている。
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090309/chn0903091943003-n1.htm

理由は「あなたの安全のため」 チベット取材妨害

中国の支配に抗議するチベット民衆と人民解放軍が衝突したチベット動乱から50周年を迎えた今月、チベット自治区やチベット族自治州に赴いた多くの外国人記者が、「身の安全」などを表向きの理由に取材を妨害されている。

http://sankei.jp.msn.com/world/china/090316/chn0903161859000-n1.htm
記事検索
Free Mail Magazine
Contact
意見、感想、質問、ニュースなどお寄せください。Contactお送り先
最新記事
ギャラリー
  • 4/7〜4/8 ドキュメンタリー映画「ルンタ」上映会(神戸)
  • チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世、国会内で講演
  • 10/28(金)ドキュメンタリー映画「ルンタ」DVD発売
  • 映画 五体投地で進むチベット巡礼ロードムービー「ラサへの歩き方」7月公開
  • インドで亡命チベット人らが反中デモ、治安当局と衝突
  • ダライ・ラマ効果を払拭した英中「黄金」の朝貢外交
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
タグクラウド
J-CASTニュース
livedoor 天気
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ