ニュース チベット文化圏 News Tibetan Bunkaken

チベット、ネパール、モンゴル、ウイグル、中国、ネパール、インドなどの情報を集約 -- Tibet-Uyghur-South Mongol issues, China, Bhutan, Nepal, India and etc related human right, freedom and peace

ギャップ、中国地図に「誤りあった」と謝罪 台湾やチベットの一部が含まれずネットで批判浴びる

 米カジュアル衣料品大手、ギャップの一部のTシャツにプリントされた中国地図をめぐり、「台湾や南シナ海、チベットの一部が含まれていない」として、インターネット上で中国人ユーザーの反発が広がり、ギャップは14日、「中国の主権と領土の保全を尊重する。デザインに誤りがあった。誠に申し訳ない」と陳謝する声明を発表した。中国外務省報道官は15日、「再発防止に努めるとした声明に留意する。今後の言動を見守る」とコメントした。Tシャツはカナダの一部で販売されていた。

2018.5.16  www.sankeibiz.jp
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180516/bsk1805160610001-n1.htm

中国で消えたウイグル人妻たち、パキスタン人の夫ら募る不安

毎年秋になると、中国の最西部に住むパキスタン人商人らは、中国人の妻たちにひと時の別れを告げる。古代シルクロード(Silk Road)の一部だった山深いカラコルム・ハイウエー(Karakoram Highway)をたどって国境を越え、自国で冬を過ごすためだ。
続きを読む

中国の人権弾圧を非難「他の民族を同じ目に遭わせたくない」 世界ウイグル会議総裁

「世界ウイグル会議」のドルクン・エイサ総裁が来日し、松江市内で講演会が開かれた。エイサ氏は「中国政府に人権弾圧されるウイグル人の現状は、明日のみなさんの姿になるかもしれない」と警告した。
続きを読む

中国、気候への最大の介入をアナウンス

中国の研究チームは、チベット高原の降雨量を年間100億立方メートルに増やす計画だ。これは、世界最大の人工降雨の実験となる。「Science Alert」が報じた。

スプートニク日本
続きを読む

吐蕃 忘れられたチベット栄光の歴史

今から1400年ほど前。チベットに吐蕃(とばん)という国がありました。ソンツェン・ガンポ王がチベットを統一し建国された吐蕃は、中国の唐と対立を続けましたが、唐の大軍を退けるほどの強盛を誇っていました。しかし、地震、山崩れ、水害、疫病の流行で突然、歴史の舞台から姿を消しました。
続きを読む

アメリカ議会がチベット内外のチベット人への資金援助増額を決定

アメリカ議会が2018年9月末までの歳出法案を可決した。この法案には、チベット本土のチベット人に800万ドル、インドおよびネパールのチベット人コミュニティに600万ドルの資金援助を行う旨が記されている。また、チベット難民の組織やガバナンス能力強化の名目で300万ドルを拠出することも新たに定められた。
続きを読む

米国議会がチベット亡命政権と世界の亡命チベット人に1700万ドルの支援

米国と中国共産党の外交や経済的関係が悪化する中、米国議会は、チベット内外のチベット人の支援を目的とした1700万ドルなどの大規模な歳出法案を承認した。現在チベットを支配する中国が強く不支持を唱えるチベット亡命政権も、この米国の支援の対象である。


続きを読む

IS「シリア帰り」に厳戒態勢の中国・新疆ウイグル自治区―テロ対策のもとの「監獄国家」

・中国の新疆ウイグル自治区ではプライバシーがゼロの監視体制が生まれている
・当局は「ISのテロ対策」でこれを正当化している
・しかし、実際にISの大規模なテロが発生する可能性と比べて、その取り締まりは不釣り合いなほど厳しい
・中国当局は「テロ対策」を利用して少数民族支配を強化しているが、それは結果的にテロの芽を大きくしかねない

 習近平体制のもと、中国はもはや「監獄国家」と呼べる水準に近づいています。市民への監視、思想統制、移動の制限は、とりわけムスリムのウイグル人が多い新疆ウイグル自治区で強化されています。

 深刻な人権侵害をともなう少数民族の取り締まりを中国当局は「テロ対策」と説明しています。しかし、新疆でイスラーム過激派のテロが実際に発生する危険性に比べて、中国当局の対策は不釣り合いなほど厳格。そこには「テロ対策」を名目に少数民族支配を強化し、中央アジア方面への進出の足場を固めようとする意図をうかがえます。

中国のなかの中央アジア
続きを読む

新彊ウイグル自治区で大量収監

新彊ウイグル自治区で何が起きているのか 写真を拡大
 2016年に新彊ウイグル自治区の治安維持にかかった費用は前年比50%増の68億ドル(約7100億円)だったことが分かった。2014年のウルムチ暴動以降、新橿ウイグル自治区の武装警察増強に伴い、防犯カメラ、放水車、ガス弾、軽火器など防備を強化、検問所増設などに費用が投下されているという。AP通信社が報じた。
続きを読む

チベット ラサ暴動10年「焼身以外に抗議の方法ない」

2008年に中国チベット自治区ラサを中心にチベット人の大規模な暴動が発生してから14日で10年。インド北部ダラムサラに拠点を置くチベット亡命政府は中国に対し、自治区での「高度の自治」実現を求めているが、中国側との対話は進んでいない。中国では抗議の焼身を図るチベット人が相次ぎ、亡命チベット人の間には怒りが渦巻いている。
続きを読む

アングル:「一帯一路」の中国、外銀撤退のブルネイで存在感

[バンダルスリブガワン 5日 ロイター] - 南シナ海のブルネイ北端沖に浮かぶ小さな島では、数千人の中国人労働者が働いている。彼らが建設しているのは、石油精製・石油化学複合プラント、そしてこの島と首都バンダルスリブガワンを接続する橋梁だ。

中国の恒逸集団がこのマアーラ・ベザー島で操業を予定する複合プラントは、第1フェーズの総工費が34億ドル(約363億円)に上り、竣工すればブルネイ史上最大の外資プロジェクトとなる。
続きを読む

今年初の焼身抗議、3/10に向け緊張高まるチベット

RFA(自由アジア放送)などからの情報によれば、昨日3月7日、現地時間午後5時頃(ダラムサラ・キルティ僧院プレスリリースによれば午後3時半頃)、アムド、ンガバ(ཨ་མདོ་རྔ་བའི་འབྲོག་སྡེ་རྨེའུ་རུ་མའི་རུ་ཆེན ། 四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県)メウルマ郷の街中でツェコ・トゥクチャク(ཚེ་ཁོ་སྟུག་ཆགས། 44)が中国のチベット支配に抗議するための焼身を行い、その場で死亡した。ネット上に彼が仰向けで丸焦げになった写真が広まっている。周辺の多くのチベット人が彼の焼身を知り、悲しみを現しているという。
続きを読む

焼身抗議のメッカ、ンガバで160人目

2017年12月23日付、RFA(ラジオフリーアジア)などによれば、昨日23日、現地時間午後6時半ごろ、アムド、ンガバ(ཨ་མདོ་རྔ་བ། 四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県アバ)にある、キルティ僧院付近で、一人のチベット人が中国政府のチベット人弾圧に抗議するための焼身を行った。
続きを読む

ダライ・ラマと中印

 「よほど親しくないと親族の間でもダライ・ラマの話はできない。疑心暗鬼が広がり、チベット族の社会はズタズタになっている」。本紙朝刊の「『新時代』の中国」はチベット族の置かれた状況を生々しく伝えていた。
続きを読む

20XX年、華僑に虐げられる日本人 暴行、レイプ、虐殺…日本が第二のチベットになる日

「仏陀に腕を返してもらえ」

一人の僧の右腕を叩き切った中国人がそう言うと、それを見ていた中国人たちはどっと笑い声をあげた。そして仲間の僧たちも次々に腕を叩き切られた。

「こいつらは人間の顔をした悪魔だ」

隣に座っていた僧がチベット語で呟いた。どれだけいたぶられても高尚な僧たちは耐えた。痛みよりも怒りよりも、家族を守れなかったことが悔しかった。

続きを読む

チベット探索中、中国人官僚の高級車に乗せられた結果…

チベット探索中、中国人官僚の高級車に乗せられた結果…
中国一の「危険地帯」かもしれない
青山 潤三ネイチャーフォトグラファー
プロフィール

ジャーナリストでも観光客でもない、「中国奥地で活動する70歳の自然写真家」という視点から、「中国の地方」の実態を写真と文章で切り取る青山潤三氏の連続レポート。微妙な情勢下にあるチベット周辺を歩いていた時、思いがけぬ事件に遭遇して…

チベットとはどんな場所か
続きを読む

ビッグデータで危険人物「予測」 中国の治安対策

 中国当局は、民族間の対立が続く新疆ウイグル自治区に大量のデータを駆使した監視プラットフォームを配備している。問題を起こす危険のある人物を特定し、先んじて拘束するためだ。国際人権組織ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)が27日、明らかにした。

 HRWはこの「予測による治安維持」プラットフォームについて、当局が監視カメラの映像や、通話・旅行記録、宗教的志向などの個人情報を統合・分析し、危険人物を特定するためものだと説明する。
続きを読む

チベットへの日本の支援訴え 亡命政府首相「行動を」

チベット亡命政府(インド北部)のロブサン・センゲ首相が20日、国会内で講演し、チベットへの日本の支援を訴えた。米政府は予算を組んで、インド、ネパールに住むチベット族を後押ししているとして「具体的に行動を起こしてくれると強く願っている」と述べた。
続きを読む

世界遺産チベット寺院の炎上映像削除 中国当局、情報統制

世界文化遺産に登録されている中国チベット自治区ラサの仏教寺院「トゥルナン寺」(通称ジョカン寺、中国名・大昭寺)で17日に発生した火災で、中国当局はインターネット上の関連の書き込みや映像を削除するなど情報統制を強めている。チベットでは中国当局への反発が根強く、今回の火災が治安の混乱を招くことを警戒しているとみられる。
続きを読む

記事タイトルエベレスト登山者の無事を祈り続け…ネパールの高僧が死去

世界最高峰エベレスト(Mount Everest)へ向かう登山家たちの無事を祈ってきた仏教の高僧ラマ・ゲシェ(Lama Geshe)が13日、エベレストの麓にあるネパールの村で死去した。87歳だった。現地当局が14日、発表した。
続きを読む
記事検索
Free Mail Magazine
Contact
意見、感想、質問、ニュースなどお寄せください。Contactお送り先
最新記事
ギャラリー
  • 中国とインドの国境で「資源紛争」の危機が高まる
  • チベット人女性のビデオ日記ドキュメンタリー「ラモツォの亡命ノート」公開
  • 夫は中国で政治犯 チベット族の亡命女性描いた映画が都内で公開
  • 4/7〜4/8 ドキュメンタリー映画「ルンタ」上映会(神戸)
  • チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世、国会内で講演
  • 10/28(金)ドキュメンタリー映画「ルンタ」DVD発売
livedoor プロフィール

info_tibet

QRコード
QRコード
タグクラウド
J-CASTニュース
livedoor 天気
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ